関西電力の役員など20名が

原発がある福井県・高浜町の元助役※であった
「森山栄治」氏(故)から
3億2000万円もの献金を受け取っていた件で

「森山」氏の関連会社(アイビックスなど)が、元防衛大臣の「稲田朋美」氏を含めた
「自民党」の議員にも献金※を
渡していたことが判明しています。

※献金とは・・・ある目的に使ってもらうために、
渡すお金のこと。

※元助役(じょやく)とは・・・町長などを助ける
最上級の特別職のこと。

森山氏の関係会社は

関電の仕事を優先的に請け負うなど
癒着関係にあった
可能性は高そうです。

思わぬ形で、与党にも
火の粉が飛んできたワケですが、

稲田氏も、森山氏から献金を受け取る代わりに

何らかの口利きをしていた、
という可能性はありそうですね。

個人的には「またか・・・」という感じで

自民党=金権政治のイメージが強いので
こういった報道に対して、
おどろかなくなってきましたね。

今回は、金銭疑惑で話題の「稲田朋美」氏と
森山栄治氏との関係などをまとめてみました!

稲田朋美と森山栄治の関係ヤバすぎ!?関電への献金問題の真相とは?

稲田氏に献金を渡していたという「森山」氏は、
関西電力「高浜原発」を誘致した人物です。

地元の建設会社の顧問や
副社長などを歴任した後、

高浜町の助役として10年君臨し

2018年まで、関電の火力・原子力発電所、
および各種プラントの建設などを行う
関電プラント株式会社の顧問をつとめていたそう。

関電の社長や、国会議員などとのパイプも太い
いわゆる高浜町の裏の顔でした。

「森山」氏が稲田氏をはじめとする
自民党の政治家に
献金を渡していた疑惑があることに対して、

稲田氏は、
「森山氏とは、個人的な面識はない」
などと

釈明していたとのこと。

関係者が、稲田氏の知らないところで
勝手に渡したのだとすれば、

献金を受け取ったこと自体は
問題が無さそうに思えますが、

巧妙な言い訳ともとれそうです。

今回の件を受けて、ネット上からは、
「利用者は(献金の分)電力料金を余分に払わされていた」
といった怒りの声とともに

「稲田の発言はどこかでボロが出るハズ」
「ツーショット写真の流出不可避」

といった声も寄せられており、

二人にそういった関係があったのかどうかは、
いずれ明らかにされそうですね!

過去に脱税を行った
別の企業(建設会社)からも
直接的に金品を受け取っていた

などとも
報道されている稲田氏ですが、

自らが代表をつとめる地元・福井の選挙支部が
2014~16年の間に
46万円の献金を受領していたようです。

稲田は辞任もしくは次回の選挙で落選か?

今回の騒動を受けて、「稲田」氏は
返金を検討しているそうですが
辞任の予定は、今のところ無いとのこと。

2016年に、
週刊文春から金銭スキャンダルを報じられた

自民党の「甘利明」経済再生担当相は、 

建設会社から現金を受け取ったことを認め

特命担当大臣を辞任していました。

しかし、その後(2017年)の衆院選で
12回目の当選を果たしていたので、

稲田氏も、次回の選挙で、
当選してしまうでしょうね。

このような声も

福井の小選挙区(1選挙区で1名選出)は2つだけ
1区は稲田朋美、2区は高木毅。

↓衆院選2017小選挙区の開票結果・福井(定数2)↓

稲田の後援会長は、森山氏の関連会社(アイビックス)の会長。

そして高木毅の代表支部は、
森山栄治の関連会社に
警備費用を支払っていた。

原発を推進している政党は「自民党」だけだ
この意味が分かるか??

ちなみに、2017年の茨城県知事選挙で

「東海第二原発」再稼働への明言をさけて
初当選した「大井川」氏も
自民党の政治家であり、

選挙期間に

自民党の県連の役員が、

「現金6000万円を
県議にばらまいた」などと

週刊ポストが報じていましたね!

関係者に賄賂を渡してでも
再稼働させたい
だなんて、

原発は、それほどまでに美味しい利権なのでしょう。

「大井川」知事は、

今年の2月に日本原子力発電(原電)が
再稼働の意思を隠し続けていたことに
不快感を示していたそうなので、

党の言いなりにならない政治家も
地方には多少、
存在しているのかもしれませんが。

稲田氏の疑惑に関しては
今後の対応に注目していきたいですね!

というわけで今回は自民党の「稲田朋美」氏をめぐる、金銭疑惑について
まとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。