人気ユーチューバーとコラボせず、
チャンネル開設からわずか1年半ほどで
登録者130万人に到達していた水溜りボンド。

2019年2月現在のチャンネル登録者数は370万人と、今や大人気のユーチューバーに。

「トミー」さんと「カンタ」さんによる

「わざわざやるまでではないけど、
なぜか気になること」

のネタが好評です。

「水溜りボンド」というコンビ名は、

二人がバイト帰りに単語を出し合って
水溜り(トミーさんの案)+ボンド(カンタさんの案)
という感じで決めたそう。

今回は、そんな「水溜りボンド」の「カンタ」さんについて、
プロフィール情報などを
中心にまとめてみました!

英語力がスゴいと評判のカンタさんなので、
気になるハーフの噂も調べてみました!

水溜りボンドのカンタが可愛いと話題に!

小動物のような可愛さをお持ちの「カンタ」さん。

守りたくなる表情や仕草が、
ファン(おそらく女性)には
たまらないのでしょう。

このような声も↓

カンタって結構イケメンじゃねw?

過去には、ジブリの映画作品に出演したことも??

「お前んち、おっ化けや~し~き~!」
おばあちゃん「カンタァァッッッ!!!」

スポーツをしそうにない
カンタさんですが、

幼稚園から取り組んでいた剣道で
全国大会に出場し、

小5、小6のときは
全米の大会で
優勝したそう。

バスケも得意みたいですね。

バスケをしているカンタ本当にカッコいい!!

ちなみにカンタさんは、日本一リプライとフォローを繰り返す男
を目指しているみたいです。

動画の感想をもらうことが、
カンタさんの喜びだそう。

人気者になった現在も、

視聴者からのリプを
全て返している「カンタ」さん。

謙虚な姿勢は好感を持てますが

持ち前のマメさも、カンタさんが
支持される理由なのかも。

カンタと「ぶんけい」は似ている?

あちこちで目撃情報が
報告されている「カンタ」さん。

「カンタ」さんに似ている人は
町中にいそうですからね。

カンタ ぶんけい

ネット上には、「パオパオチャンネル」でおなじみ
踊り手の「ぶんけい」さんと
カンタさんが似ている

といった声も。

「カンタ」さんと「ぶんけい」さんは
2016年12月に
コラボ動画をアップしていました。

二人とも可愛い~。
踊っているカンタも可愛い!!

こんなコメントも↓

カンタと「ぶんけい」は似ていると思ったけど、
二人で並んだ動画を見ると、
そこまででもないかな~。

パッと見、雰囲気が
似ている感じでしょうかね~??

カンタのハーフの噂は本当?

本名:佐藤・マイケル・寛大
生年月日:1994年4月4日
血液型:B型
身長:167cm

ハーフだと噂されているカンタさんですが

本名は、佐藤・マイケル・寛大だそう。

マイケルという顔では
ない気がしますが。(笑)

実際は、ハーフではないそうで
両親は純粋な日本人みたいですね。

海外で生活していると
子供にミドルネームをつけることが
多いようです。

幼い頃から、両親の都合で、
アメリカやインド、シンガポールなどの国々を
転々としていたカンタさん。

カンタ ハーフ

「青山学院大学」に入学後、

お笑いサークルに入ったカンタさんは、
相方のトミーさんと

お笑いコンビ「水溜りボンド」を結成していました。

ユーチューブでの活動をスタートしたのは、

舞台に立つよりも多くの人に見てもらえるから
だそうです。

二人が憧れるユーチューバーは
「はじめしゃちょー」とのこと。

カンタの英語力がスゴいって本当?

ハーフだと思われていたためか

「英語力が高いのでは?」とも
噂されたカンタさんですが、

本人いわく英語科目は得意だけど
そこまで高くはない
そうです。

「しばらくお待ち下さい」を「Now Loading」って書いて
違和感を感じないのは
俺だけじゃないはず。(カンタさん)

過去の動画では、
日本を訪れた外国の方に
流暢な英語で話しかけていたカンタさん。

カンタに英語で告白されたい!

発音もスゴい、と言われているカンタさんですが、

アメリカ滞在中に
本場の音が出せるようになったのかも。

まとめ

事務所UUUM(ウーム)に所属しており、
今後ますますの活躍が
期待される水溜りボンド。

もともと、過激な動画をウリにしている
わけではないので、

事務所に入ったことで、ネタに制限がかかって
動画の内容や質が変わる
心配は無さそうです。

カンタさんには、その才能を活かして
「水溜りボンド」の名を
世界中に広めていただきたいですね!

というわけで今回は、人気ユーチューバー「水溜りボンド」の
カンタさんについて
プロフィール情報などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。