2018年の内閣改造で初入閣した岩屋毅(防衛大臣)

「小野寺(防衛相)の方がマシだった」

自民党の岩屋 毅(いわやたけし)防衛大臣に
注目が集まっています。

韓国のレーザー照射事件に対する
政府への対応が
情けなかった、などと

国内から、批判の声が相次いでいるそう。

韓国を「信じたい」

などと発言していた岩屋大臣。

(レーダー照射の)意図を
調べる必要がある。

大臣に対しては、このような皮肉の声も

信じるものは救われる

足元をな!!

岩屋大臣の韓国への言動に対しては、「小野寺(おのでら)防衛大臣と違って
韓国に甘い」
「無能」

「(韓国を盲信しすぎてて)アホなラブコメみたい」

といった声も。

今年(2018年)の9月に、防衛大臣に就任したばかりの岩屋氏ですが、
一体どのような
人物なのでしょうか?

今回は、自民党の「岩屋防衛」大臣について、これまでの経歴や
韓国への発言のほか
評判などをまとめてみました!

パチンコ大臣などと言われている
岩屋大臣なので

そのあたりも調べてみました!

岩屋毅(防衛大臣)経歴やプロフィール情報まとめ!

名前:岩屋 毅(いわや たけし)
生年月日:1957年8月24日
出身:大分県 別府(べっぷ)市

岩屋防衛大臣

岩屋大臣は、早稲田大学の
政治経済学部(政治学科)をご卒業され、

「民主党」の副代表をつとめ、総務相を歴任した
鳩山邦夫(はとやま くにお)氏の
秘書として活動、

岩屋防衛相

2006年には、麻生(あそう)内閣での
外務副大臣に就任、

2018年9月に、第4時安倍内閣の
防衛大臣に内定しています。

そんな岩屋(防衛大臣)ですが、

「しんぶん赤旗」(共産党の機関紙)に、

全国貸金業(かしきんぎょう)政治連盟から
政治献金を受けとっていた
などと報じられていたそう。

全国貸金業(かしきんぎょう)政治連盟とは、
ノンバンクであるサラ金などに代表される
貸金業界の政治団体であり

ブラックなイメージがつきまとっています。

それにしても、共産党の新聞社に
悪口を書かれるなんて、、、、

外国人の参政権に反対している
岩屋防衛相なので、

左の方々からは、
嫌われていたのでしょうか?

岩屋防衛相の派閥はどこ?

大分の県議であった「岩屋啓」氏を
父に持つ岩屋大臣。

ご自身も、県議として
1期活動されていたようです。

大学時代には、お父様の選挙活動を
手伝われたこともあったそう。

衆院選には、これまでに
大分3区などから
出馬されており、

当選後は、「自民党」に入党。

岩屋 毅

これまでに合計で8度、当選されていた
「岩屋」大臣ですが、

宮澤派などの派閥を経て
現在は、「麻生太郎」氏の派閥
(麻生派)に移っています。

岩屋防衛相が韓国への発言で無能と炎上

岩屋毅 パチンコ

韓国軍のレーダー照射は
攻撃を前提とする行為だとして
「極めて危険」などと

「岩屋」防衛相が批判していた

2018年12月20日に起きた韓国の駆逐艦(くちくかん)による
レーダー照射事件に対して
批判こそしたものの

「韓国を信じたい、」「両国の関係に
影響が出ないようにしたい」などと

弱腰な発言していた岩屋防衛相。

小野寺(元防衛大臣)と違い、
無能といった
声が寄せられてます。

実は岩屋大臣は、パチンコホール業者の業界団体である
パチンコチェーンストア協会の
アドバイザーをされていたようで、

業界の利益代表と
ズブズブの関係に会った
「岩屋」大臣だけに

今回は、韓国を刺激しない
発言をするしか
無かったのかも。

自国よりも、お隣の国の利益を
優先する大臣なのかもしれません。

ちなみに、この「パチンコチェーンストア協会」には、
鳩山邦夫(はとやまくにお)氏や
元総務大臣の野田聖子(のだせいこ)氏。

そして、パソコンを使えない
サイバーセキュリティ担当相である
桜田義孝(さくらだよしたか)氏などが

アドバイザーとして
関わっています。

パソコン音痴であることを暴露していた桜田サイバー担当相

まとめ

右なのか、左なのか
態度がハッキリしない
岩屋防衛相ですが、

辺野古への埋め立てでは、
「日本を守るため」
などと反対派を説得していた保守派なので、

右寄りではあるものの、自分たちの利権だけは
しっかり守りたい、と
そのようにお考えなのかも。

非常に頼りないように思える防衛相ですが、

スピード辞任することに
ならないよう
職務を全うしていただきたいですね。

というわけで今回は、自民党の「岩屋」防衛相について
経歴や評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。