2019年9月の内閣改造に注目が集まっています。

今回、78歳でITの担当大臣に任命された竹本直一氏ですが
早くも前職(桜田元サイバー大臣)の
二の舞になるのでは?

などと不安の声があがっているとのこと。

竹本氏とは、どのような人物なのでしょうか?

今回は、第4次安倍再改造内閣の科学技術担当大臣に選ばれた「竹本直一」氏について
プロフィールや経歴のほか
気になる評判などをまとめてみました!

竹本直一氏のプロフィールや経歴まとめ!出身校などの学歴も?

2019年9月の内閣改造にて、科学技術政策担当の
内閣府特命担当大臣として
入閣を果たした竹本氏。

↓以下は、竹本氏の経歴やプロフィール情報です↓

名前:竹本直一(たけもとなおかず)

生年月日:1940年11月23日

年齢:78歳(2019年9月時点)

職業:衆院議員(8期) 科学技術担当大臣(初)

出身:大阪府・南河内郡・河南町(かなんちょう)

派閥:自民党(岸田派)

高校:府立・富田林高校

大学:京都大学・法学部

1964年、京都大学をご卒業後に
建設省(現・国土交通省)に入省された竹本氏。

カリフォルニア大学(バークレー校)の大学院や
コロンビア大学・大学院への政府派遣留学を経験するなど

非常に頭の良い人物
だったことがうかがえます。

国交省では、日本政府・代表部への
出向などを経験、

政府代表部とは、日本を代表して国際機関などで
外交活動を担う在外公館のことです。

国交省を辞めた後、1996年には衆院選に大阪15区から
自民党の公認で初当選し
4期連続で当選、

2001年には、第2次「森」改造内閣で
初代・経済産業大臣政務官※に任命され
小泉内閣では「財務副大臣」を担当していました。

IT革命を「イット革命」などと呼んでいた森喜朗(元総理大臣)

ちなみに、政務官※とは、副大臣とともに
省の長である大臣を
補佐する役職のことです。

その後の竹本氏は、衆議院・国土交通委員長に就任し
民主党政権であった2009年の衆院選では落選するも
比例で復活

2011年には「自民党」大阪府連会長に就任されています。

翌年には、安倍首相のもとで
影の財務大臣に就任していた竹本氏。

その後も当選を重ね、
現在までに衆院議員として8期努め

自民党の大阪万博・推進本部の
事務局長などを歴任、

5年ほどは、超電導リニア鉄道に関する
特別委員会の委員長などもつとめていました。

超電導・・・夢の技術と呼ばれる
電気抵抗がゼロになる現象のこと
超電導モータとは、この技術を用いてつくられたリニアモーターカー

竹本直一IT大臣は息子(後継者)も衆院議員なのか?

政策は保守的であり、
地元大阪万博にも尽力された竹本直一氏。

過去には、共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」から、パーティー券購入による
資金提供を受けていた
などと報じられており

2015年5月に大阪市・特別区設置の
住民投票が行われた時には、
「共産党」との合同演説会に参加していたそうなので

都構想をかかげる
維新とは敵対関係にあるようです。

韓国の人気アイドルグループ
TWICEが大好きだという
噂もある竹本氏ですが、

気になる奥さんや息子さんなど
家族については
ネット上に情報が存在しませんでした。

ご結婚されているのかも不明です。

↓過去には、母親の介護に関するご著書を出版されています。

奥さんや息子さんがいらっしゃったとしても
政治には関わっていないのかもしれません。

息子さん(後継者)については、気になるツイートを発見しましたが、記事は削除されています。

たけちゃんマンの評判も

高齢な竹本氏ですが、地元では
「たけちゃんマン」と呼ばれているようです。


「スマホやSNSも自分で使える」

今回、行政手続きのデジタル化を推進する
立場に就いた竹本氏ですが、

印章制度・文化を守る議員連盟である
はんこ議連の会長も務めているそう。

はんこ(印鑑)といえば、
昔からあるアナログ品なので

「IT」と「アナログ」は相反するとの指摘も。

↓ネット上には、IT担当相としての資質を不安視する声が

↓ドメイン会社との契約を更新し忘れたため、閲覧不能になっているだけだと思われますが、、、

このような声も

入閣待機組へのお情け、
思い出入閣だ
5Gは名前だけは知っていそう
桜田氏を人見知りにしたような人間だが
蓮舫の餌食になることは
間違いないな

まとめ

「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」
会長でもある竹本氏ですが、

ブロックチェーンなど最先端のIT技術への
関心をお持ちであり、

過去の不祥事もほとんど無いため

ポテンシャル自体は高そうです。

大臣とは名ばかりで
知識の無さは
部下がフォローしてくれるのかもしれませんが。

印鑑とITの融合は果たして可能なのか

今後の竹本氏の言動に
注目していきたいですね!

というわけで今回は、念願の初入閣を果たした衆院議員の竹本直一氏について
プロフィールや経歴などのほか
気になる家族をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。