2018年に、神宮球場で行われた
明治神宮野球大会・高校の部で、

初出場ながら、
北海道勢として13年ぶりの
優勝を果たした札幌大谷(おおたに)高校。

甲子園への出場経験はなく、

創部からわずか11年目である
大谷高校の野球部は

キャプテンの飯田捕手や
ストレートの最速142キロのエース
西原投手などを有しています。

付属の中学にも硬式野球部があり
中高一貫である札幌大谷は、

6年かけて信頼関係を築いたことによる
互いを知り尽くした最強のバッテリーで
甲子園での勝利を目指します。

近年、力を増していると言われていた札幌大谷ですが、
その指揮をとる
「船尾隆広」監督に注目が集まっています。

2019年3月23日にスタートし
甲子園球場で行われた
選抜高校野球(春季大会)

その1回戦で、初勝利を飾り
2回戦へと
駒を進めていた大谷高校。

甲子園初勝利の
立役者とも呼べそうな船尾監督ですが

どのような人物なのでしょうか?

今回は、大谷高校(野球部)の船尾隆広(監督)について、
その経歴や家族などをまとめてみました!

船尾隆広(監督)経歴がスゴ過ぎる?過去には日本代表として活躍していた?

名前:船尾隆広(ふなお たかひろ)
生年月日&年齢:1971年5月31日
身長:173cm
体重:68㎏
出身:北海道:松前町(まつまえちょう)

2018年秋に行われた高校野球(北海道)の
秋季大会にて、
全国行きの切符を手にし、

今年行われた1回戦で
記念すべき初勝利をあげていた

大谷高校の「船尾隆広」監督ですが、

函館大有斗(はこだてふぞくゆうと)高校の
ご出身であり、

1987年(夏)、88年(春)と
連続で甲子園を経験しています。

右投げ左打ちの外野手であり、
1年時から
レギュラーとしてご活躍。

卒業後は、「新日鉄室蘭」で
社会人野球をスタート。

95年からは、NTT北海道で活躍されています。

97年のインターコンチネンタル杯で
キューバを破り世界一となった
日本代表のメンバーでもあったようで

この年の日本代表は、キューバの連勝を
「151」で止める
快挙を成し遂げていたそう。

インターコンチネンタル杯・・・「国際野球連盟」主催で行われる
野球の国際公式マッチのこと。

大谷高校は、指導陣に
恵まれていますね!

船尾監督は結婚してる?タカアンドトシとの関係も

中高一貫校である大谷高校の野球部
(2009年に創部)で
指揮をとる船尾監督。

ちなみに、タレントの里田まいさんは
大谷高校の卒業生(OG)です。

マー君こと、ヤンキースの「田中将大」投手とご結婚された里田まいさん。

すでにご結婚されており、息子さん一人
娘さんが一人
いらっしゃる船尾監督ですが、

2018年の正月には、
10代と思われる息子さんと一緒に
書き初めをして

「甲子園」としたためた作品を

1年間リビングに
飾っていたようです。

実は、お笑いコンビ「タカアンドトシ」の
トシさん(42)の従兄弟(いとこ)
だという船尾監督。

船尾監督のお母様である節子さんは
トシさんの父親であり
松山千春さんの元マネージャーだった三浦法人さんと姉弟だそう。

船尾監督とトシさんを
見比べてみると
どこかお顔が似ている気も。

明治神宮野球大会・高校の部で優勝した際には、
トシさんからも
お祝いのコメントをもらっていたという船尾監督。

親戚中が、才能に
恵まれていて羨ましいですね!

船尾監督は指導方法も超一流だった?

2019年からは、雪上ダッシュと雪上でのサ一キットトレーニングを
新たにスタートさせた船尾監督。

そんな船尾監督の指導法ですが、
選手一人ひとりの個性を
フルに発揮させため

必要以上の注意や指導は
行わないのだそう。

選手一人ひとりが、
自主的にプレーしていくことで
創造性を最大限に発揮させる

そのような指導を行っているようです。

自立型の選手を育てる、
という点では、
大阪桐蔭の西谷監督のやり方にも似ていますよね。

まとめ

今年(2019年)に行われた
春季大会の1回戦では
高校の歴史に残る

初勝利を飾った大谷。

2回戦は、横浜にうち勝った
あの明豊が相手ですが、

大谷ならではの練習方法で
選手を強化してきた船尾監督は

チームに二度目の勝利を
呼びせることができるのでしょうか?

監督に采配に
注目していきたいですね!

というわけで今回は、
大谷高校(野球部)の船尾隆広(監督)について、
経歴などの情報をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。