山梨県・道志村のオートキャンプ場で
9月21日から
行方が分からなくなっている

小学1年生の小倉美咲さん。

ドローンやヘリによる、上空からの捜索も行われていました。

26日の朝からは、
警察や自衛隊を含めた
270人で捜索にあたっており、

スキューバ隊員も加わり、近くの沢のふちなどの
捜索も始まったとのこと。

追記)これまでに警や消防、
自衛隊など1700人が捜索に参加し
村全域での聞き込みを行ったものの

2週間以上が経過した
10月7日現在も
「美咲」さんの手がかりすらつかめておらず

県警は、6日に大規模な捜索を打ち切り
7日以降はボランティアの方々で
続けられるとのこと。

美咲さんの当日の写真や
動画なども
家族の判断で公開されていましたが、

いわゆる霊視などによって
美咲さんの居場所を
見つけることは可能なのでしょか?

今回の記事では、行方が分からなくなっている
「小倉美咲」さんについての
霊視情報などをまとめてみました!

小倉美咲ちゃんの居場所は霊視や透視ができるのか?

9月21日(土)に、姉や母親のほか
7つの家族(30人ほど)と一緒に
「椿荘オートキャンプ場」を訪れた際、

遊びに出かけた子供たちを
1人で追いかけ

その後、行方が分からなくなっていた小倉美咲さん。

オートキャンプ場とは、
テントの近くまで
自動車の乗り入れが可能なキャンプ場のことで

テントの場所まで荷物を運ぶ手間が省ける上に
雨が降った際には、
車の中に避難することも可能です。

キャンプ場内は
車で移動できる範囲が広いため、

誤って子供をひいてしまう危険性があり、

特に、「設営」を行う際など
大人の注意力が低くなりがちなので
気をつける必要があります。

現時点までに、美咲さんに関する情報が少なすぎるため
透視や霊視※による捜索に期待する声も。

霊視※(れいし)とは・・・・霊的に見ること

1759年に、スウェーデンの科学者が
友人の家から500km離れたストックホルムの
火事を霊視した事例などがある。

↓こちらの霊視では、小倉美咲さんの居場所は西側の水辺だとされています。

私自身、霊視と聞くと
霊感商法をイメージしてしまい

あまり良い印象を持てていなかったのですが、

案外、捜索に役立つ情報が
見つかる可能性も。

↓南南東の山奥だ、といった透視※情報も↓

透視(とうし)とは・・・通常の視覚に頼らず、
外界の状況を
視覚的に認識する能力のこと

※霊視と透視の違い

霊視は、人間の目には見えないはずの世界(守護霊など)を
ビジュアル化して
映し出す能力で、生まれつきのものであることが多いと言われます。

捜索したい対象者の気持ちなども
守護霊を通じて把握できるそう。

透視は、視界に入っていない物体(人間など)を
遠隔あるいは、
さえぎられている物が無い状態で見ることのできる能力で

誰もが習得可能だと言われています。

普段、インチキだと疑っておいて

こういう時にだけ
協力してくれ、というのも
虫が良すぎるのかもしれませんが、

事態が事態ですからね。

スーパーボランティアにも期待の声が

今回の事態を受けて

スーパーボランティアなどと呼ばれている
尾畠春夫さんの協力を期待する声も。

これまでに清掃活動や
震災のボランティアなどを
行われていた尾畠さんは、

昨年、山口県で行方不明となった
2歳の男児を救出するため
現地に向かい、

3日見つからなかった男児を、
30分ほどで救出していました。

2016年には、2歳の女児の発見にも
協力していた尾畠さんですが、

これまでに携帯もカーナビも
使ったことが無かったのだそう。

デジタル機器に頼らない分
野生のカンや第六感などが
研ぎ澄まされているのでしょうか?

もしくは、私達が想像し得ない
不思議な力を
お持ちなのかもしれません。

とはいえ、

人の命がかかっている問題ですし、

これまで、善意でボランティアに
参加してくださっていたワケなので

一方的に協力を期待するのは、
身勝手な話だと思いますが。。。。

尾畠さんの最近の活動は?

最近の尾畠さんは、

九州北部で発生した
集中豪雨のボランティアのため

9月14日まで、
現地入りされていたそう。

9月9日に行われた
防災功労者・担当大臣の
表彰式にも招かれていたものの、

被災地のボランティアを理由に
断っていたようです。

過去には「子供は(上に)登っちゃう」などと、話されていた尾畠さん

尾畠さんは、お子さんの心理などにも
詳しいようなので、

今回の行方不明の騒動について
意見だけでも
いただけると有り難いのですが、、、、

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。