国民民主党の「前原誠司」氏の秘書をつとめた斎藤アレックス氏が
「衆院選挙に出馬するのでは?」
と言われています。

夏の参院選(京都選選挙区)への出馬が
期待されていたアレックス氏ですが、
いったい、どういうことなのでしょうか?

今回は、国民民主党の斎藤アレックス氏について
プロフィールや経歴ほか
選挙区についてまとめてみました!

斎藤アレックスのプロフィールや経歴まとめ!

名前:斎藤勇士アレックス
出身:スペイン国マドリード市
生年月日:1985年06月30日

大阪市と守口市の両方の市で
育った斎藤アレックス氏。

同志社大学の経済学部を卒業後、およそ5年間
大和証券SMBCや、SMBC日興証券株式会社で
M&A(企業の買収・合併)のアドバイザリーのお仕事に携わっています。
 
証券マンであった斎藤アレックス氏ですが、
2013年には松下政経に入塾され、

アメリカ連邦議会(共和党)の下院議員の
事務所でフェローとして勤務しながら、

日米関係や政治分野、研究テーマである経済政策(起業振興)を学び、

卒塾後は、「前原誠司」事務所に勤務され、
京都市にあるベンチャー企業で
経営企画を担当されていたようです。

現在は、国民民主党の参議院選挙区(京都)第1総支部の
総支部長として活動されています。

国民民主党は選挙区への斎藤アレックス氏擁立取り下げ

民進党と希望の党の議員が合流して立ち上げた
「国民民主党」の京都府連会長である「前原誠司」氏の
秘書であったアレックス氏。

2019年の参院選(京都選挙区)への
擁立が決まっていたものの、
党の都合で断念することに、

「立憲民主党」が擁立する増原裕子氏(41)を
支援する形で、
候補者を一本化するためだそうで

先の統一地方戦の結果を見ると
同党が勝つ見込みが少なく、

それならば、と

勝てそうな旧民主党系(立憲民主党)の候補者の
支援に回る選択は
懸命だったと言えそうですが

もう少し早く、この決断をしていれば、
地方戦(京都府議選)に間に合ったのでは??
と言った声もあるようですが、

斎藤アレックス氏は、
ダブル選挙に備え、衆院選に回されるのでは?
などとも言われています。

アレックス氏とともに国民民主党の
今後の動向から
目が離せなくなりそうですね!

というわけで今回は、国民民主党の斎藤アレックス氏について
プロフィールや経歴ほか
選挙区についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。