羽生選手

2018年2月の平昌五輪で、金メダルを獲得し
66年ぶり史上3人目となる
男子シングル連覇を果たされた「羽生結弦」選手。

ケガに悩まされながらも2連覇を達成した「羽生」選手に対しては、
「実はクリスチャン(キリスト教徒)なのではないか?」
といった噂も。

羽生選手が、キリスト教の信者だなんて、
一体、どういうことなのでしょうか?

今回は、羽生選手が試合前に行う動作の意味や
クリスチャンだと
言われている理由をまとめてみました!

羽生結弦が十字を切る理由はクリスチャンだから??

ステージ上での演技を行う前には毎回、
胸の前で十字を切るような
動作をすることで有名な「羽生」選手。

この動作には一体、どのような
狙いがあるのでしょうか?

演技がスタートする前に、十字架の印して、
その後で、へその辺りで
もう一回横にするんだけど、あれは何?

「クリスチャンなの?」
「ひょっとして神の申し子か?」

実はこの動作は、体幹の軸を安定させて、
ジャンプの失敗を防ぐ
羽生選手ならではのおまじない
、なのだそうで

過去のインタビューで、
そのように答えていたとのこと。

宗教とは全く関係が無いそうで
十字架でもなく
長方形に近い形をつくることで、肩や股関節の位置を平ら(平行)にする狙いがあるようです。

十字架を切るような動作をする際の
縦の動作は
軸を真っ直ぐに保つための意識だそう。

クリスチャンだから
というわけは
なかったようですね。

だからと言って、羽生選手が100%キリスト教の
信者では無い、
とは断言できませんが、

少なくとも、プレーの前に行う動作と
「羽生」選手の宗教は
関係がなさそうですね。

過去には、十字架の衣装を着てステージに
立ったこともある羽生選手ですが

羽生選手と十字架は、
切っても切れない
関係なのかもしれません。

このような声も

メディアは、これ以上「羽生」選手に
被災地の十字架を押し付けるなよ、
二十歳そこそこの若者に、これ以上の重荷を背負わせてどうする?

今回の平昌五輪では、国民の期待という
十字架を、
その身に背負う羽生選手。

ちなみに、プレーの前には
十字架の動作ではなく、
合唱を行うこともあるそう。

今回の五輪では、十字架切りと
合唱の両方を
されていたようです。

「羽生」選手が17日のSPを始める前に
合掌して心を落ち着かせてたな!
フリー演技の前には、胸の前で
十字架を切ってのを見たよ。

やっぱりキリストなのかな???
テーマ曲は陰陽道(おんみょうどう)だったけど。

陰陽道・・・陰陽思想や占術などの中国思想をベースに、
仏教や神道の要素も
取り込んでできてきた信仰のこと。

これまでに、数々の軌跡を起こしていた羽生選手なので
そういった目に見えないパワーも
味方につけていたのかも。

現在までの活躍は、周囲の方々のおかげだと語る羽生選手。

羽生選手の強さの秘密は、まだまだほかにもありそう。

国内外問わず、女性のファンが多い羽生選手!

世界中の女性から大人気であり
何気ない動作ですら
注目を集めてしまう「羽生」選手ですが、

今後ますますの活躍を、
応援していきたいと思います。

というわけで今回は、「羽生結弦」選手が
試合前に行う
動作などについてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事

宇野昌磨の実家の父親や祖父が凄すぎw弟も未来のスター選手か?

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。