2019年4月の統一地方選挙と同時期に行われている
大阪府知事選挙ですが、
その候補者に注目が集まっているようです。

府知事選については、コチラの記事でまとめています!

維新からは、大阪市長を辞職した
吉村氏が出馬しています。

自民党は、俳優の辰巳琢郎さんに
出馬要請をしていたものの
断られてしまったそうで、

代わりに元副知事の「小西禎一」氏が出馬することに。

橋下徹氏や松井知事の元側近であり、

自民や公明が期待を寄せる「小西」氏とは、
どのような人物なのでしょうか?

今回は、2019年の大阪府知事選挙に出馬している
小西禎一氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!!

小西禎一のプロフィールや経歴まとめ!学歴(大学)出身高校も

名前:小西 禎一(こにし ただかず)
生年月日:1954年5月9日(64歳 2019年3月時点)
出身:兵庫県・加西市・北条町北条

中高一貫の市立・淳心学院をご卒業されていた「小西禎一」氏。

姫路市にある淳心学園中学の
偏差値は64。

小西氏は、頭が良かったみたいですね。

1980年に東京大学をご卒業され
大阪の府庁に入庁。

奥さんは市、もしくは府の職員だそうで

お医者さんの息子さんも
いらっしゃるようです。

2008年、橋下徹氏が知事に就任して間もなくに立ち上げた
改革プロジェクトチームの
リーダーであった小西氏。

2009年には、総務部長となり、
2012年の10月に
大阪の副知事に就任されています。

総務部長だった2011年には、維新の会が提案した
「職員基本条例案」に盛り込まれた職員を
5段階区分で評価する制度
に対して

「条例案には問題点がある」
などと指摘。

都構想の事務局である
(大阪府市)大都市局なども
担当していた小西氏ですが、

「維新の会」の方針に反発するなどしたため、
2015年に副知事を
辞職していたそう。

都構想については「区割り案にだけ反対する」人は多いみたいですね。

事務処理の能力の高さから
「スーパー公務員」とも評された
小西氏ですが、

上にものを言える、
珍しい存在なのかも知れません。

小西禎一の評判も

2019年、最も注目すべき選挙の一つと言える大阪「ダブル選」。

小西氏は、今回の府知事選で
「都構想の議論を続けるべきではない」「大阪には他にも課題が山積み」
などと訴えています。

2017年に行われた、堺市長選挙では、
自民党などが推薦した現職(竹山修身氏)が、

維新の会の新人を破り
3選を果たしていましたね。

(3万票差で竹山氏が勝利)

この選挙で、堺市民は、
都構想にノーの意思表示をした
などとも言われていますが

大阪全体の行く末を左右する今回の知事選でも、
維新を相手に
勝利することはできるのでしょうか?

松井知事からは、「財政を黒字に再建した立役者」
などと呼ばれていた小西氏ですが

このような評判も

討論を聞く限りは、
典型的な公務員って感じで
トップにたてる器なのかは分からないな。
ここで自民に恩を売って
参院選の比例上位を狙っているのかもしれないが
タレント首長よりはマシ
大阪のことを考えている候補者だから
当選してほしいわ
府庁の生え抜きだが

地味だし、選挙自体
盛り上がらないだろう。

まとめ

政党の言うことを聞かない、じゃじゃ馬、
などとも言われている小西氏。

知名度の低さが課題とも言われていますが、
果たして、今回の知事選を
どのように戦われるのでしょうか?

府知事選の結果から、
目が離せなくなりそうです!

というわけで今回は、2019年の大阪府知事選挙に出馬している
小西禎一氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。