2018年2月9日から韓国の平昌(ピョンチャン)で
冬季オリンピックが開催されます。

今回は、スキージャンプやマススタート(スケートの新種目)など
日本が得意な競技が追加されており、
メダル獲得への期待が高まっています。

フィギュアやスピードスケートでは、
すでに代表選手が決まっているとのこと。

そのような中で、ネット上からは、
「五輪が中止になるのでは?」との声が
多くあがっているようです。

オリンピックが中止になる程だなんて、
一体、何があったのでしょうか??

今回は、2018年の平昌五輪(オリンピック)について
中止の噂のほか、辞退するかもしれない国をまとめてみました!

平昌オリンピック(五輪)は北朝鮮のおかげで中止もあり得る?不参加の国とは?

2018年1月4日現在、平壌五輪への参加が
未確定となっているのが米国の選手です。

北朝鮮の情勢が緊迫する中で
敵対国の選手の参加は
危険ということなのでしょう。

このままいくと、日本や欧州各国も追随する形となり、
最悪の場合、五輪自体が中止となる可能性も。

有事が起きてからでは遅いですからねー。

この情勢の中で、観客も集まらなさそうですし

現在までに、参加が危ぶまれているのは
ドーピングが発覚した「ロシア」の選手のみ。

ネット上からは、日本の不参加を望む声も多く寄せられています。

今回は「北朝鮮」が参加表明をしていたみたいですが、
このままでは、アメリカの不参加が決まるかもしれません。

安倍首相が参加するかどうかも、不明のようです。

2020年には、東京オリンピックが開催されますが、
小池知事は、今回の開会式への参加を見送ったようです。

いずれにせよ、今回の五輪に対する各国の対応が、
今後の外交にも大きく影響しそうですね。

というわけで今回は、2018年の平昌五輪について
中止が噂される理由などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

森喜朗はなぜ偉い?五輪ジャニーズへの利権や舛添との関係も

北朝鮮の重大発表とは何だったのか?これまでの内容をまとめてみた!

安倍首相のオリンピック開会式への本当の参加理由は?ASEANの今後や予定任期
北朝鮮の資産凍結される35団体や個人一覧!対象はどこで今後はどうなる?
建国記念の日2018の右翼の行動がヤバい?反対パレードをする意味も

スポンサーリンク