400年以上も生きれるサメがいるみたいですね。

その名も「ニシオンデンザメ」。

「ニシオデンザメ」と読み間違えてしまいそうな名前ですが、

その名前を聞いたら、おでんが食べたくなってきた

こちらは「ニシオデンザメ」に似ているオンデンザメの動画です。

そんな「ニシオンデンザメ」とは一体、
どのようなサメなのでしょうか?

気になっている、という方も多いようです。

今回は、今話題の「ニシオンデンザメ」について
気になる生態などをまとめてみました!

長生きする個体や、寄生虫などについても調べてみました!

ニシオンデンザメの目が見えない理由は寄生虫??

丸くて小さな鼻、小さな目をしている「ニシオンデンザメ」。

大人しそうな見た目ではあるものの
目が怖いですかね。

その目で睨まれたら、固まってしまいそうです。

なんでも、両目(もしくは片目)にぶら下がっている寄生虫によって
ほとんどの個体が視力を奪われてしまっているようです。

サケなどの魚が主な食事なのだそうですが
雑食であり、人間を含めて基本なんでも食べるみたいですね。

尾びれを振るのに7秒もかかるそうで、
泳ぐ早さはなんと時速1kmほど。

早くても時速3kmという遅さです。

通常は、大きな魚ほど早く動ける傾向にあるみたいですが、、、

世界一のろい魚、などとも呼ばれている「ニシオンデンザメ」ですが、
俊敏なアザラシなども食べているそうで、
どうやって捕まえているのか、不思議ですよね〜。

ニシオンデンザメは体内には毒を持っている??

体内(肉)に毒を持っているという「ニシオンデンザメ」

餌をとる目的で、「ホオジロザメ」などがいる
浅海に上がってくることもあるそうですが、
毒のおかげで、他のサメから狙われることも無いとのこと。

「ニシオンデンザメ」は凶暴では無いが、
強く、賢い魚なのだ、

まさに、最強の水中生物なのかもしれない

「唯一生き残るのは、変化できる者である」という偉人の名言がありますが、
「ニシオンデンザメ」も我々のような人間と同様に
生き残る過程で、様々な変化をしてきたのかもしれません。

寿命400年超えの伝説の鮫の生態とは?

一番古い個体は、512歳(推定)であり
最も長く生きる脊椎動物
などと言われている「ニシオンデンザメ」。

通常の個体であっても、平均寿命は270歳ほどに。

体長も、年に1センチずつ成長しており、
5~7メートルにまで達するとのこと。

メスが成熟(子供を産んだりする)する年齢は、100〜150歳ほどなのだそうで、
人間でいうと、とっくに枯れてしまう年齢、
というか、ほとんどの方は生きていないですよね。

「ニシオンデンザメ」の長寿の秘密がさらに解明されれば、
我々も、もっと長生きできるようになるかもしれません。

他にも、成熟に100年かかる洞窟ザリガニなどもいるようで、
その神秘さには、ワクワクさせられるものがありますが、、、

このような声も

自然界では食物連鎖の上位にある動物ほど、
寿命が長く、生殖能力の成熟が遅い(人間など)

日本人も晩婚化が叫ばれているけど、
成熟が遅くなっているって事で、
長生きになったのかな???

のんびりと生きていた方が長生きするのかも??

長生きできるのは、羨ましいけど、
海中にいるだけで本当に幸せなのか??

ひょっとすると、我々には理解できない、
楽しみがあるのかもしれませんが、、

北大西洋、水深2000メートル以上もの深海に住んでおり、
「カナダ」と「ロシア」との間を
移動して回ることもあるという「ニシオンデンザメ」。

今後も、研究が進むに連れて、
色々なことが解明されていきそうですね。

さらに新しい情報が入り次第、
追記していきたいと思います。

今回は、今話題の「ニシオンデンザメ」について、
その生態などをまとめてみました!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

ヒアリの天敵は外来種のノミバエだった?クロアリなど日本の蟻では敵わないのか??

スポンサーリンク