アパマン

札幌市でおきたアパマンの爆発事件。

北海道警は、重過失傷害容疑で
捜査する方針であり

リーシング北海道の佐藤社長が会見を開いたものの
被害者の怒りは
おさまっていないようです。

現在、アパマンショップの株価も急落して
大変な状況とのことで、

会長の大村氏に注目が集まっています。

かなりのやり手で、一部では
ブラックといった
声も聞こえてきますが

どのような人物なのでしょうか?

今回は、アパマンショップホールディングスの
「大村浩次」会長について
プロフィールや経歴のほか

気になる評判をまとめてみました!

大村浩次(アパマン会長)評判ブラック過ぎ!

社員を、馬車馬のように
働かせる社長として
有名な大村浩次氏

ご自身も20年以上、4時間睡眠で全国を奔走していたそうで
大村会長

日本は休みが多すぎます。

年に3日あれば
十分ではないでしょうか?

人それぞれ価値観が違うので

1日20時間がむしゃらに働くことが
嫌じゃない社員も
もちろん、いらっしゃるでしょうが、

スタッフの態度や営業ノルマなど、
内部の問題がつもりつもって

今回の事故に
発展してしまったワケなので

どうしてもブラック臭が
してしまいますよね。

ちなみに、大村会長の師匠は、
京セラ創業者の
稲盛和夫氏だそう。

「平成の松下幸之助」「ブラック企業の元祖」
といった声もある稲盛氏ですが、

京セラの残業時間が恐ろしく長い
などと言われており、

時代錯誤な社風だったみたいですね。

大村浩次のプロフィールや経歴をまとめてみた

名前:大村浩次(おおむらこうじ)
出身:福岡県
生年月日:1965年生まれ(53歳)

「(株)アパマンショップネットワーク」を1999年に
創業された大村浩次氏。

資本金は63億と、大変な金額ですが、

2001年6月、大阪証券取引所(ナスダック・ジャパン)に上場。

05年には、名門「小倉興産(株)」の
M&Aを行い

翌年には、「(株)アパマンショップホールディングス」に
商号変更しています。

現在は、商工会議所でのセミナーも
開催されていたようです。

なぜか、ツイッターアカウントの
プロフィールが
ぼやけているようで
大村浩次 アパマン

つぶやき内容を見ると、非常に意識の高い社長であったことが分かりますね。

今回の騒動を受けて、
いっさい
顔出しをしないつもりなのかも。

このまま、ダンマリして騒動が
おさまるのを
待っているのかもしれませんが、

このような声も

布団かぶって
震えて寝てるんじゃないか?

このまま雲隠れしてしまっては、
師匠である稲盛氏
顔向けできない気もしますが、、、

同社には、ITを活用して不動産業界の
質的向上に貢献したい

といった経営理念があるハズなので

窮地の今だからこそ、
しっかりと表舞台に出て
役目を果たしていただきたいものです。

というわけで今回は、アパマンショップホールディングスの
「大村浩次」会長について
プロフィールや経歴のほか

評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事
ヘヤシュ(アパマン)価格ヤバ過ぎる!lpガス爆発の消臭スプレー
消臭抗菌代を回収するアパマンが悪質すぎる!いずれはバレる賃貸の闇

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。