連日、ガス爆発の騒動が
話題となっていた
アパマンショップですが、

とんでもない大事故の裏には、
深い闇が
存在していたようです。

なんでも、アパマンショップが「ヘヤシュ」という除菌スプレーをまくだけで
2万円をもらえる
商売を行っていたそうで

ボロ儲け、というワケですね。

事故が起きた本当の原因も
なんとなく
わかってきましたが

今回は、アパマンショップが行っていた
消臭抗菌ビジネスについて
その実態をまとめてみました

アパマンの消臭抗菌代の回収が悪質すぎる!いずれはバレる賃貸の闇

消臭抗菌とは、部屋の消臭を行うことで
利用者から
代金を回収する手続きのこと。

除菌消臭などと言っておきながら、

清掃業者を呼ぶわけでもなく
実態はスタッフが、消臭スプレーを
まくだけなのだそう。

契約者が、強制的に
およそ2万円を
支払わなければならないそうで、

数百円のスプレーを少量まくだけなので
実質、原価はかかりませんし、

ボロ儲けですよねー。

客から代金を徴収したけど、

使用していなかったスプレーは、
空にして本社に送るために
中身を
抜いていたらしい

仲介手数料がタダだった場合
物件のオーナーが
支払わなければならないそう。

まさに、不動産(賃貸)の
利権とも言えそうです。

嘘はいずれバレるもの

今回のケースに関して

バルサン炊くだけで10000円

という、似たような手口も
報告されています

悪銭身につかず、といった
言葉もありますが、

こうした行いは、いずれ
二次災害的に
バレてしまうものなのでしょう、

ネット上からは、このような声も

なんで、新しく入居するやつが
清掃代まで出すんだよ??
スプレー120本をずっと
事務所で
処理してたって

一体この社員、
いつから
作業やらされてたんだ?

外で、スプレーを巻くと
バレるから
多少危険でも、室内でやらざるを得なかったんだろうなー

それが、今回の事故を
まねいたワケだが

外でもまいていたようですが

仲介した部屋の除菌をを忘れたのを、
本社にバレいために

スプレー缶を空にする
必要があっだろう

ブラック臭がしてきましたが、

不動産の仲介の手数料が
安すぎることが
そもそも問題だ、といった意見もあり、

利益をどこで確保するのか
という点で
社員にもしわ寄せが

何時も仕事させられても
給料は
少ないままなんだろうなー
休暇もとれずに、倒れそうなくらいに疲弊してたから
こんなあり得ないような
ミスをやってしまったのか??

ネットで、アパマンの従業員も
特定され
はじめているようで

爆発させた張本人は
顔に火傷を負っており、
災難だったとも。

アパマンは現在、火消し作業に
追われているようで、

どこのメディアでも
消臭スプレー缶のネタは
扱っていないそう。

予想以上に、闇が深そうですよね

今後は、企業の存続自体が
危うくなるかも??


というわけで今回は、アパマンの
消臭抗菌ビジネスについてまとめてみました

更に追加の情報があれば
アップしていきたいと思います

関連記事
大村浩次(アパマン会長)評判ブラック過ぎ!経歴やプロフィールなども
佐藤大生のピアス穴や年齢が気になる!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。