高円宮家の三女である
「守谷絢子」さん(29)が
本日(11月17日)

港区の愛育病院で

第1子となる長男を出産されました。

皇籍離脱した元皇族による出産は

「三笠宮妃百合子」さまの次女
千容子さんの

次男の出産以来30年ぶりだそう。

今回は、そんな守谷絢子さんと
旦那さんとの出会いのほか
女系天皇についてもまとめてみました!

守谷絢子さん夫との現在や今の新居は?

2018年10月に、
大手海運会社「日本郵船」勤務の守谷慧(けい)さんと
結婚され、

皇籍を離脱していた絢子さん。

守谷慧(けい)さんは

元「経済産業省」官僚である守谷治さんと、

妻の季美枝さんの長男です。

絢子さんは、高円宮家(たかまどのみや)の当主である
「憲仁親王妃・久子」さまの三女であり、

47歳をもって薨去された
父親の高円宮・憲仁親王は、

上皇の従兄弟にあたり
現在の天皇陛下のはとこにあたります。

久子さまと守谷慧(けい)さん

お二人は、2017年に
久子さまのご紹介で出会われ

結婚にいたったそうで

2019年10月に行われた

即位の礼に関する儀式にも
二人で出席されていたとのこと。

絢子さんは、2016年に

「城西国際大学」の大学院・修士課程を修了され、

皇族の公務にあたりながら、

城西国際大学の研究員を
つとめていたみたいですね。

結婚後、民間人となった後も、

2つの団体の
名誉総裁の職を
引き続き担われるそうです。

当面は家事や育児に専念するという絢子さん。

都内の賃貸マンションで生活されている
お二人ですが、

品川区に新居をかまえるご予定とのこと。

結婚式の後に妊娠して出産を?

2018年10月29日に、

明治神宮で結婚式
あげていた守谷絢子さんと慧さん。

式には、二人の家族や
親族ら30人が
参列したとのこと。

翌日(10月30日)には、「ホテルニューオータニ」で
皇族を招いての
晩餐会を行ったそう。

絢子さんは、今年(2019年)8月1日には、
懐妊されていたようで

本日(11月17日)、

無事にご出産なさったみたいです。

その人柄や、

旧皇族より天皇系に近い?

血筋もあってか

ネット上からは、絢子さんに対して

「天皇になってほしい」
との声が。

このような声も↓

良い方のケイさんとご結婚なさって微笑ましい。
皇室結婚の模範だ!

このような声も↓

絢子さんの子供が天皇になれるようにするのが、
女系天皇※の容認だ!

女系天皇※とは・・・皇室において、
母のみが天皇の血統に属する天皇(仮に想定する場合)に
使用される呼称。(女性天皇と間違われるが、その天皇自身の性別とは関係がない。)

男系天皇とは、
父方が天皇の血を
引いている天皇のこと。

歴代最初の女性天皇である

推古(すいこ)天皇は
男系の女性天皇。

現在の皇室典範は、

皇位について
「皇統に属する男系の男子が継承する」と
規定されており、

天皇陛下の次世代の皇位継承の資格を持つ皇族は
2019年11月現在、
悠仁さまのみとなっています。

皇族の男子は「秋篠宮文仁」親王以来、
40年間、誕生しておらず、

徳仁(なるひと)天皇の第一子
「敬宮愛子」内親王も
女子であったことから、

女性天皇や女系天皇を認めるよう
皇室典範を改正しようとする
動きがあった。

「秋篠宮文仁」親王

「敬宮愛子」内親王と徳仁(なるひと)天皇

今後、皇位継承権を持つ可能性があるのは
悠仁様が結婚されて、
男の子が生まれた場合に限られてしまう、ということで

今の日本では、

「女性の天皇や女系天皇を
検討すべき」などと

議論の必要性が叫ばれています。

↑男系の「女性天皇」を容認する一方、
父方に天皇がいない「女系天皇」は認めない
との見解を示していた国民民主党の玉木代表

絢子さんの父である故・高円宮さまは、

現在の皇族の最も近い共通祖先である
大正天皇の孫にあたり

高円宮さまの娘である
絢子さんのお子さんは、
玄孫(孫の孫)ということに。

大正天皇↓

大正天皇の血を引く男子として、
悠仁さま以来、
13年ぶりに誕生していたのですね!

果たして、「女系天皇」の
降誕となるのでしょうか?

絢子さんは皇籍を離脱されているので、

お子さんが天皇になる可能性は
無いかと思いますが。

皇族の女性が結婚後もその身分を保つ
女性宮家の創設も
検討されていますし、

今後はどうなるか分かりませんね。

皇室をめぐる動きに
注目していきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。