米長 晴信

いよいよ終盤を迎えた山梨県知事選挙

自民党は、一枚岩になっているものの
内情はドロドロのようです。

果たして、どの候補が当選するのでしょうか?

今回は、2019年の山梨県知事選挙に無所属で出馬されている
米長晴信氏について、
経歴や評判などをまとめてみました!

米長晴信のプロフィールや経歴をまとめてみた!

名前:米長 晴信(よねなが はるのぶ)
本名:鈴木 晴信
出身:神奈川県
生年月日:1965年10月21日(53歳)

子育て支援策として、第3子に100万円の支給を約束する米長氏。

米長氏は、上智大学の文学部(ドイツ文学科)を
ご卒業され、フジテレビに入社、

17年間、報道部やディレクターのお仕事を経験しています。

英語も堪能であり、イラクやパレスチナなど
中東の紛争地からリポート活動を
されていたようです。

2007年に局を退社し、民主党の代表であった
小沢一郎氏の要請を受け

山梨選挙区から参院選に出馬、

初当選されていた米長氏。

2012年に民主党を離党し
みんなの党へ正式に入党されます。

2013年には、維新の会の公認を受け、
参院当選を目指すも、落選、

16年の参院選でも、民進党などが
推薦する候補に敗れています。

米長晴信の父親がスゴい?

現在は、酵素(こうそ)を用いた断食(ファスティング)を行っている米長氏。

確かにポッチャリされていますが、、、

選挙期間中、流行りの酵素ドリンクを飲んでいたようです。

酵素ダイエットとは・・・加齢で減ってしまう体内の酵素を
食事やサプリによって補い、
痩せやすい体に改善すること。

食事の場合、生の野菜や発酵食品から
酵素をとるのがオススメ。

熱血男なのでしょうか???

2019年の山梨県知事選挙に
無所属で出馬されている米長氏ですが、

人口減少への対策を
最も大きな柱に据え、

山梨の振興策として、東京五輪での観光需要の歓喜や
在来線との連結による、リニアの駅の維持を
かかげていたそう。

リニア計画白紙の花田氏とは、対象的なお考えのようです。

米長氏は将棋が得意で、二段の腕前。

叔父の故「米長邦雄」(くにお)氏は
将棋の永世棋聖(きせい)という
タイトルをお持ちで

米長氏が初当選した参院選では、邦雄氏が
選挙対策本部の
特別顧問を務めていたみたいです。

まとめ

事実上の与野党の一騎打ち
と言われている山梨県知事選挙。

今回、野党側が政党色を薄めているものの、
依然として現職が強く、
厳しい戦いを強いられているようですが、

米長氏は悲願の当選を果たすことができるのでしょうか?

山梨県知事選挙の結果や
各得票数から
目が離せなくなりそうですね!

というわけで今回は、2019年の山梨県知事選挙に出馬されている
米長晴信氏について、
経歴や評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。