女子高生に握手を求められ、笑顔を見せていた麻生氏

立て続けに起きている
「財務省」の上層部による不祥事ですが、

責任者である「麻生太郎」財務相に対して、

辞任を求める声が相次いでいるようです。

総裁選を2018年の秋に
控えている「自民党」ですが、

副総理である麻生氏の進退にも
注目が集まっています。

2009年の総裁選で「自民党」が惨敗した際には
総理大臣を
辞任していた麻生氏ですが

失言大臣などとも呼ばれており、

片山さつき大臣と同様
本来なら、「とっくに閣僚を辞めてもおかしく無い存在」といった声も。

そこで今回は、今話題の「麻生太郎」財務大臣について、
過去の失言騒動や
辞任の噂などをまとめてみました!

麻生太郎は森友やセクハラ騒動の責任を取るベき?辞任は避けられない?

「森友学園」の文書の
書き換えをめぐる問題で、

「全責任は理財局長であった佐川にある」

などと発言していた「麻生太郎」氏。

「麻生」氏には、「佐川」氏を
「適材適所だ」などと
任命した責任があるハズなのですが。

加えて、セクハラ疑惑のあった財務省の
「福田淳一」事務次官が
今年の4月に事実上、更迭された件もあり、

野党6党からも
麻生氏への辞任要求が
寄せられていたようです

野党も野党で国会を
ボイコットするなど、
メチャクチャなことをしていますが、、、、

安倍内閣の支持率を回復させるためには、

「麻生」氏が辞任するほか
無いようにも思えます。

そもそも、「佐川」氏が辞任するタイミングで

「全責任は財務省のトップである私にある」
などと潔さを見せていれば、

内閣の支持率がここまで落ちることも
なかった気がしますよね。

ただ、麻生氏が辞めたところで、

「逃げただけ」などと
非難される可能性もありますし、

このまま「財務省」に留まって
信頼回復につとめるのも、
1つの手なのかもしれませんね。

麻生太郎の過去の失言をまとめてみた!

かつては「失言宰相」(失言総理)などと呼ばれ、
発言の数々が
物議を醸していた「麻生太郎」氏。

米国の「オバマ大統領」が訪日し、

TPP交渉がまとまらなかった際には、

「オバマにまとめる力はない」

などと財務相の立場で発言。

他にも「医者は社会常識が欠落している」など

信じられないような
暴言が飛び出しており、

このハゲー!!で
「自民党」を離党した豊田氏に対しては、

「あれ女性ですよ、女性。
本当は、男と書き間違えているんじゃないか??」

などとも発言。(気持ちは分かりますが)

「豊田真由子」氏の騒動に関しては、
「女性に参政権を与えたのが
そもそもの失敗」などとも。

古い時代の人間なのか
男尊女卑の思想が、
発言に出てしまっていたようです。

過去には、

「経済成長を感じない人は、
よほど運がなかったか、
経営能力に難がある」

などとアベノミクスを
自画自賛していた「麻生」氏ですが

首相であった時代には、麻生降ろしなる動きによって
辞任に追い込まれていたそう。

麻生おろし※とは・・・長期政権に対する閉塞感への苛立ちから、
2009年に、「自民党」の総裁であった「麻生」氏への

バッシングが高まり支持率が急落

「自民党」で非主流派となっていた
速やかな政策実現を求める
「有志議員の会」などが

倒閣運動をスタートさせた出来事

このような声も

知らない人も、いるかもしれないけれど、

麻生さんは10年前のリーマンショックの
タイミングでの総理大臣で、

国民や労働者の危機に対してもこんな感じ(写真↓)。

このあと「自民党の」大敗や
政権交代を招いた

首相を辞めた今も、マスコミに揚げ足をとられ

党の足を引っ張り続ける
麻生氏なので、

早めに辞任した方が良さそうです、

まとめ

2018年4月現在までに、辞任の意向を
表明していない麻生氏ですが、

ひょっとすると、すでに党内では
第二次、麻生降ろしが
始まっているのかも。

2019年には、衆参のダブル選挙が
噂されていますが、
その前に、麻生氏に対する不信任案が出るかもしれません。

今後も、与野党の動向から、
目が離せなくなりそうですね。

というわけで今回は、話題になっている「麻生太郎」氏について、
過去の失言問題のほか、
辞任の噂についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor
役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。