2010年の参議院選挙に、鳩山太郎氏を擁立していた舛添氏

今年(2017年)の衆院選(東京2区)に
立候補されている『鳩山 太郎』氏の母親がスゴい、などと
現在ネット上で話題になっています。

「名家の御曹司」「鳩山家のリーサルウェポン」
との声もある「鳩山」氏ですが
いったい何者なのでしょうか??

気になっている方も
多いのではないか、
と思います!

そこで今回は、2017年の衆院選に立候補されている
「鳩山 太郎」氏について、プロフィールやハーフの噂のほか
家族やネット上の評判をまとめてみました!

鳩山太郎は本当にハーフなのか??父だけでなく母もスゴかった???

名前:鳩山 太郎(はとやま たろう)
出身:東京都・文京区
生年月日&年齢:1974年6月13日(43歳)

「鳩山 太郎」氏は、早稲田大学の
政治経済学部をご卒業され、
これまでには、総務省の秘書官などをつとめられています。

2003年には、都議選で初当選し、
1期、活動されたものの、
2005年の再選は逃しています。

2007年の文京区長選でも敗退し、
2010年の参院選では、舛添元知事による
「新党改革」から比例で出馬したものの、

元「自民党」の「荒井広幸」議員に敗れています。

一時期は、「ニートになった」などと
言われていた「太郎」氏ですが、

政治活動の傍らで、母親がが経営する
「鳩山企画」の役員や
タレント活動などをされていたようです。

鳩山太郎とフリーメイソンとの関係についても

会員数600万人を超える話題の友愛結社
「フリーメイソン」のメンバーでも
あったという鳩山氏。

世界を裏で操っている、
などと言われているフリーメイソンですが、

有名人では、高須クリニックの「高須」院長などが
幹部会員として名を連ねています。

機会があれば、フリーメイソンに所属する
芸能人なども
まとめていきたいですね。

家族も凄かった???

実は、鳩山邦夫(元総務大臣)の
長男である太郎氏。

日本人離れした顔立ちですが
ハーフではなくクォーターとのこと。

母親は元女優の
「高見エミリー」夫人であり、

エミリー夫人は、イギリス系の
オーストラリア人と
日本人とのハーフなのだそう。

エミリー夫人は、過去には少女漫画「フレンド」や
「リカちゃん」のモデルを
されていたこともあったようです。

「邦夫」氏とは、姉の結婚式で出会い、
結婚後には、モデルの活動を
引退されていたそう。

エミリー夫人と「邦夫」氏との間には、
3人のお子さん
(太郎 次郎 華子)がいらっしゃるようです。

鳩山太郎が衆院選挙への出馬!気になる評判も

「しがらみの無い政党で改革を目指したい」
という理由で

小池知事による「希望の党」から
2017年の衆院選に
出馬されている「鳩山太郎」氏、

なんでも、小池知事の大ファンのようで、
「希望の塾」にも
入塾されていたみたいです。

太郎氏に対しては、「資金力を武器に、
人気者の小池氏に近づいたのでは??」
などと皮肉る声も

小池百合子という勝ち馬にのるために
億単位の金を寄付したって噂だぜ

「自然との共生」というのが
太郎氏の政治信条なのだそう、、、

最も感銘を受けた父の言葉は、
「自然とともに生きられなければ
人類は滅亡してしまう」です

そんな「太郎」氏に対しては、このような評判も

華麗なる一族の御曹司というよりは
ドラ息子のイメージが強いな
宇宙人なんじゃない??

「鳩山邦夫」氏と「小池」知事は、
生前から仲が良かったそうなので、

そういった意味では、太郎氏の
「希望の党」からの出馬は、
自然なことのようにも思えてきますが

福岡の県知事選への出馬が
噂された弟の「二郎」氏は、
今回「自民党」から出馬されているみたいですね。

「太郎」氏が出馬している東京2区には今回、
元外務員理事の「辻 清人」氏(自民党・前職)や

弁護士の「松尾明弘」氏
(民主 新人)などが立候しているとのこと。

このような評判も

衆院選の公示前に選挙カーを走らせてて、
迷惑だったわ

今回は、母親のエミリ夫人を助手席に乗せて、
選挙カーを走らせているようです。

太郎氏は、選挙で当選するためなら、
簡単に手のひらを返す
人物なのかも。

これまでに、何度も落選している
「太郎」氏なので、

仲間を裏切ってでも、
何としても当選したい、
などと、切羽詰まった状態なのでしょう。

追記)10月22日投開票の衆院選では、
落選してしまった太郎さん。

次こそは、当選を果たしていただきたいですね!

というわけで今回は、2017年の衆院選に立候補されていた
元都議の「鳩山太郎」氏について
経歴や評判のほか、ハーフの噂をまとめてみました!

関連記事とスポンサーリンク