元都議であった「音喜多(おときた)駿」氏が

2019年夏の参院選(東京選挙区)に
「維新の会」の公認や
「あたらしい党」の推薦を受けて立候補しています。

今年4月の北区長選挙にも
出馬していた「音喜多」氏ですが、

現在は、どういった活動をされているのでしょうか?

今回は、「あたらしい党」の代表をつとめる「音喜多駿」氏の
経歴や評判などのほか、
気になる奥さんについてまとめてみました!

音喜多駿のプロフィールや経歴をまとめてみた

名前:音喜多駿(おときたしゅん)
生年月日:1983年9月21日
出身:東京都・北区・王子本町

音喜多氏は、早稲田大学の政治経済学部をご卒業後、

「LVMHモエヘネシー
ルイヴィトングループ」に入社、

化粧品ブランドの「ゲラン」で、
7年間にわたり、
営業・マーケティングを経験されています。

2013年の都議選に北区から出馬し
4位で、初当選を
果たしていた音喜多氏は、

都議会でのセクハラやじ騒動や
舛添氏による政治資金問題への
追及を行っており、

2016年の都知事選では、自民党に反旗を翻した
小池知事の選挙協力をされていたようです。

前回と同じく北区から出馬した2017年の都議選では
歴代最多の得票数で
トップ当選(2選)を果たしていた「おときた」氏。

ブログを毎日更新することから
ブロガー都議
などと呼ばれ、

数々のテレビ番組にも
コメンテーターとして出演。

政治団体「都民ファーストの会」では会計責任者をつとめ

「かがやけTokyo」から会派名を改めた
「都民ファーストの会・東京都議団」では
初代の幹事長に就任したものの、

その後、離党を表明し

2018年10月、地域政党「あたらしい党」を
立ち上げています。

2019年には、北区の区長選挙に出馬されていた「音喜多」氏ですが
5万4000票を獲得するも
現職の花川氏に、1万票ほどの差をつけられ、

落選していたようです。

嫁は三次ゆりか?

2児の父であり、
2015年に、「三次ゆりか」江東区議会議員と、
ご結婚されていた「おときた」氏。

ホステスとして働いた過去をお持ちの
「三次ゆりか」氏は、
シングルマザーであり、

すでに娘さんがいらっしゃったようで、

「おときた」氏が
新しい父親になったみたいですね。

おときた駿の新党(あたらしい党)のクラウドファンディングの評判など

ネットを通じた資金調達の方法である
「クラウドファンディング」によって
資金を集めていた「おときた」氏、

この資金は
新党である「あたらしい党」のために
使われるそう。

2019年夏の参院選には、「維新の会」の公認で東京選挙区を戦われる
「音喜多」氏ですが、
ネット上からは、賛否の声が。

本人も、出馬する気は無かったそうですが、

維新の都議である「柳ヶ瀬」氏に
強く勧められたことで、
決断されたみたいですね!

今回が、初の国政選挙への挑戦となった「おときた」氏ですが、
ぜひ、当選をめざして
頑張っていただきたいですね!!

追記)参院選・東京選挙区を戦われた「おときた」氏ですが、
52万6575票を獲得し
見事、初当選していたようです。

というわけで今回は、「あたらしい党」の代表をつとめる
「音喜多駿」氏について
経歴や評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。