よしもと所属の夫婦漫才コンビ
「おしどり」のマコさんが
2019年の参院選に立候補しています。

2003年の「M-1グランプリ」では
準決勝に進出したほどの
実力派でありながら、

反原発派として活動を続けていた二人。

国政進出を目指す「マコ」さんとは、
いったい、どのような人物なのでしょうか?

今回は、お笑いコンビ「おしどり」のマコさんについて
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

おしどりマコのプロフィールや経歴まとめ!

名前:吉岡 雅子(よしおか まさこ)
生年月日:1975年4月8日(2019年5月時点で44歳)
出身:兵庫県・神戸市
血液型:A型
身長:169cm
担当:ツッコミとアコーディオン

「おしどり」は、吉本興業の子会社
「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属する
男女二人によるお笑いコンビです。

横山ホットブラザーズに師事しており、

師匠と同じく、楽器を使った音曲漫才を
得意とする「おしどり」の二人ですが、

コンビ内で、ネタを考える役割のマコさんは

兵庫県の高校から、鳥取大学・医学部生命科学科に
進まれたものの

阪神・淡路大震災の現場を目の当たりにし、

「医学では人は救えない、
被災地を明るくするお笑いこそが癒しだ」と
3年で大学を中退。

チンドン屋でアコーディオン奏者として活動し、
独立後には、アコーディオンの
弾き語りをスタートされています。

2003年、とあるイベントでパントマイムを披露していた
ケンさんと出会って1週間で結婚。

直後にコンビとして活動をスタートしています。

結成当時は、マコさんのアコーディオンによるシャンソン演奏に合わせて
針金職人のケンさんが針金アートを見せる
といった芸風を得意とし、

2003年のM1では準決勝に進出するなど
ブレイク間近だった二人。

2011年の震災直後の政府や東電による
「直ちに影響はない」といった発表に疑問を持ち、

事故後に行われた政府と東電の
記者会見に出席したほか

被災地の取材を行い、
その模様をネット上で
公開されていたようです。

参院選挙2019に立憲民主党から出馬

かつては、エンタの神様や
爆笑レッドカーペットにも出演するほどの
人気お笑いコンビであった「おしどり」ですが、

現在は、講演活動や
イベント出演も行っているようで、

マコさんは現在、自由な報道を目指す
ジャーナリストによって発足された
「自由報道協会」の理事をつとめています。

事故の後には、東京電力に鋭い質問を投げかけており、
ジャーナリストさながらの
活動をされていたそうで、

2019年には、立憲民主党から参院選への出馬を表明しています。

新人ということで、「議員経験の無さ」を
不安視する声もあるみたいですが、

出馬する以上は、当選を目指して
選挙を戦っていただきたいですね!

というわけで今回は、お笑いコンビ「おしどり」のマコさんについて
プロフィールや経歴をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。