衆院議員である「小渕優子」(前・経済産業大臣)の
お子さんが通う小学校で
学級崩壊が起きていたみたいですね。

政治団体のカネをめぐる問題で

元秘書の家宅捜査が行われる前に
データを保存するハードディスクに、
ドリルで穴を開けたことで

ドリル議員として
有名になっていた小渕氏。

元秘書2人は起訴内容を
認めていたようです。

「小渕優子」氏のドリル事件などについては、
こちらの記事で詳しくまとめています。

そんな小渕氏のお子さんが通う小学校での
学級崩壊の話は、地域の住民や
教育ママにも伝わっていた、とのことで、

問題の学校には、
たくさんの親御さんが
押しかけていた、と思われます。

私自身、学級崩壊など
金八先生のドラマでしか

みたことがありませんでしたが、

世間では、そこまで珍しいことでは無いそう。

とはいえ、かなりの人気校で
起きたことなので、

注目が集まっているようです。

一体、どんな理由で
学級崩壊が
起きてしまったのでしょうか?

また、問題となった小学校というのは、
どのような校風なのでしょうか?

今回は、小渕優子氏のお子さんが通う
小学校について
場所や名前などを調べてみました!

超人気校でありながら、
学級崩壊が起きてしまった
理由についても、まとめてみました!

小渕優子の子供が通う公立の小学校はどこ?名前も判明してる?

小渕氏の7歳のお子さんの通う小学校は

高級住宅街にある人気校であり

23区内でも特に行政が
力を入れている学校だそう。

名前こそ、明らかになっていないものの

ネットでは、小渕氏自身が過去に通っていた
北区にある「星美学園小学校」
(カトリック系)という説が有力視されています。

「星美学園小学校」は、
赤羽駅から徒歩10分の距離にあり、

住所は以下です。

東京都北区赤羽台4-2-14

ただ、この学校は私立のようで
学級崩壊が起きた学校ではないと思われます。

「星美学園」のほかにも「目白小学校」や「富谷小学校」など、
都内には多くの
人気校が存在しているとのこと。

「目白小学校」は東京都豊島区・目白二丁目にあり、
区内で最も人気のある
公立の小学校です。

渋谷区立の富谷小学校は
定員の2倍以上もの応募がある
人気校だそう。

上記の学校などで「学級崩壊が起きていたのでは?」
と、噂されていたようです。

人気の小学校で学級崩壊が起きた理由とは?

学級崩壊が起きたという
低学年のクラスは、

2017年の夏頃に、担任の若い女性の先生が
病気を理由に、別の若い女性に
交代することになったそうです。

それをきっかけに、数人の児童が授業中に騒ぐようになり、

机を倒したり、廊下に出たり
授業が行えない状況になってしまったとのこと。

先生が若いため、きちんと注意ができなかったのかもしれません。

私が小学生の頃は、
先生は怖い存在だったので、
やんちゃなどは、とても出来ませんでしたが、

生徒指導も体罰だと言われる時代なので、
怒るのもなかなか難しいですよねー。

とはいえ、超人気の学校で、
しかも低学年で学級崩壊が
起きてしまうだなんて、、、、

4月のクラス替えで厳しい担任に変われば
解決する問題なのかもしれませんが、

まとめ

今回の学級崩壊の騒動とは
全くの無関係であった小渕氏。

2018年には、元秘書の執行猶予期間が終わり
本格的に、表舞台での活動を
再会されていたようです。

「政治家と子育てを両立させる」などと
意気込んでいた小渕氏ですが、

2017年の秋に行われた
学級崩壊に対する緊急の保護者会には、

旦那さん(TBSのプロデューサー)が
出席されたみたいです。

2017年の衆院選では群馬5区から出馬し、再選を果たしていた小渕氏。

忙しい方ですからねー。
緊急の集会には
参加できないこともあるのでしょう。

ドリル騒動の当事者であり、
気が強そうな「小渕」氏なので、
個人的には、

問題が起きた翌日には
学校に乗り込んでいそうな
勝手なイメージを持っていたのですが、

時間的な余裕は無さそうです。

有権者にワインを配るなど
接待疑惑もあった小渕氏ですが、

世襲議員なだけであって、世間の風当たりも強いみたいです。

自民党は、世襲議員が多いので
子供が有能でない場合
問題が起きてしまいますよね。

ただまぁ、過ぎたことは水に流して、

今後は、女性初の総理を目指して
頑張っていただきたいと思います。

というわけで今回は、衆院議員である「小渕優子」氏の
お子さんが通う
小学校について調べてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。