「凛として美しい」「不正義への強い意志」。
こんな評判がネット上をめぐり、

報道番組のコメンテーターとしても知名度が高い、
弁護士の亀石倫子
(かめいし みちこ)氏。

2019年夏の参院選に立候補することが
決まりましたね!

擁立したのは立憲民主党。
選挙区は、
地元の大阪選挙区です。 

「女性が輝く力を体現している。
大事な目玉候補だ」と、
「枝野幸男」代表。

そういえば、亀石氏の法律事務所

エクラうめだの「エクラ」って、
仏語で「輝き」という
意味なんだそうですね。

今回は、そんな亀石倫子氏の
プロフィールや経歴などを
まとめてみました!

亀石倫子の出身校などのプロフィール情報や経歴まとめ!

「亀石」弁護士が知られるようになったのは、2017年の3月。

裁判所の令状なしにGPS端末を使った
大阪府警の捜査を違法とした
最高裁判決を、主任弁護士として導いたこと。

「かっこいい女性弁護士」のイメージは、
これで「全国区」になった感がありますよね。

その「かっこよさ」はどこから?

それは、自身の考えや努力に基づく
「異色で曲折のキャリア形成」からきているのかも。

大学は東京女子大の英文科で、
就職先は、札幌市の情報通信会社。

3年で退職し、
大阪在住の男性と結婚。

誰も知らない地で
一念発起の法曹界、
という「キャリアチェンジ」です。

生まれは、運河の街・北海道小樽市(おたるし)。

子ども時代から優等生
だった亀石氏ですが、

「群れることが苦手で、
集団になじめず」。

いわゆる「同調圧力」の息苦しさは、
大学生になっても、
会社勤めをしてからも感じていたそう。

「人生、こんなはずじゃない」
「何者にもなれない」
という苦悩って、

思い抱く人は
少なくないと思いますが、

亀石さんは、ここからが凄い!

「自分を変える」「何者かになる」。
もがき続けて決意したことは
「弁護士になる!」

勇躍、予備校に通ったり、
法科大学院へ入学したり。

そんな環境づくりに協力してくれた
夫の理解に助けられながら、

「もがき」からの脱出と
リセットに成功しました。

司法試験に合格したのは34歳。

大阪弁護士会に登録し、
自身の事務所を
構えるまでになりました。

亀石さんは言います。

「違和感と向き合っていれば、
少し遠回りになったとしても
最終的にたどり着くところは、迷いのない選択です」

さらなるキャリアチェンジといえる、
参院選への立候補にあたって、

「いま決断しなければ手遅れになる、
との思いで、
人生で最も勇気ある決断をしました」と述べています。

自由にものを言ったり
行動したりすることが
出来にくくなっているような空気を感じるから。

それは、いまの政治に
無関係ではない気がしているから。

亀石倫子が2019年の参院選に!気になる評判も

亀石氏が立候補を予定する
大阪選挙区の改選数は4人。

激戦区です。

2013年の前回選では
自民、公明、共産、維新の各党が
1議席ずつ獲得していたようです。

自民と維新には2人ずつの
候補者を立てる動きがあり、

公明と共産も現職の
再選をめざしています。

さらに国民民主党も擁立を検討しており、
亀石氏の「出現」で、

与野党が入り乱れる構図に一層、
拍車がかかる注目区となりました。

立憲民主党は、今後1年間の活動方針の中で、
来夏の参院選には
比例代表で最低20人を立て、

うち4割を女性とする目標を明記。

改選数1の選挙区では「野党連携」を追及し、
すべての複数区で、
独自に公認候補を擁立する考えを示しています。

選挙区の公認は北海道、
神奈川に続いて3人目。

知名度の高い亀石氏の擁立は、
その象徴といえ、

大阪以外でも党の浸透効果を
見込んでいるようです。

亀石氏については、

「能力のある女性が力を発揮できる
社会づくりのうえでも、(弁護士としての)
経験が生きる」

と強調しています。

というわけで今回は、2019年夏の参院選へ立候補を決めた
「亀石倫子」弁護士について、
経歴やプロフィールなどを中心にまとめてみました。

枝野代表と立候補会見を終えた後、
亀石氏は

「ささやかで、かけがえのない自由を守るために、社会を覆う
暗い空気に抗(あらが)いたいと思います」

と、ツィートしています。

「亀石」弁護士に対しては、このような声も

さらに追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。