有名なユーチューバーとコラボせず、
チャンネルを開設してからわずか1年半ほどで
登録者130万人の大人気ユーチューバーとなった水溜りボンド。

2019年2月現在の登録者数は370万人。

「トミー」さんと「カンタ」さんの二人による
「わざわざやるまでではないけど、
なぜか気になること」

のネタが人気のようです。

「水溜りボンド」というコンビ名は、バイト帰りに二人で単語を出し合って
水溜り(トミーさん)+ボンド(カンタさん)
という感じで決めたのだそう。

今回は、そんな「水溜りボンド」の「カンタ」さんについて、
プロフィールなどの情報を
中心にまとめてみました!

英語力がスゴいと話題のカンタさんなので、
気になるハーフの噂についても調べてみました!

水溜りボンドのカンタが可愛いと話題に!

小動物のような可愛さをお持ちの「カンタ」さん。

守りたくなるような表情や仕草が、
ファンの女性には
たまらないのでしょう。

男性からもカンタさんがイケメンという声が?

カンタって結構イケメンじゃねw?

となりのトトロに出演したことも??

「お前んち、おっ化けや~し~き~!」
おばあちゃん「カンタァァッッッ!!!」

スポーツしそうなイメージの無い
カンタさんですが、
過去には、剣道で全国出場を果たされたことも。

剣道だけでなく、バスケも得意みたいですね~。

バスケしてるカンタ本当にカッコいい!!

ちなみにカンタさんは、日本一リプライとフォローを繰り返す男
を目指されているみたいです。

視聴者から動画の感想をもらえることが、カンタさんの喜びなのだそう

人気者になった今でも、1日5キロの距離をマラソンしながら、
視聴者からのリプを
全て返しているという「カンタ」さん。

まさにユーチューバーの鏡ですよね~。

謙虚でストイックな姿勢やマメさも、
カンタさんが人気の理由なのかも。

カンタと「ぶんけい」は似ている?

あちこちで目撃情報が
報告されている「カンタ」さん。

「カンタ」さんに似ている人は
町中にたくさんいそうですからね~。

カンタ ぶんけい

パオパオチャンネルでおなじみ
人気の踊り手である「ぶんけい」さんと
カンタさんの顔が似ている

との声も。

「カンタ」さんと「ぶんけい」さんは
2016年12月に
ライブでの共演動画をアップしています。

二人とも可愛い~
踊っているカンタさんも可愛い

一方でこんなコメントも

カンタと「ぶんけい」似ていると思ってたけど、
二人並んだ動画を見ると、
そこまででもないかな~。

パッと見の雰囲気が
似ている感じでしょうかね~。

水溜りボンドのカンタの英語力がスゴい!ハーフの噂は本当?

本名:佐藤・マイケル・寛大
年齢:22歳
出身:マレーシア

本名は、佐藤・マイケル・寛大だというカンタさん。

マイケルって感じの顔では
ない気もしますが。(笑)

幼い頃から、アメリカやインド、シンガポールなど
両親の都合で、
数々の国を転々とされていたそう。

カンタ ハーフ

青山学院大学に入学後、お笑いサークルに所属されたカンタさんは、
相方のトミーさんとお笑いコンビ
「水溜りボンド」を結成されています。

舞台に立つよりも、より多くの人に
見てもらえるという理由で、
ユーチューブをスタートされたのだそう。

二人の憧れるユーチューバーは
「はじめしゃちょー」とのこと。

カンタの英語力がスゴいって本当?

ハーフとのことで、「英語力が高いのでは?」と噂のカンタさんですが、
本人は「英語科目が得意なものの、そこまで高くない」などと、
謙遜されていたそう。

「しばらくお待ち下さい」を「Now Loading」って
書いて違和感を感じないのは
俺だけじゃないはず(カンタ)

外国人に、流暢な英語で話しかけているカンタさん
(これだけでもスゴいですよね~)。

カンタに英語で告白されたい

発音もスゴいと評判のカンタさんですが、

アメリカに住んでいた頃に、
本場の音を覚えていたのかも。

まとめ

UUUMにも所属し、今後ますますの活躍が
期待されている水溜りボンド。

もともと、過激系のユーチューバー
というわけではないので、

事務所に入ることで、ネタに制限がかかって
動画の内容や質が変わる
といった心配は無さそうですね。

そのほかのUUUM所属のユーチューバーはこちらの記事に

カンタさんには、生まれ持った才能や環境を活かして
「水溜りボンド」の名を
世界中にとどろかせていただきたいですね。

というわけで今回は、人気ユーチューバー「水溜りボンド」の
カンタさんについて
ハーフの噂などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。