ワイドショーなどで
連日話題の小室圭さんですが、

ここ最近は、母親(佳代さん)の
元婚約者との金銭トラブルに
注目が集まっています。

宮内庁(くないちょう)に相談することもなく
「借金の問題は解決済み」などと
発表した小室さんに対しては、

「返さないまでも
相手への感謝の態度や
誠意を見せるべき!」

などと批判が
相次いでいましたね。

(小室圭さんは、元婚約者の男性には今も感謝しているそう。)

2019年1月23日には、評論家の小林よしのり氏が

私が借金の肩代わりをする、といった
趣旨のブログ記事を
アップしていました。

せっかくの申し出なので、

肩代わりしてもらえば
良さそうな気がしますが。

法律家としての主張を
曲げたくないのか
小室圭さんは返済する気が無いようです。

元新米サラリーマンたいちゃん元新米サラリーマンたいちゃん

小室さんは頑固者なのかもしれない。

今回は、注目が集まっている加代さんの元婚約者について
その素性や
ネットの評判などをまとめてみました!

小室圭の母(加代さん)の元婚約者とは?名前や仕事(職業)など

秋篠宮家の長女・眞子さまの
交際相手である小室圭さん。

その母親である佳代さんが、

前の旦那さんの代わりに
金銭的な援助を受けていた元婚約者の男性。
(ここではX氏と呼びます。)

X氏は、小室さんの学費など

これまでに多額の援助を
していたそうです。

2018年の3月まで

外資系の商社マンとして
万年筆の修理?などのお仕事をされていたX氏。

実は、X氏は、
小室圭さんの父親(敏勝さん)の
友人だったそう。

年齢は60代後半。

家も近所で、
昔から付き合いがあったようで、

小室家を心配して、
圭さんの父親代わりに。

すると、お金を要求されるように
なっていったそうです。

最近になって、マンションの
ローンが払えなくなり
引っ越しを余儀なくされたX氏。

愛車のジャガーも
手放したとのこと。

そんなX氏ですが
小室圭さんの眞子さまとの婚約が
発覚した途端、

お金を貸したことなどを
メディアにリークしていたようです。

X氏は、愛車の名前にちなんで
ジャガー氏などとも呼ばれており、

ネットでは、
やや問題のある人物なのでは?
とも言われています。

返せるアテのない親子に
急にタカり出すのも
変ですよね。

ジャガー氏に対しては、このような声も↓

ロクに仕事ができず
会社にいても、
クビになりそうな気がする。

ジャガー氏もジャガー氏ですが、
小室さん側にも
問題がありそうです。

小室圭さんの周囲では
これまでに不可解な出来事ばかり
起きていました。

母の加代さんは、遺族年金をもらいながら、
ジャガー氏の援助を受けていた可能性も。

(これには脱税などの疑いが?)

小室さんは、留学先である
名門フォーダム大から

返済不要の奨学金を受け取っており、

皇室の名前を利用した
とも言われています。

かなりのマイナスイメージを
持たれている小室さんなので、

眞子さまとご結婚なさる場合

一時金を辞退して
皇室とは完全に縁を切る
くらいのことをしなければ、

世間は納得しないでしょう。

今回の騒動にしても、

小室圭さんが働いて
借金を返してしまえば

世間の評価が変わり

結婚までスムーズに進んだかもしれません。

そのチャンスを
ご自身でつぶしたのは残念ですね!

5ちゃんなど世間の声も

かつての海の王子はニューヨークの名門ロースクールに↓

平成のお騒がせ王子となった小室圭さんと
母の加代さんを
援助していたジャガー氏。

加代さんとはすでに婚約を
解消されたそうですが

ネット上では、ジャガー氏に対し、

「振り込んだ方が悪い、
後になって蒸し返すだなんて
情けない。」

など非難する声も。

この調子で、ジャガー氏が
非難を浴び続ければ

世間の小室圭さんに対する評価も
変わってくるかもしれません。

まとめ

さまざまな疑惑が広まっている現在も、

婚約者の肩書きを
利用し続けていると思われる小室圭さんを
肯定している眞子さま。

一度は、二人の結婚を認めていた
秋篠宮ご夫妻ですが、

その後は、紀子さまと眞子さまとの間に
亀裂が生じている

と報じられていました。

小室圭さんは今後、

眞子さまとゴールインできるのでしょうか?

引き続き、動向を見守りたいですね。

というわけで今回は、小室圭さんの母(加代さん)の元婚約者の男性について
その素性や
ネットの評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。