W杯の開幕まで、残すところわずかとなりましたね。

各国の代表が集う中で、
日本を背負う出場選手にも
注目が集まっています。 

今回ご紹介するのは、ディフェンダーおよび
ミッドフィールダーである「長友佑都」選手。

豊富な運動力で、チャンスメイクもできる
屈強なサイドバックとして知られる長友選手ですが、

4年前のブラジル杯では、一勝もできず、
悔し涙を流していました。

果たして、今回のW杯では
どのような活躍を
見せてくれるのでしょうか?

今回は、W杯の日本代表である「長友佑都」選手への海外の反応
評価などをまとめてみました!

そのほかの日本代表については、下記の記事で詳しくまとめています。

長友選手への海外の反応や評価まとめ

6月10日には、金髪で姿を現し、
イタリア人などから、スーパーサイヤ人だ、
などと呼ばれていた長友選手。

W杯を控え、気分転換の意図もあるようですが、

そのほかには、ナルトやピカチュウ、
石崎了(キャプテン翼)、
ドナルドトランプ、といったあだ名も。

いろいろ言われていますが、アニメ「金色のガッシュベル」の
キャンチョメが、しっくりきそうです。

国内からは、似合う、似合わないなど様々な声も。

昨年の1月に、平愛梨さんとご結婚された長友選手。

日本代表の中では、ややチャラついた?
イケイケな選手のイメージがありますが、

結果が出ない中での、パリピ感を強めるような行動に、
「日本人の心を忘れている」などと
一部からはバッシングも受けていたようですが、、

批判していた方は、チームの責任を取って坊主で出場しろ、
とでも言いたいのでしょうか。

まぁ、確かに年齢にそぐわない、中二病のような髪型や色なので、
あまり良く思わない気持ちも
わからなくもないですが、

金髪は、長友選手なりのチームへのメッセージではないか?との声も。

欧州のチームで評価される日本勢の一人、
などとも言われている長友選手ですが、

クロスがそこまで上手くなく、
攻守がイマイチといった評価も。

国内からは、世代交代を望む声も。

パラグアイ戦はベンチから味方を
鼓舞する応援団長として、
チームの精神的支柱なっているとも。

インテル時代、常に安定した成績を残してきた長友選手に対して
海外メディアからは、
「最も過小評価されている日本選手」との評価も

長友選手はインテルからガラタサライに移籍するのか? 

7年間活動した、イタリアのインテルから
トルコのガラタサライへの
移籍を希望されていた長友選手。

現在は、今期が終わるまで
期間を限定して
プレーされていますが、

リーグ戦では12試合連続で先発し、3アシストをマークするなど
3シーズンぶりのリーグ優勝に
大きく貢献されていたようです。

インテルでは、完成されたサイドバックなどと呼ばれ、
常にアグレッシブかつ、左右高低も関係ない、

高度なプレーができる名選手との
評価をもらっていた長友選手ですが、

インテルミラノが、移籍金400万ユーロ(約5億円)を求めていることに対し、
ガラタサライが提示した額は、200万ユーロ(約2億5000万円)と、
双方の提示する金額には、開きがある状態だ

インテルで、熾烈なレギュラー争いを繰り広げてきた長友選手は
どこのチームでも、通用しそうですよね。

まとめ

30を超えてもなお、圧倒的な運動量を誇り、
西野ジャパンのDF(ディフェンダー)として、
代表入りされている長友選手。

5月30日のガーナ戦での成績は(0-2)

6月8日に行われた親善試合のスイス戦で
0-2と敗れた西野ジャパンに対し、

全然イケない、意識が足りない、
などと不満を漏らしていたようで、、、、

親善試合には、左サイドバックとして出場されていたものの
攻めきれないチームの様子に、
「走りが希薄だ」などと

辛口のコメントを出されていました。

相手が崩れているところでボールを取って、
その間を誰かがスプリント「ダッシュ」して抜けるとか。

抜けるからこそ、足もとが生きるわけで、

ちょっとその、走る意識が欠けていると思う

親善試合パラグアイ戦には出場しなかったものの、
日本代表は、最終戦でようやく
勝利を飾っています。

W杯の初戦を戦うのは、前回(2014年)の
グループリーグにて
1−4で敗北していたコロンビア。

今年1月に移籍したガラタサライで、持ち前の躍動感と
アグレッシブな
攻撃参加を取り戻した長友選手(31)。

守備面での1対1の強さで、
サイドバックの地位を
不動のものに

過去2回の出場経験を生かし、日本代表の精神的な柱として
攻守の両面から、チームを
引っ張っていっていただきたいですね。

というわけで今回は、W杯の日本代表である
「長友佑都」選手に対する海外の反応
国内の評価などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!


関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

昌子源の国籍や韓国への考え方とは?米子北高校時代や評価もまとめ

スポンサーリンク