ラグビーW杯の準決勝ニュージーランドVSイングランド戦の
見逃し配信
フルで無料視聴できる方法をお伝えします。

2016、17年のテストマッチ18連勝
(世界最多タイ)
を記録していたイングランド代表と

ワールドカップ3連覇を狙う
ニュージーランド代表(オールブラックス)による
決勝進出をかけた一戦!

地上波での生中継は
NHK(総合)やJSPORTSなどで配信されます。

当日に、リアルタイムで試合が見れない方
もう一度見たくなった方

翌日以降に、動画配信サービス
U-NEXTで試合を楽しむことが可能です!

今回の記事では、ラグビー・ワールドカップ準決勝
【イングランドVSニュージーランド戦】の
見逃し配信を無料で視聴する方法をお伝えします!

(※本ページの情報は2019年10月23日時点のものです。
最新の配信状況は
「U-NEXT」公式サイトにてご確認ください。)

↓U-NEXTへの登録は以下からできます↓

U-NEXTでラグビーの見逃し配信を無料視聴できる♪

ラグビー・ワールドカップ準決勝「ニュージーランドVSイングランド戦」の見逃し配信は、

U-NEXTなどの
動画配信サービスでの無料視聴が可能です。

日本最大級の動画サービスである「U-NEXT」は、

ドラマや映画、アニメといった
一部の最新作から名作まで、14万本が見放題
(有料の動画レンタル作品は2万本)

見放題作品の例↓

U-NEXTは、月額料金1990円(税別)で
上記の作品(約14万本)が見放題
雑誌も70誌以上が読み放題な上に

毎月、継続利用でもらえる1200ポイント(1ポイント1円分)を使用すれば
最新作などの有料作品も
レンタル視聴できます。

※U-NEXTには、月額料金で見放題の作品
ポイントでレンタル(購入)する作品の2種類が存在しています。

例)↓テレビアニメ「ONE PIECE」最新話を見るには110円分のポイントが必要

↓例2)昔のONE PIECEアニメは見放題作品なので、ポイント無しで視聴可能

今回のラグビーワールドカップは
ポイントを使用して
視聴する作品
になります。

そんなU-NEXTには、31日間の無料トライアル期間があり、期間中は見放題の作品が※無料
さらには、登録時に600円分の無料ポイントがもらえるので

ポイントを使用すれば、
最新作などの有料作品や
NHKオンデマンド※の視聴も可能に♪

※NHKオンデマンドとは・・・NHKが放送した番組をPCやスマートフォン、
タブレットなどに
有料配信する動画サービスのこと。

↓NHKオンデマンドのイメージ↓

U-NEXTのポイントを利用するれば0円で見れる↓

W杯は、1試合220円(220ポイント分)で見れるので

U-NEXTの無料トライアル開始時にもらえる
600ポイントを使用すれば

あなたが見たい2試合分の番組を
無料で見ることができる、
というワケです!

※ラグビーW杯のNHKオンデマンドでの配信期限は
2019年11月30日までとなっています。

↓U-NEXTへの登録は以下からできます↓

U-NEXTの登録までの流れ

※U-NEXTの登録方法をお伝えします。

今回はスマフォでの登録方法を解説しますが
PCでのやり方も
ほどんど同じです。

手順1:↓U-NEXTのサイトにアクセスし、「31日間無料」ボタンを押す↓

>>>U-NEXTのサイトへはこちらから

手順2:「特典1」「特典2」
などと書かれた画面に飛ぶので

メールアドレスなどの
お客様情報を入力して「次へ」を押す↓↓

手順3:支払い情報(クレジットカード)を入力し、
登録内容や入力情報を確認後に、
「送信」ボタンを押せば登録完了です!

※以上が、登録方法までの流れになります↑

⇓解約も簡単!!お客様情報の入力は最短1分で終わります。⇓
>>>U-NEXTの無料トライアルはこちらから

注意※ワールドカップの全試合を
配信するワケではないので、

配信予定の試合は
NHKオンデマンドの
公式HPをご確認ください。

U-NEXTが気に入らなかった場合、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。
>>>U-NEXTを31日間無料で楽しむならコチラをクリック

(※本ページの情報は2019年10月23日時点のものです。
最新の配信状況は
「U-NEXT」公式サイトにてご確認ください。)

ニュージーランド対イングランド戦は注目のカード

今年8月に、ウェールズに首位を譲るまでは
およそ10年にわたり
世界ランク1位の座を守り続けてきたニュージーランド代表。

オールブラックスの相性で
親しまれるニュージーランドですが、
W杯の優勝回数は3度。

スティーブ・ハンセン監督のもと、

キーランリード主将を筆頭に
FWは仕事量が多く、
BKも粒ぞろいです。

基本技術の精度に裏打ちされた
アンストラクチャー(チームの陣形が整っていない状態)での
圧倒的な強さは、

ラグビーの世界最強国ならでは。

準々決勝でアイルランドを圧倒していたオールブラックス

対するイングランドは、ラグビーの発祥国として知られ

前回(2015年)のワールドカップでは、

開催国でありながら
1次リーグ敗退という
屈辱を味わうも、

初の外国人指揮官である
エディージョーンズ氏のもと、
復活を果たし、再び優勝候補に。

準々決勝でオーストラリアに40−16で勝利していたイングランド

オーウェン・ファレル選手や、
ソニービルウィリアムズ選手といった
イケメンラガーマンたちも

試合を盛り上げてくれること間違いなし。

最後までワールドカップを
楽しんじゃいましょう♪

>>>U-NEXTをさらに詳しく