2020年の「岩手県議会議員・再選挙」が
ついに告示されましたね。

出直しで行われている
今回の県議選は、

元自衛官であり自民党の公認する新人と
元一戸町議との
一騎打ちとなっているようです。

果たしてどちらの候補が

新たな県議として選ばれるのでしょうか?

選挙の結果も気になりますが、

立候補している人物についても
詳しく知りたい
という方が多いようです。

そこで今回は、岩手県議会議員・再選挙の立候補者である「松倉史朋」氏について、
プロフィールや経歴などの
情報をまとめてみました!

気になる評判なども、
合わせて調べてみました!

松倉史朋(二戸)経歴まとめ!出身などのプロフィール情報も

名前:松倉史朋(まつくらふみとも)
生年月日:1993年生まれ(27歳)
出身:岩手県二戸市(にのへし)福岡

二戸市の福岡で生まれ

岩手県立の「一戸高校」を卒業された後
青森県弘前市にある
国立の弘前大学・人文学部国際社会・安全保障コースに進学された「松倉史朋」氏。

2016年に卒業後し、

防衛省・航空自衛隊員に入隊して
働くなどしていた松倉氏ですが、

2018年に退職し、群馬の自動車工場に
期間社員として
勤務していたようです。

松倉史朋が2020年の岩手の県議選に!気になる評判も!

2020年の岩手県議会議員・選挙に
自民党の公認を受けて
出馬している「松倉史朋」氏。

前回(2019年)9月に投開票が行われた

岩手県議選に

二戸市・福岡の会社員として、
「自民党」公認で出馬し

初当選した松倉氏ですが、

選挙区内での
居住実態がなかったとして
当選無効が議決され、

2019年11月に辞職していたそう。

選挙に立候補するには

その自治体に
3カ月以上住む必要がある、と
公職選挙法で定められています。

松倉氏は、2018年12月に
航空自衛隊を辞めた後

地元の岩手に
住民票をうつしていましたが

2019年3月〜7月頃は、
群馬県の自動車製造工場で働き、

社員寮で寝泊まりしていたようです。

記者会見を開き、
「お騒がせし、県民におわびしたい」と
陳謝していた松倉氏。

そんな松倉氏に対し、ネット上からは辛辣な声が⇣

一方で、公職選挙法自体を疑問視する声も⇣

居住の実態が認められず
当選無効になることは

県内では、過去に1度も無かったようで

公職選挙法について考える
良い機会なのかも。

まとめ

お騒がせな「松倉史朋」氏ですが

今回の選挙では、地域の特産品の県外周知など
産業振興の施策を推進するほか

基幹産業である農業
および商工業の振興をはかり
地域経済の活性化につとめる、

などと訴えています。

ネット上には、このような声も

居住実態がない候補者の当選は
N国党の専売特許と思っていたが
自民党もか!

無投票ではなくなった今回
「松倉」氏は有権者から
選ばれるのでしょうか?

選挙の結果に、
当サイトでも注目していきたいと思います!

というわけで今回は、
2020年の「岩手県議会議員・再選挙」に出馬している
「松倉史朋」氏についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。