ついにスタートした北海道の知事選挙。

与野党による対決は、新人同士の一騎打ちとなっており、

両候補とも北海道全体を演説で周り、
SNSも活用するなど
政策をアピールしています。

JRの路線見直し問題などが争点となっている
今回の知事選ですが、

自公が推薦する前夕張市長(鈴木直道氏)と

立憲民主党などが
推薦する「石川知裕」氏による
デッドヒートとなっています。

北海道の独立宣言をかかげている石川氏ですが、
どのような人物なのでしょうか?

今回は、2019年の北海道知事選挙に出馬されている
石川知裕氏について、
プロフィールや経歴をまとめてみました!

石川知裕のプロフィールや経歴をまとめてみた!

名前:石川知裕(いしかわともひろ)
生年月日: 1973年6月18日(45歳)
出身:北海道・足寄(あしより)郡・足寄町

石川知裕氏は、函館ラ・サール高校
(偏差値69)をご卒業され
早稲田大学の商学部に入学。

卒業後は、「小沢一郎」氏の秘書として活動しています。

2005年の衆院選(北海道11区)には
「民主党」の公認で出馬し、
自民候補(故・中川昭一氏)に敗れたものの

2007年に比例復活のような形で
初当選されています。

1期つとめた後、同じ選挙区から出馬した
2009年の衆院選では、
中川氏の票を上回り再選、

2010年には民主党を離党し

2011年には、民主党を離島した
「鈴木宗」氏による
地域政党「大地・真民主党」(新党大地)に入党。

2012年の衆院選には、新党大地から出馬し
「中川昭一」氏の妻・郁子氏に敗れるも
比例復活で3選を果たしています。

2013年には、小沢氏の資金管理団体
「陸山会」が取得した
土地をめぐる問題が発覚し

政治資金規制法違反で
有罪判決を受けたことで

議員辞職および「新党大地」を離党、
2015年に民主党に
復党していたようです。

石川知裕の嫁が美人すぎる

今回(2019年)の北海道知事選では
初当選を目指す石川知裕氏ですが、

2012年には、BS11(BSデジタル放送)の
アナウンサーである
阪中香織(石川香織)さん(34)とご結婚されています。

石川香織さんは、結婚後
知裕氏の地元に移住し
長男と長女を出産、

公民権が停止していた知裕氏の代わりに
立憲民主党から
2017年の衆院選に出馬し、

「自民党」公認の中川郁子氏を破り、
初当選していたようです。

こんなに美しい奥さんに、
ピンチを救ってもらっていただなんて、

知裕氏は幸せものですね!

石川知裕が2019年の北海道知事選挙に!気になる評判など

2019年の統一地方選挙で、
唯一(ゆいいつ)の与野党対決となった
北海道の知事選挙ですが、

石川氏は今回、立憲民主や国民民主、共産党、自由、社民といった
野党連合の推薦や
市民団体「戦争させない市民の風・北海道」の支持ほか、

札幌の前市長の
応援を受けています。

野党オールスターから応援を受けている石川氏。

玉木代表は31日の昼、党が推薦する石川知裕候補の応援のため、
札幌市で行われた大集会で演説。

「暮らしの身近なところに
光を当てていく政治を
先頭に立ってやってくれるのが石川候補だ。

知事に押し上げよう」と訴えました

辺野古の基地移設反対デモで話題になった
沖縄の「玉城デニー」知事も
応援に駆けつけていたようです。

石川知裕は韓国がお好き?

立憲民主党といえば、以前
韓国籍の弁護士から「辻元清美」氏が
献金を受けたことが話題になりましたが、

韓国と仲が良い「小沢」氏の秘書であったことなどから、

石川氏に対しては、「韓国などとの
友好関係を望んでいるハズだ」
などと言われています。

そんな石川氏は政策として

国への依存からの脱却を目指し、
自治体トップや経済界などでつくる
「北海道経営会議」を創設し

人口減少への対策や脱原発
(再生可能エネルギーの活用)をかかげていたそう。

国との連携を重視する対抗馬の鈴木氏とは、正反対の路線を示しているようです。

私は北海道の独立宣言と題し
道民一人一人が、ふるさと北海道にこだわり、
豊かな自治を実現します」(石川知裕)

石川氏の政策に対しては、このような声も

沖縄の次は北海道が独立か

プーチンや金正恩が喜びそうだなw

玉城デニーの「一国二制度」に似ている

フィリピン留学を満喫した石川知裕

議員辞職した2013年には、ふるさとの十勝に戻り
フィリピンの首都マニラに
3ヶ月の英語留学をされていた石川知裕氏。

フィリピン人の英語の先生とのツーショット写真

期間中にTOEICの模擬試験スコアを
300点アップさせていたようです。

フィリピンといえば、人口が増え活気を増しつつある反面
労働者の問題などがありますが、

石川氏がフィリピンに留学したのは、

ご自身の選挙区である帯広市などに
農畜の担い手(労働者)に
海外からも来てもらうため

労働者の誘致のために「英語力が必要だと感じたから」だそう。

3ヶ月もの間、南の島で勉強できるなんて
本当に羨ましいですね!

追記)北海道知事選、4月1日現在までの情勢では、
夕張市長の鈴木直道氏を
石川氏が追う展開となっていましたが、

最新の情勢調査では、
石川氏が、追い上げの勢いを増しているとのこと。

4月7日の開票結果から
目が離せなくなりそうですね。

というわけで今回は、2019年の北海道知事選挙に出馬されている
石川知裕氏について、
評判や経歴をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。