2019年の陸前高田市議会議員の補欠選挙が
ついに投開票を終えました。

人口およそ1万9000人、岩手県の南東部に位置する陸前高田市(りくぜんたかたし)

15歳未満の人口は、およそ2000人

2011年の大震災によって、駅舎などが流され
市役所の庁舎など
市の中心部が壊滅、

2012年前に1555人が亡くなり

全世帯の7割以上が、
被害を受けていたようです。

震災後は、産業復興や都市機能の再建が進み、
庁舎や駅などの
施設移転や、

津波対策としての防波堤の建設、
土地を今までより高くする
かさ上げなどが行われています。

津波の直撃後も残っていた「奇跡の一本松」(復興の象徴)

震災後の、大幅な人口減少に悩む陸前高田市

そんな陸前高田市の行く末を左右する
重要な市長選挙
市議の補欠選挙が2月3日に投開票を迎えます。

市議会の会派の内訳は、以下の通り。

日本共産党・陸前高田市議団:3名
翔英会:2名
新風:3名
創生会:3名
新志会:4名
至誠会:2名

ちなみに、2019年の陸前高田市長選に立候補されている
現職の戸羽氏は、
自民系の会派「爽風会」に所属されていたものの、

過去に、共産党の支援も受け
2度の当選を果たしています。

市議会「定例会の音声はこちら」

今回の市議の補欠選挙には、新人3名が立候補していますが、
果たしてどの候補が
新たな市議に加わるのでしょうか?

今回は、2019年の陸前高田市議会議員・補欠選挙について
開票の結果をまとめてみました!

陸前高田市議会議員・補欠選挙2019の結果や票数をまとめてみた!

1月27日に告示された、現職が亡くなったことにともなう
陸前高田の市議補選ですが、

28日〜2月2日まで、午前8時30分〜午後8時の時間帯に
市役所の3号棟で
期日前の投票が行われていました。

本日(2月3日)は、午前7時から午後7時まで
市内の25箇所で投票
が行われており、
8時15分から開票がスタート

追記)3日に投開票が行われた市議補選は、
無所属の伊藤勇一氏(62)が
初当選しています。

同日には、市長選の投開票も予定されています。

陸前高田市議会議員・補欠選挙2019の候補者などについても

同日(2月3日)投開票の市長選では、現職の市政運営の評価に加えて、
市街地の再生、震災後の復興事業などが
争点になっています。

2020年度には、政府による「復興・創生期間」
(財政支援)が終了予定、

陸前高田市は、人口が大幅に減少する
市の将来を見据えた
新たなビジョンが求められており、

これまでの復興策の是非が
問われる選挙戦となりそうです。

市議の補選に立候補されているのは、以下の3名です。

新人の大森 としゆき候補(68)

ここ数年、復興事業などが
市の言いなりに進められてきたことに
危機感を持ち、出馬を決意。

過去には、大震災での津波で
奥さんを亡くされていたそうで、

大津波警報の在り方などに疑問を持ち、

気象庁に訴訟を起こしたことも。

りくぜんたかの沿岸部に「3メートル程度以上の津波が予想される」と発表した気象庁。
これを「高さ6メートル」へと
上方修正したのは25分後。

その情報は市民の多くには
届かなかった。

公約として、議員報酬の削減や
50億の予算をかけた庁舎の見直しなど
再出カットを訴えています。

新人のいとう 勇一候補(62)

就労継続B型事業所
「作業所きらり」の所長であり

陸前高田市障がい福祉計画・就労支援特別委員会
座長などをつとめられていたそう。

選挙では、地域の山財(松など)の活用策や、
災害の歴史を活かした
地域防災の対策などを公約としています。

今回は、市長選に出馬している
新人の紺野候補と共闘して
選挙戦を戦われるようです。

新人の橋詰 清(はしづめきよし)候補(52)

市役所の企画開発課などを経て、

公益社団法人「日本認知症グループホーム」
医療法人に勤務。

震災後は、医療法人の職員(陸前高田施設の事務次長)をされており、
前回(2015年)の市長選にも
出馬され、現職の戸羽氏に敗れていたようです。

今回の選挙では、地域のニーズに合った
医療福祉の振興などを
主な政策として訴えています。

今回の市議補選は、上記3名
(いずれも無所属・新人)による
定数1を争う市議補選となっており


前回(2015年)の市長選にも出馬されていた橋詰氏は、
現市長の戸羽氏と連携して
支持を訴えていたようです。

政策の素晴らしさも
もちろんですが、

市の将来を一番考えている候補者に
投票したいものですね。

陸前高田市議会議員・補欠選挙2019の投票率についても

前回(2015年)の市長選挙の投票率は、72.19%でした。

今回の有権者数は1万6689人(男8064人、女8625人)

市長選とともに、低投票率が懸念されていましたが、

最終的な投票率は78・31%と、
前回を6ポイント上回る結果に

というわけで今回は、2019年の陸前高田市議の補欠選挙について
開票の結果をまとめてみました!

また追加の情報があれば、
アップしていきたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。