外務省の出身者である「小田野展丈」氏が、
皇室の新侍従長に任命されたそう。

侍従職とは、皇室のお世話をする宮内庁の内部にある部局の一つで、
天皇・皇后の側近として仕え、諸事務を担当する
まさに執事のようなお仕事。

そんな侍従職を束ねるのが侍従長です。

新天皇を補佐する
側近のトップと言える「小田野」氏ですが、
どのような人物なのでしょうか?

今回は、侍従長に就任された
小田野展丈氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

小田野展丈(新侍従長)プロフィールや経歴まとめ!出身は岩手の一戸町?

名前:小田野 展丈(おだの のぶたけ)
生年月日:1948年1月3日(71歳)
出身:岩手県・一戸町

元外交官であり、以前は宮内庁の
東宮職(とうぐうしょく)であった小田野氏。

慶應義塾の付属校である
市立の志木高校をご卒業後
慶應の経済学部に入学。

1970年に卒業した後は、外務省に入省されます。

省内では、ミャンマー大使や
欧州連合(EU)政府
代表部大使などを歴任されており、

2012年から宮内庁に身を置き、外国との交際(客人のもてなし)や
儀式などの事務を扱う式部職の長に。

2016年からは、東宮大夫の役職に
任命されていた小田野氏、

東宮職とは、宮内庁の本体を構成する組織(部局)の一つで

皇太子さま周辺の一般事務のみならず
身の回りの世話も行う役職です。

「小田野」氏は、この東宮の大夫(長)のほかに、「近鉄グループホールディングス」株式会社や
「大塚製薬」株式会社の
業務・管理部の顧問をつとめていました。

小野田寛郎の息子が東宮職からのスライド???

会見などを通じて、メディア関係者への報告なども行っていた小田野氏

秋篠宮のご夫妻は同日、側近を通じ、
眞子さまのご婚約内定の
報告を受けられた。

眞子さまと小室さんの末永い、
幸せを願われていた

過去には、週刊誌の記者への抗議なども行っていたようです。

東宮職の長であった小田野氏ですが、

令和からは、新天皇に即位された
皇太子さまの側近トップ(侍従長)に
任命されています。

定年を過ぎた今も、
皇室にお使えしている小田野氏ですが、

父や母、お子さんなどの情報は
一切ネット上に
存在していないようです。

そのためなのか、小田野氏には「太平洋戦争が集結したと知らず、
フィリピンのルバング島で、29年間ゲリラ戦を行っていた
故「小野田寛郎(ひろお)」少尉の息子だ。」

といった噂も。

2014年に、91歳の若さでこの世を去った「小野田寛郎」氏には、帰国後の1976年に結婚した
町枝さんとの間に
息子さんが2人いらっしゃったようで

一人は陽介だと判明しており
もうひとりは不明とのこと。

小田野展丈氏が、本当に「寛郎」氏の
息子さんなのかは
分かりませんが、

戦前、町枝さんとは
別の女性との間に
子供がいたのであれば、

年齢差を考えると
ありえない話では無さそうですね。

名前は、小野田ではなく小田野ですが。。。。

まとめ

外務省のOBが多いと言われている
皇室の関係者ですが、

侍従長の役職には、過去二代、

外務省のスーパーエリートである
事務次官の経験者が就いていたそう。

事務次官を経験していない
「小田野展丈」氏は、
それには該当しないみたいですね。。。。

今回の人事は、天皇退位にともなう
代替わりを円滑にする
狙いがあるとのことですが

このような声も

この人なら、宮内庁の長官(宮内庁の長)でも
良かったんじゃないか?

今後の、皇室をめぐる動きから
目が離せなくなりそうですね。

というわけで今回は、新天皇の侍従長に就任された
小田野展丈氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。