山本一太

2019年の7月に行われる
群馬県知事選挙に

「自民党」の山本一太(参院議員)が出馬されるそう。

ご自身のブログで決意表明されています。

前回(2013年7月)の参院選で「山本一太」氏が当選した映像

これまでには、「自民党」の県連の会長をつとめ
2019年の参院選にも
党の有力候補として、

名前が挙がっていた山本一太氏。

メディアで見かける機会も
多いものの

その素性について、
詳しく知らない
と言う方も多いようです。

いったい、どのような人物なのでしょうか?

今回は、群馬の参院議員「山本一太」氏について
プロフィールや経歴などの情報に加えて
気になる評判をまとめてみました!

山本一太氏のプロフィールや派閥など!どんな生い立ち?

名前:山本 一太(やまもと いちた)
生年月日:1958年1月24日
出身:群馬県・吾妻郡(草津町)

山本一太 群馬県知事

2018年で、60歳を迎えた山本一太氏。

代々続く、政治家の家系であったようで

父親である「山本富雄」氏は、
「自民党」の
参議院・副幹事長などを歴任

その父親である「泰太郎」氏は
草津町長をつとめられていました。

県立の渋川高校を卒業後、

82年に中央大学の法学部
(政治学科)にご入学された山本一太氏。

その後は、ジョージタウン大学大学院にて
国際政治学の
修士号を取得。

朝日新聞社に入社し、
福島の局での勤務をご経験、

父親が亡くなったことで、
地元である群馬から
95年の参院選に出馬し、初当選しています。

父親の地盤を受け継いでいるので
順当だったと思われますが、

その後も参院選に出馬しては
再選を果たしており
現在は、4期目となっています。

ちなみに、93年に
国連職員の奥さんとご結婚されていたそう。

60歳になってもなお
髪はフサフサですね!!

このような声も

安倍首相の応援団長!!
心身とも細身だけど
大丈夫なのかな?

安倍首相には嫌われていた?

特定の派閥には属していない山本氏ですが、

保守の本流だと言われる
清和政策研究会(平成研究会)に所属する議員の
総裁選を手伝うなどしていたそう。

第二次安倍内閣では、内閣府・特命担当大臣として
沖縄および北方対策、
科学技術・宇宙政策(IT政策)などを担当していた山本氏ですが、

現在は、安倍首相の
ネット戦略アドバイザーとしても活躍中

本日(12月5日)には、Ustream(山本一太の直滑降ストリーム)の
(ライブ配信)が予定されています

ウルフルズのカバーソングを熱唱する山本氏

安倍首相を熱心に応援してきた山本氏ですが

やってることは、先進的なのかもしれませんが
どうにも地味と言うか、、、、

安倍首相に
気に入られていないため、

重要なポストは任せてもらえない、などとも言われています。

2019年の群馬県知事選に!気になる評判など

現在は参院「自民党」の政策審議会長であり、
党の県連会長として
2期、活動されている山本氏ですが、

来年(2019年)7月に行われる群馬県知事選挙に
出馬されるそうです。

山本一太

山本氏に対しては、党への貢献度が高いわりに、
重要なポストにつけない
と行った評判もあるようで、

地方の首長だったら、長続きするのでは?
といった声も。

現在は、共産党が候補の擁立を計画しているほか、
現職も出馬の意向を示しているとも。

現職の大沢氏(72)は、自民党系の知事であるため
10年ぶりとなる
保守の分裂選挙の様相が強まると言われています。

女性スキャンダルなど
大沢氏の評判は
あまりよろしくは無いようなので

山本氏が当選する可能性は高そうです。

このような声も

最近の群馬選挙では、野党が力をつけてきたから、
知名度が大きい
山本氏に任せようって、考えなのかな??

実力もあって、国のために尽くしてきたけど、
上司には評価されず
パッとしない人、って印象だなー。
このまま議員を続けたところで、
参議院の議長になれるかも
分からないし、

この人は、国政より
地方首長の方が向いてるかも。

年齢のわりに、目立った失言もないし
適任かもしれないな

山本氏に対しては、野党時代の自民において、攻撃の対象になっていた
真面目な議員なので
当選は確実ではないか?といった声も。

山本氏は、ハコモノや利権の温床だと言われている
群馬を改革できるのか?

場合によっては、所属政党に反旗を
ひるがえすことにも
なりそうですが、、大丈夫なのでしょうか???

2019年の群馬県知事選挙の今後に
注目していきたいですね!


と言うわけで今回は、参院議員の山本一太氏について
プロフィールなどの情報に加えて
気になる評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。