日本が誇る天才ドリブラーであるFW「乾貴士」選手(30)。

昨日に行われた親善試合のパラグアイ戦(世界ランク32位)では、
後半にゴールを決めて
一対一の同点に持ち込み、

FIFAランキング61位の日本チームは、
その流れで
逆転の初勝利を掴みました!

後半には、(気持ちとともに?)スパイクも替えていようですが、

CBの「昌子源」選手が持ち上がると、
「香川」選手に縦パスを供給。

受けた香川が「乾に」落とすと、これを右足一閃、ミドルシュートを決めた!

初挑戦となる今回のW杯を
「サッカー人生最大の挑戦」
と表現する「乾」選手ですが

「シーズン終了直前に怪我をしてしまったものの
治療が間に合っていたようで、

今回は、サムライブルーを背負って立つ「乾」選手について、
移籍先と言われているベティス
海外の反応などをまとめてみました!

乾貴士(選手)の年俸(年収)やベティス移籍金が凄すぎ?

名前:乾 貴士(いぬい たかし)
生年月日:1988年6月2日(30)
所属:SDエイバル(スペーン)
前所属:アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)
出身:滋賀県
身長(体重):169cm(59キロ)
国際Aマッチの成績:25試合・2得点

2021年までの3年間、MF(ミッドフィルダー)として
レアル・ベティスでプレーすることが
正式に決定した「乾貴士」選手。

野洲高校をご卒業されており、今回がワールドカップ初出場。

スペインのサッカーリーグである
「リーガ・エスパニョーラ」では、
今期、34試合に出場して5得点をマーク。

3シーズン在籍した「SDエイバル」では
通算94試合に出場し、
11ゴール・12アシストという好成績でした。

乾選手は、2007年から横浜F・マリノスでプレー、
2008年には、セレッソ大阪に。

セレッソでは、香川選手と共にプレーしたこともあったようで、

2011年にはドイツ2部リーグのボーフムでプレー
翌年には1部リーグのフランクフルトへ移籍し、

2015年から現在まで、
スペイン1部リーグである
「エイバル」に在籍していました。

年収こそ公開されていませんが、
エイバルへの移籍金は、
最高額の4080万円と言われ、

ベティスはそれを超えてくることが予想されます。

リーガエスパニョーラの年俸(1部)は、
最低でも1750万円以上だそうで、

それ以上は獲得していることでしょう。

1億円近くもらっているという噂もありますが、

年収は、3.9億円とも言われており、
これは日本代表の
選手の中で4番目に高い数字です。

背番号14番の乾選手!日本代表としての海外の反応も 

昨日に行われた親善試合では、
香川選手との鮮やかなコンビネーションが
話題となった乾選手。

そんな乾選手に対し、海外からは以下のような反応が

乾は本当にいい選手だ、ロシア杯では注目していきたい

シンジのアシストが生き生きしてるね

日本チームは、噂ほどには悪くないじゃないか??

サイドアタッカーとしての
突破力が光る乾選手ですが、

W杯に向けた最後の強化試合で、
2度にわたりゴールを決めた
乾選手に対して、

所属予定のベティスの地元メディア「Sevilla info」からは、
賞賛の声があがっていたようです。

乾選手のポジションはMF(ミッドフィルダー)

以前はFWの選手でしたが、向いていると思われたMFに転身。

MF(ミッドフィルダー)はゴールへのアシストやトラップなど
敵からボールを奪ったり、
ミドルキックで得点を狙うなど、役割はさまざま

勝ち方や、攻守の方法など
多岐にわたり考えを巡らせる必要があり、

ゲームメイクを考えてバランス良く
プレーすることが求められます。

25日追記)コロンビア戦でも、チームに貢献し、
24日のセネガル戦では、前半に同点ゴールを決めた乾選手。

さらには、左サイトから本田選手へのアシストも、

乾選手が、思いきって打った結果がゴールとなり、
試合は2−2の同点に、勝ち点4となり、
決勝トーナメント進出の可能性が高まりましたね。

試合後には、イギリスのメディアスカイスポーツ」による
マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれており

敵陣でのパス成功率に関しても
昌子選手に次ぐ
高い評価だったようです。

そんな乾選手のW杯での
さらなるゲームメイクに
期待していきたいですね!

というわけで今回は、W杯日本代表の「乾」選手について、
移籍先と言われているベティス
海外の反応などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

植田直通(選手)のテコンドー経歴が凄すぎ?怪我を気にせずプレーできるワケも

長谷部誠のキャプテン歴が長い理由とは?ロシア杯の評価やプレースタイルも

FIFAランキングで日本が低い理由とは?過去最高の順位は歴代選手のおかげだった?

スポンサーリンク