筆談ホステスとして有名な「斉藤里恵」氏が
2019年の参院選に
立憲民主党から出馬するそうです。

手話や通訳を交えて
出馬の動機を語っていたという里恵氏ですが、

どのような人物なのでしょうか?

今回は、斉藤里恵氏のプロフィールや経歴などのほか
気になる家族についてまとめてみました!

斉藤里恵氏のプロフィールや経歴がすごすぎ!手話で会話?

名前:斉藤里恵(さいとうりえ)
出身:青森県・青森市
生年月日:1984年2月3日(35歳)
出身校:市立・東奥学園高校(中退)

斉藤里恵氏は1歳の時に、病気の後遺症で聴力を失い、
言葉をスムーズに話せない中で

「青森一の不良娘」と呼ばれる問題児に。

高校を中退していた彼女は、
万引きしたお店に誘われて
アパレルのお店で働くことになり、

その後、銀座の高級クラブで筆談のみで会話をする
「筆談ホステス」
として
お店ナンバーワンの売上を達成。

2009年には、青森県の観光大使に任命され
ご自身の半生を書いた本
ベストセラーになり翌年にはTBSでドラマ化されています。

斉藤氏も、講演で各地を回っていたそう。

2015年には、日本を元気にする会の公認を受けて
統一地方選挙のタイミングでの
東京都・北区の区議会議員に出馬。

2020年までに東京パラリンピックまでの心のバリアフリー実現などをかかげ、
40名中最多の得票数で
当選を果たしていたようです。

「日本を元気にする会」は、みんなの党に所属していた参院議員である、
松田公太氏らと
次世代の党を離党したアントニオ猪木氏によって結成され、

一時期は国政政党にもなっていた政党です。

区議選では、松田公太氏や
北区出身の都議であった、
おときた駿氏などからバックアップを受けていた斉藤里恵氏

当時は、所属議員5名が
安保法案に賛成するなど
保守寄りであった「日本を元気にする会」ですが、

実際には、悪いところは悪いと言う
いわゆる是々非々な関係だったようで

2016年に、当時の代表であった
松田公太氏が政界を引退しています。

斉藤里恵の筆談ホステスはビジネスだった?

ナンバーワンの筆談ホステスとして
話題を集めていた斉藤里恵氏ですが、

実際には、ホステスとしてナンバーワンの売上があったのは一度きりで
お客がとれたのは筆談のおかげではなく
甘え上手だったから、

などと週刊文春の取材で
お店の支配人が答えていたようです。

ベストセラー本なので
本には誇張(こちょう)表現が
あったのかもしれません。

知名度だけでなく、議員としての実績なども
重要視される参院選。

「有権者の目は甘くない」、といった声もある一方

里恵氏の前向きな姿勢に
心を打たれた有権者もいたようです。

今回の参院選は、「投票率さえ上がれば、
野党の候補者が当選しやすくなる」
などと言われていますが、

斉藤里恵氏は初の国政選挙で
当選できるのか、

選挙の結果が楽しみですね!

斉藤里恵氏の家族事情が複雑!?夫や子供(娘)との関係も

旦那さんはおらず
シングルマザーだという斉藤里恵氏。

20代半ばであった当時
40歳であった交際相手?との間には、
お子さん(娘)が生まれていますが、

出産の直前に別れていたそう。

現在、娘さんは小学3年生(10歳くらいでしょうか?)

お相手の男性とは、
お店のお客さんなのでしょうか??

逃げられたのは、旦那さんに非があったのかは、
正直分かりませんが、
色々な憶測が飛んでしまいそうですね!

色々と、言われてしまっている斉藤氏ですが、

多様性のある社会の実現にむけて
選挙を戦い抜いていただきたいですね。

というわけで今回は、斉藤里恵氏のプロフィールや経歴などのほか
気になる家族についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。