現役の衆院議員であり、維新の会の
ホープでもあった丸山穂高氏ですが、

2017年には、橋下徹氏とツイッターでもめて
維新を離党しそうになるなど
危なっかしい面もお持ちです。

維新といえば、今は参院選や都構想で大忙しのご様子

「足立康史」氏と並ぶ、維新の顔などと呼ばれ

2017年の堺市長選挙で、維新が負けたことに対しては、
「丸山氏が出馬すれば勝てたのでは?」
と言った声もあったほどだそう。

今回、北方領土を戦争で取り戻すなどと発言したことが話題になり
かつて無いほどの
炎上が予想される丸山穂高氏。

頼りにならない野党に変わる第3勢力として
期待されていた維新だけに、
ピンチを迎えるかもしれません。

今回は、丸山穂高氏の評判や
戦争発言の真意などをまとめてみました!

丸山穂高氏の新評判まとめ!保守系議員の戦争発言の真意とは?

大阪府・堺市出身、東大をご卒業された
経産省あがりの若手国会議員であり、

過去には、保守系の討論番組などに
出演していた丸山穂高氏。

最近では、ツイッターで「前澤友作」社長と
討論したことが話題になりましたね!

今年5月に、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した際には、
「北方領土を戦争で取り戻す」などと
発言していた丸山穂高氏。

「島民の気持ちを無視した暴言だ」、
などと
批判を浴びています。

上級国民に忖度する
偏向報道が得意なマスコミは、

自民党や維新など保守勢力の失言は
必要以上に取り上げるので、
今後、維新はエラいことになりそうですね。


国会議員としての立場を維持したいだけの
職業・政治家が多い中で

外国人の生活保護の不正受給に切り込むなど、
松山氏のことは数少ない優秀な議員だと
思っていたのですが、、、

今回の発言を聞く限り、「色々とやっているが、
戦争でもしないかぎり
北方領土は帰ってこないだろう」といった

北方領土は戻らないというという事実を
愚痴っただけなのでしょうが、

擁護派からは「言いたい理屈はわかるものの、
国会議員が酒の席で話すことではない」
「辞職すべき」

など、まっとうな指摘が寄せられています。

今回の失言は、「いつものごとく、前後の文脈を切り取られた捏造」
「反対勢力にハメられたのでは?」

といった声もあるようですが、
丸山氏に過失があったみたいですね。

これまでも、既得権益の団体から
妨害を受け続けていた維新ですが、

この大事な時期に足元を救われるだなんて、

脇が甘すぎる「丸山穂高」氏の
自業自得の大失態だと言えそうですね。

丸山議員とsyamuとの関わりとは?

ネット上からは、丸山穂高氏の失言は
「超大物ユーチューバーの
syamu氏が黒幕だったのでは?」との声も寄せられていました。

syamu(シャム)氏といえば、

2ちゃんねるやニコニコ動画で圧倒的な人気を集め
惜しまれつつもユーチューバーを引退したものの
2018年の年末に復活していた人物です。

以前、国会にて、syamu氏の問題(引きこもり問題)を
丸山氏が提起していたことに対して
ネット上からは、「syamuが国を動かした」などと称賛されていたようです。

syamu絡みが無ければ、良い議員だったのに・・・
syamuの呪いだな
syamuとか変わったら破滅は避けられない

syamuを支持するネットユーザーからは、

「俺たちがゆいいつ知っている政治家」などと親しまれ
一定の知名度を
誇っていた丸山穂高氏。

このような声も

北方領土の発言で炎上した丸山穂高って
あのsyamuの人か!?

過去にもsyamuさんのツイートに
言及していたという
丸山穂高氏ですが、

「syamu恐るべし」といったところでしょうか?

タブーを恐れぬ若きサムライ
といった評判もある丸山氏ですが、
その分、敵も多く、

プーチン大統領の来日を
1ヶ月後に控える中で、
とんでもない失態を犯してしまいましたね。

というわけで今回は、維新の議員である丸山穂高氏の評判や
過去の発言などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。