筆談のみでお客さんと会話をする筆談ホステスとして知られた「斉藤里恵」氏が
2019年夏の参院選に
「立憲民主党」の比例代表として出馬しています。

手話や通訳を交えて
出馬の動機を
語っていた里恵氏ですが、

どのような人物なのでしょうか?

今回は、斉藤里恵氏のプロフィールや経歴のほか
気になる家族についてまとめてみました!

斉藤里恵氏の経歴がスゴすぎ!筆談ホステスのプロフィールまとめ

名前:斉藤里恵(さいとうりえ)
出身:青森県・青森市
在住:東京都・北区・西ヶ原
生年月日:1984年2月3日(2019年5月時点:35歳)
出身校:市立・東奥学園高校(中退)

1歳の時に聴力を失い、
言葉をスムーズに
話せなくなっていた「斉藤里恵」氏。

その後は、「青森一の不良娘」と
呼ばれるほどの
問題児になってしまいます。

高校を中退していた彼女ですが、

接客業を中心に、

さまざまな仕事に
就いていたそう。

そのような中、

とあるきっかけで
アパレルのお店で働くことになり、

周囲のサポートや心遣いによる
心のバリアフリーの存在を知った「里恵」氏は

一般企業の事務を経て上京することに。

23歳の時に働き始めた
銀座の高級クラブでは

筆談のみで会話をする
「筆談ホステス」
となり
ナンバーワンの売上を達成していた「里恵」氏。

2009年には、青森県の
観光大使に任命され

ご自身の半生を描いた
著書「筆談ホステス」が
ベストセラーに。

翌年には北川景子さん主演で
ドラマ化されていたようです。

里恵氏も、出版記念イベントや
講演会(セミナー)で
各地を回っていたそう。

2015年には、日本を元気にする会の公認を受けて
東京都・北区の区議会議員選挙に出馬した里恵氏。

2020年の東京パラリンピックまでの
心のバリアフリー実現などをかかげ、

40名中・最多となる得票数で
当選を果たしていたとのこと。

「日本を元気にする会」は、「みんなの党」に所属していた参院議員である、
「松田公太」氏や
「次世代の党」を離党したアントニオ猪木氏によって結成され、

一時期は国政政党にもなっていました。

区議選では、「松田公太」氏や
北区出身の都議であった、
「おときた駿」氏などからバックアップを受けていた斉藤里恵氏。

当時は、所属議員5名が
安保法案に賛成するなど

保守的な面もあった「日本を元気にする会」ですが、

里恵氏が区議として当選した翌年(2016年)に、
当時の代表であった
「松田公太」氏が政界を引退していたようです。

斉藤里恵氏は本当に筆談ホステス?

銀座の高級クラブ売上ナンバーワンの
筆談ホステスとして
話題を集めていた「斉藤里恵」氏ですが、

実際には、ホステスとして
ナンバーワンの売上があったのは
一度きりだったそう。

さらには、

お客さんがついたのは
筆談のおかげではなく

甘え上手だったから、

といったことなど

週刊文春の取材で
お店の支配人が答えていたようです。

「筆談ホステス」はベストセラー本になったくらいなので
多少は大げさな表現が
含まれていたのかもしれませんね。

知名度だけでなく、
議員としての資質も
重要視される参院選。

「有権者の目は甘くない」

といった厳しい声もある一方

「里恵」氏の前向きな姿勢に
心を打たれた
有権者もいたみたいです。

斉藤里恵氏の夫や子供(娘)についても

旦那はおらず
シングルマザーだという「斉藤里恵」氏。

20代半ばであった頃

当時40歳だった交際相手?
との間には、
お子さん(娘)が生まれていたものの

出産の直前に別れていたそう。

現在、娘さんは小学3年生(9歳くらい)だと思われます。

元交際相手の男性というのは、

お店のお客さん
だったのかもしれませんね。

どちらに非があって別れたのかは
分かりませんが、

参院選を前にして

色々と、憶測なども
広がってしまいそうです。

追記)今回の参院選・比例で
2万3002票を獲得した「斉藤里恵」氏ですが、
当選はできなかったようです。

国政に携わる仕事には
就けなかったようですが、

里恵氏には、これからも
多様性のある社会の実現にむけて

行動を起こしていただきたいですね!

というわけで今回は、斉藤里恵氏のプロフィールや
経歴などのほか
気になる家族についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。