政治資金の私的流用疑惑で話題の竹山市長。

そんな中で、堺市議である長谷川俊英氏に
注目が集まっています。

反維新であり、竹山市長の続投を
支持していたという長谷川氏ですが
どのような人物なのでしょうか?

今回は、無所属の堺市議である
長谷川俊英氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

長谷川俊英(堺市議)経歴やプロフィール!出身高校や年齢がスゴい?

名前:長谷川 俊英(はせがわ しゅんえい)
年齢:77歳
生年月日: 1941年
出身:兵庫県・明石市

長谷川俊英氏は、立命館大学の法学部をご卒業され

桃山学院大学の職員を経て

1979年、堺市の市議選に
北区から選出され初当選。

これまでに、堺市の市議として8期つとめています。

市議会では、海外視察旅行に公費で行くことへの反対や、
市民への情報公開に
積極的に取り組んでいたそう。

そのような努力のかいもあってか、
2019年3月の市議選で
9度目の当選を果たしています。

議会では、金券腐敗政治とのたたかい
スローガンに活動する長谷川ですが、

1983年には、堺市議が賄賂を受け取るなど
不正を働いたことを受け、

政治倫理条例(せいじりんりじょうれい)を生み出し
当時リコールが出来なかった
政治家を辞職させることに成功、

この条例は、後に全国的に波及しています。

政治倫理条例とは・・・地方の議員(市長などを含む)の資産公開や職務に関連犯罪での説明責任、
有罪判決を受けた場合の
問責制度(責任を問う制度)を規定したもの。

そんな長谷川氏ですが、
1993年には、大阪5区から衆院選に出馬しており、
落選しています。

2005年には、旧友の菅直人(元首相)と共に
団塊党という団体を立ち上げており、

議会改革を目指して創設した「都市政治研究所」では、
自らが主催する勉強会に
菅直氏を講師として招くことも。

ご結婚されている長谷川氏ですが、

お子さんは二人いらっしゃるそうです。

長谷川俊英の評判まとめ

ジャーナリストである長谷川氏ですが

78歳とご高齢であるものの、
過去には、辺野古の新基地移設の
反対運動にも参加しています。

不正に人一倍厳しいであろう長谷川氏ですが

ご自身の政務活動費の不正支出の
説明責任は果たしておらず、
曖昧なままとなっており、

沖縄へのプライベート旅行や、
事務所費の不正など
疑惑は多いと言われています。

竹山市長の政治資金の問題が明るみに出た際には、

堺市議会を追求する
傍聴人が退場する様子を
あざわらっていたようで、

市民からは批判の声が寄せられました。

元維新の「小林よしか」氏の政活費・不適切支出問題を
追及した急先鋒であり、

堺市のオンブズマンなどと呼ばれていた長谷川氏

竹山市長の今後の進退とともに
長谷川氏の動きにも
注目していきたいですね。

というわけで今回は、堺市議である長谷川俊英氏について
プロフィールや経歴などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。