沖縄観光の名所中の名所であり
シンボルでもある首里城ですが

2019年10月31日に、
火災によって正殿付近が炎上していました。

アメリカやフランスのメディアが
速報を流すなど

世界的に注目された
今回の火災ですが、

現在までに、ケガ人は出ていないそう。

今回、首里城で発生した火災は、

4月に起きたノートルダム大聖堂の火災のように
予言されていたのでしょうか?

フランス・パリに存在し
ローマ・カトリック教会の大聖堂である
ノートルダム※大聖堂は、

ユネスコの世界遺産にも
登録されており
パワースポットとされています。

ノートルダムとは※・・・フランス語で「我らが貴婦人」(キリストの母である聖母マリア)のこと。

「霊的な意味でも
格が違う」と言われている
首里城なだけに

今回、火災が起きた意味について、
気になっている方も
多いようです。

そこで今回は、首里城で起きた火災について
予言者の噂や予兆(前兆)などをまとめてみました!

首里城火災(火事)は予言されていた?スピリチュアルなメッセージとは

2019年10月31日に首里城で発生した火災ですが、

預言者の天瀬ひみか氏
コードロジーという3桁の数字によって
予言されていた、と言われています。

4月15日のノートルダム大聖堂の火災も
ツイッターで予言していた
と言われている天瀬ひみか氏↓

「天瀬ひみか」氏が独自に開発したコードロジーとは、
今後起こる出来事を

720ものコードから予言できるようで

「天瀬ひみか」氏だけが、
その導き方を知っているのだそう。

見た人の人生を占うエンジェルナンバーのようなものでしょうか?

コードロジーとは、顕在化する一歩手前にある
アクチュアル(現実的な)な潜在エネルギーを
確実かつ、スピーディーな仕方でとらえ、

「これから起こる出来事」についての
有益な情報と
最善のアドバイスをもたらすシステムです。

本人はブログで、予言による注意喚起も行っていたみたいです。

天瀬ひみか氏が、10月31日に現象化を予言していた
119という数字は、
火災や爆発を示唆するそう。

首里城火災は何かの予兆(前兆)か?

風水の先進地域である沖縄の

No.1パワースポットとして
知られている首里城。

正殿に描かれている
五色の瑞雲(ずいうん)は
見た者に吉兆が訪れるのだそう。

首里城の位置は、風水をもとに決定されており

龍脈という、地中を流れる気の通り道
建てられたようです。

神社などの神聖な場所が
火事になることは

不吉な印象を持たれがちですが

ネット上には、

「首里城の火災自体が
今後起きる、更に大きな災害の予兆前兆ではないか?」
との声も寄せられています。

予兆(前兆)※とは・・・物事が起ころうとする、きざしや前ぶれのこと。

ノートルダム大聖堂で火災が発生した
翌週の4月21日には、

スリランカで同時爆発の事件が起きていました。

あまりそういったことを考えすぎると

「本当に引き寄せてしまう。」
とも言われていますし、

過剰に不安になるのは、
控えた方が良さそうですね。

しかし、何かが起きたときのために
備えておく必要はあるでしょう。

ちなみに、神社などの火事を
夢で見た場合は

吉夢だそうで

迷いが晴れたり、
悩みごとが解消される
兆しみたいです。

というわけで今回は、
首里城で発生した火災の
預言者などについてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。