かつて「マネーの虎」に出演されていた
出張トラブルバスターズの
黒澤さんを覚えていますか?

黒澤さんは、個人などをターゲットに
PC修理やメンテナンスを行う
救急パソコンドクターの会社を設立する資金がほしいと

670万円を希望していた志願者です。

今回の記事では、そんな救急パソコンドクター
「黒澤文昭」さんのマネー成立から、
現在までの活動をまとめてみました!

夢は自社ビルを建てること!パソコン修理屋のマネー成立までをまとめてみた

「パソコン修理に費用を
かけられない顧客に対し、

安価で修理を行う
パソコン救急ビジネスを展開したい」と

マネーの虎で670万円の投資を
希望されていた「黒澤」さん。

ターゲットの家まで
営業者で向かう際の、

修理サービスの出張にかかる費用を
無料にするという
非常にありがたいサービスです。

「コンセプトがユニークで面白い」などと
当時の虎たちから
高評価を受けていた黒澤さんですが

ガソリン代などの経費までを
希望の金額に
含めていたため、

「自分でやれることは
まず自分でやれ」

などと

「堀之内」社長から
罵声を浴びせられてしまいます。

小林敬 現在

しかし、事業に対するの熱意などが
岩井&小林社長に評価され、
半分づつの投資を獲得。

「岩井」社長から

「あなたの最終的な
夢はなんですか?」と聞かれ

「埼玉に自社ビルを建てたい」
などと答えていた黒澤さん。

最終的には、自社のブランドを周知させ、

2年以内にフランチャイズ化することを
目標にしていたようです。

パソコン修理屋のその後は?バスターズは成功者に!

自己資本およそ350万円+投資金額(670万円)の
資本金1000万円で
会社をスタートさせた黒澤さん。

腰痛に悩まされ、犬に噛まれるなどしながら
奮闘するも、
オープン日の注文は0件

掲げた目標を達成できずに、
岩井社長に謝っていたのが印象的でしたね。

その1〜2年後、

「吉田栄作」さんが「黒澤」さんのお店を訪れると

なんとお店を3号店にまで拡大しており、

目標のフランチャイズ化も
達成していたようです。

車も5台に増えていたそうで
有言実行とは、
まさにこのことですよね。

マネーの虎に出演したときの
黒澤さんは36歳。

社長たちから
投資を受けた黒澤さんの会社は、
その後、月300万円を売上げ、

年商はなんと3500万円ほどに。

スタート当初の10倍にまで
成長していたようです。

2002年の8月に
「有限会社ケーズシステム」を設立した黒澤さんは
翌年には、FC展開をスタート。

2005年には、ウイルスバスターなどでおなじみ「トレンドマイクロ」の
レスキューパートナーに認定されていました。

事業内容は、PC(デスクトップ、ノートパソコンなど)
メンテナンスや販売
データの移行やウイルス対策などさまざま。

個別でのトラブルにも
対応可能だそう。

私も2018年頃に、
PCのウイルス駆除の件について
対応いただいたのですが、

電話応対も非常にアットホームな感じで

代表者の黒澤さんも
当時の雰囲気のままだったので、
安心しましたね!

現在は、出張費がかかるみたいですが、

営業エリアは全国6箇所に存在し、
持ち込める方であれば、

そちらの方が安く済むとのこと。

ちなみに、ビジネスをスタートしてしばらくは

小林社長の会社の
PC修理のお仕事も
請け負っていたみたいですね。

岩井社長には、FC(フランチャイズ)の際や
直営店のCMをローカルテレビで流す際に
相談に乗ってもらっていたようです。

テレビ番組内に15分ほどのコーナーを作ってもらい、

月1の出演で半年間
パソコンの使い方などを
レクチャーしていた黒澤さん。

さまざまな取組みのおかげもあってか

FCは最大で8店舗まで拡大していたそう。

ご自身での努力ももちろんのこと

家庭用のパソコンが普及したことも、
追い風となったのでしょう。

年商もすごい?

夢を諦めずに、コツコツと
努力を続けたことで
成功を掴んだ黒沢さん。

マネーの虎から、15年あまりが経過し、
年商はなんと
2億円を突破していたそう。

地域に根ざした経営を行い、
開業6年目には、

埼玉に自社ビルを立てることに成功。

夢を叶えていたようです!

「岩井」社長が投資した志願者は

現在も生き残っているケースが
多い気がしますね。

岩井社長は、人を見る目を
お持ちだったのでしょう。

2019年には、会社も17年目になったようで、
黒澤さんの今後に
注目していきたいところです。

というわけで今回は、株式会社バスターズの社長である
黒澤文昭さんの
現在までの活動をまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。