2018年の箱根駅伝のスタートが
いよいよ明日となりましたね。

箱根駅伝については、こちらの記事で詳しくまとめています

全日本よりも距離が長く、
厳しいコースと言われている箱根駅伝。

注目はやはり、4連覇を狙う
王者「青山学院大学」でしょう。

長距離に強く、選手層の暑さが強みの青学ですが、、、

圧倒的なスピードで挑む東海大学に対し、
総合力で挑む青山学院大学。

「原」監督が率いる王者青学は、
今回の箱根には一体、どのような作戦で挑むのでしょうか?

今回は、2018年の箱根駅伝に出場する
青山学院大学の駅伝部のメンバーをまとめて見ました!

青山学院大学の2018年の駅伝部メンバーをまとめて見た!

12月29日に発表された青学の区間エントリーは以下となっています。

1区 鈴木
2区 森田
3区 田村
4区 橋詰
5区 竹石
6区 小野田
7区 神林
8区 山田
9区 近藤
10区 吉永
補欠 下田 橋間 梶谷 中根 吉田 林

当日(2日)の朝には、
4名まで、補欠からの変更が可能となっています。

復路のキーマンとも呼ばれる「林」選手、
当日(9区など)の活躍も期待されています。

「橋詰」選手の序盤での勢い、
全日本で区間4位の走りを見せた
「竹石」選手の活躍にも注目したいところですね。

1月3日追記)原監督は、8区に、下田選手を投入するようです。

復路には、小野田選手が
6区に控えており、
体制は磐石となっていましたが、

6区の小野田選手は3日、往路優勝を果たしトップを走っていた
東洋大の今西選手(2年)を追い抜き、
現在は、青学がぶっちぎりの首位となっています。

青学の原監督の考えとは??

今回、キーマンと言われている選手を3区に起用し、
前回(2017年)の優勝メンバーである
「森田」選手を2区、「小野田」選手を6区(3年連続)に起用した原監督。

「小野田」選手は、3年連続で6区を走ることに

箱根駅伝の勝ち方を熟知しているという原監督

毎回、10人の区間配置は絶妙だと言われている「原」監督ですが、
今回もその巧みな陣頭指揮で、
チームの勝利を引き寄せることができるのでしょうか?

これまでに出場した3大駅伝で、合計6回、区間賞を獲得している「田村和希」選手

前回は、7区で思わぬ失速をしてしまい
区間11位に沈んでいた田村選手。

今回は出雲、全日本と連続で区間賞を獲得されており、
この調子のままで箱根駅伝に臨めるか

田村選手の走り次第で、
レースの流れが大きく変わるとも言われています。

2年連続で、8区の区間賞を獲得し
田村選手と並ぶエースである下田選手は、
今回も(3年連続)で、補欠となっています。

左足裏のマメに不安を抱えていた下田選手

出雲や全日本では万全の状態で走れていなかったみたいですが、今回の箱根ではどうなんでしょうね。

東海大、神奈川大と並び、
3強と言われている青山学院大学ですが、
混戦が予想される中、

果たして、王者としての意地を見せつけて、
出雲や全日本での雪辱を果たすことができるのでしょうか?

レースの結果が判明次第
追記していきたいと思います!

というわけで今回は、 2018年の箱根駅伝に出場予定の
青学駅伝部のメンバー監督についてまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

スポンサーリンク