2年前に、道路拡張のためのビル買収が
進んでいないことに対して
担当の職員に暴言を吐いたとして

兵庫県・明石市の泉房穂市長が
29日に謝罪会見を開きました!

司法修習時代の同期である「橋下徹」氏が
認めるほどの
熱血漢で知られる泉市長。

今年4月の選挙戦を前にして、
思わぬ不祥事が
飛び出してしまったのは、なぜなのでしょうか?

今回は、明石市長の泉房穂氏について、
パワハラに該当しそうな暴言の評判や
擁護派の意見などをまとめてみました!

明石市長の暴言全文やパワハラ発言の評判!

2017年、道路の拡幅工事にともなう
用地買収が進んでいないとして

「建物を燃やしてしてしまえ」などと

職員に当たり散らしていた泉房穂氏。

7年も、仕事を放置していた職員に対して
怒りが爆発してしまったのだそう。

すでに、市長は謝罪されていたようで
職員も「気にしていない」と
両者の間で和解が済んでいたみたいですが。

2年前の音声データが
なぜ、選挙直前のタイミングで流出してしまったのでしょうか?

今年4月に行われる明石市長選挙には、
泉市長も立候補を予定されていたようですが、

何やら闇が深そうですね。

泉市長は悪くない?擁護派のコメントも

今回の騒動に対しては、一般人や評論家などから
市長を擁護するコメントが
多く寄せられていたようです。

受刑者の再販防止の条例をつくったり、
子育て対策に取り組まれるなど、
実績を残されていたためか、

泉氏のパワハラ発言に対して

「仕事をサボっていた役人が悪い」
「市長は悪くない」「関西だと普通あんな言い方になる」
といった声も。

とはいえ、

「火をつけてこい」
という暴言は、

犯罪の教唆(実行させる)にもなりかねないでしょう。

市長と職員の関係性によっては、
事件に発展しかねない
危険な発言でしたね。

正しければ、何をやっても良い、
とも捉えることのできる

まさに暴言

権力の暴走を招きかねないですし、

そもそも立場上、
許される発言では無いですよね。

ネット上からは、このような声も

今回の、テレビのニュース番組では、市長の発言の一部だけを流し、
完全に悪だと
決めつける番組も多い中

事実情報をきちんと取材して、
擁護(ようご)する
番組もあったようです。

どちらの番組が正しかったのかは
分かりませんが、
報道はフェアにすべきですよね!

ちなみに、今回の音声データは、
被害者である職員が
録音したものでは無かったそう。

2019年4月に予定されている明石市長選挙への
出馬が予想されている泉氏。

対抗馬として、前職の「北口寛人」氏が
出馬を表明されています。

しかし、この北口氏もヤバい人物なのだそう。

自民系の会派に所属する北口氏ですが、

発言が二転三転することが多く

選挙のときだけ頑張るペテン師
といった評判も。

泉市長が全国ニュースになった日に、
市内に「北口寛人」氏の
チラシがポスティングされている。

ちなみに、以前の選挙で北口氏が負けた理由は、
明石駅と西明石駅の間に
必要ないJRの駅をつくろうとしたため、

だそう。

泉氏のおかげで、子育て環境が改善されたなど
市が良くなった、といった声もありますが、、、

4月の市長選挙は、有権者に歓迎されない
ダメダメ候補同士の戦いになりそう。

いずれにせよ、泉氏が再戦を目指す場合
厳しい戦いを
強いられそうです。

このような声も

泉市長にも管理不届きの責任はあっただろう。

職員だけの問題ではない

幼児教育の無償化にあたり
自治体の長の立場で
政府と交渉した人物だっただけに、

残念だな、、、

果たして、市民はどちらを
次の市長に選ぶのか?

明石市長選挙の結果から
目が離せませんね。

追記)泉氏は、2月1日の午後に
責任をとる形で、辞任の以降を表明、
記者会見で涙を見せていました。

4月の市長選への出馬については
明言を避けたそう。

ネット上では、辞職を望む声の方が多かったみたいですね。

昨年末、女性スキャンダルで辞職した西岡市長は、
2月の市長選で
出戻りするお考えのようです。

というわけで今回は、明石市長である泉房穂氏について
パワハラ発言の評判や
擁護派についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事
北口和皇(熊本市議)のパワハラ発言や経歴がヤバいww
今村岳司の刺青(タトゥー)や問題発言が酷すぎるww
佐川宣寿という国税庁の長官のパワハラ評判

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。