2019年2月3日告示された
「西岡晃」市長の辞職にともなう美祢市長選挙

山口県の中央部に位置する美祢市(みねし)は、人口およそ2万5000人

山口県で、海に面していないない唯一の市であり、
「秋吉台」を中心とする「Mine秋吉台ジオパーク」が
日本ジオパークに認定されています。

ジオパークとは、地域の自然・文化をまもり、
かつ多くの人に知ってもらう・訪れてもらうことを
目的とする

地球をまるごと楽しめる場所のこと。

現在までに43地域が加盟。

石灰石の産出など、工業都市として
発展してきた歴史を持つ美祢市でしたが、

最近は、過疎化や人口減少が進み、
観光地の秋芳洞(鍾乳洞しょうにゅうどう)や、

日本最大のカルスト台地である秋吉台も、
観光客が来ない状況だそう。

そのような中、「西岡晃」市長の
スキャンダルでの失職にともない
急遽(きゅうきょ)行われることになった市長選挙。

視察や表敬訪問のため台湾を出張した際、
市議2人とともに
いかがわしいお店に入店していた「西岡晃」市長。

その後もホテルで女性との
密会があった、
などとされています。

西岡市長のスキャンダルの内容はコチラの記事で詳しくまとめています!

出直し選挙となった今回は、

現職と新人、元職による三つ巴の戦いとなっていますが
果たしてどの候補が
新たな市長として選ばれるのでしょうか?

今回は、2019年の美祢市長選挙について
候補者や過去の投票率などといった
現在までに判明している情報をまとめてみました!

追記)開票の結果は以下の記事に

美祢市長選挙2019の結果や票数をまとめてみた!

現職の西岡市の台湾でのスキャンダルに伴う
今回の市長選挙ですが、
2月4日から期日前の投票がスタートしています。

2月10日には、午前7時〜午後8時までの時間帯に
市内で投票が行われ
即日開票となっています。

今回の市長選の開票結果や、
候補者の票数などが判明次第、

こちらに追記していきたいと思います!

美祢市長選挙2019の争点や候補者についても

市長選に立候補されているのは、以下の3名です。

現職の西岡 晃(にしおか あきら)候補(45歳)

美祢市長選 候補者

美祢市議として、これまで合計で4期活動され、

2016年の市長選では、現職の村田候補を僅差で破り
初当選されています。

昨年、台湾への出張中に、現地の女性と
いかがわしい行為に及んだ
(公費で借りている部屋に、女性を呼んだ)疑惑が判明。

「疑惑によって市政の停滞を招いた」などと、
2018年12月31日に辞職されています。

元職の村田 弘司(むらた ひろし)候補(65歳)
美祢市長選挙 立候補者

市役所でのお仕事を経て、
2008年に旧市長の後継使命を受け市長選に立候補。

市議などの支援を得て、初当選、
2期つとめたものの

息子さんの不祥事などが響き、
16年の市長選では、
西岡に敗れ、現在は国際交流コーディネーターとして活動されています。

今回の選挙では、人口減少への対策や
国際交流による
観光振興などを訴えています。

村田氏の詳しい政策などについては、コチラの記事でまとめています!

新人の篠田洋司(しのだようじ)候補(55歳)

篠田洋司

美祢市のご出身で、1988年に
合併する前の市役所に入庁、

市長・統合戦略局長などを経て

2015年には、村田氏のもとで
16年からは、西岡氏のもとで
副市長として活動されていたようです。

1月20日に行った事務所開きには、
市議4名(議長含む)や、
280名もの支援者が集まったそう。

女性支援の充実などを唱え、
安定的で謙虚な市政を目指されるとのこと。

今回の選挙は、上記3名(いずれも無所属・政党の推薦ナシ)による
三つ巴の戦いとなっています。

教育・観光振興といった
市の財政・人口増に向けた取り組みのほか

鳥獣被害をどのように食い止めるかが
争点となっている今回の市長選挙。

西岡市長のスキャンダルに対する
各候補の考え方・評価については、

村田、篠田両候補は、
市政の信頼回復や立て直しをはかる、とし

西岡市長は、出直し選挙で
疑惑を解消したい、
などと話しています。

スキャンダル当初、疑惑を否定していた「西岡」元市長ですが、
議会側が反発し、
定例会も開かれず、異例の事態となっていました。

12月5日には、調査権を持つ
百条委員会が設置され
同行した市議2名が呼ばれています。

女性が2、3メール後ろについて
ホテルに入りました。
(台湾出張に同行した戒屋市議)

「西岡」元市長と歓楽街を訪れた後、
別々にホテルに戻った市議は、
市長が女性とエレベーターに乗ったことを確認、

20分立っても女性は
降りてこなかったそう。

市長は、「部屋には一人で入った」などと
潔白を主張、

しかし、女性がどこまでついてきたのか、明確に記憶していないため、

都合の悪いところを覚えていない
などと批判の声が。

今回の出直し選挙に対しては、

「市長のスキャンダルよりも、
町の過疎化や観光振興など
人口減少の問題に関心を向けて欲しい、」

と言った市民の声も。

疑惑については、なにやら闇が深そうですね。

西岡市長も言っていましたが、
市長選よりも、
ほかにやるべきことありそうですね。

美祢市長選挙2019の投票率についても

西岡氏が初当選した前回(2016年)の
美祢市長選挙の投票率は、76.41%でした。

村田氏が2選を果たした前々回
(2012年)は77.78%。

3日現在の有権者数は2万1602人

今回の出直し選挙では、
有権者はどのような判断を下すのか

投票率なども
チェックしていきたいですね。

当日に判明する、最終的な投票率なども
情報が入り次第、
こちらに追記していきたいと思います!

というわけで今回は、2019年の美祢市長選挙について
候補者や過去の投票率などといった
現在までに判明している情報をまとめてみました!

さらに追加の情報があれば、
アップしていきたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。