ラグビーW杯の決勝戦が
いよいよスタートしますね!

優勝1回、準優勝2回を誇るイングランドは

2019年11月2日に
南アフリカと対戦します。

初の外国人指揮官であるエディー・ジョーンズ監督の就任以来
2016、17年と
シックスネーションズを制覇し、

2017年にアイルランドに敗れるまで
世界最多タイとなる
テストマッチ18連勝を記録していたイングランド代表。

2019年11月1日現在の世界ランクは1位。

そんなイングランド代表の
サムアンダーヒル選手に
注目が集まっています。

まだ若いですが、
いったい、どんな選手なのでしょうか?

今回は、イングランド代表の
サムアンダーヒル選手について
特徴や凄さなどをまとめてみました!

サムアンダーヒルはイングランドのイケメン選手!ポジションや特徴もまとめ

名前:サムアンダーヒル
生年月日:1996年7月22日
身長:186cm(103kg)
出身:アメリカ
所属チーム:バース

サムアンダーヒル選手は、
スクラムの両面で左右から支える
FL(フランカー)のポジションで活躍されています。

最後尾中央でスクラムをコントロールする
NO8のポジションをつとめることも。

若手選手が多いイングランド代表ですが、
サムアンダーヒル選手は23歳。

オーストラリアの俳優サム・ワーシントン似のイケメン、との声も

ラグビーの街であり
ハリーポッターでも知られる
「グロスター」で育ち

クラブチームも「グロスター」に所属。

名門カーディフ大学に進学するため
ウェールズに移住し

プロ14に所属する
オスプリーズの選手として
活躍していました。

その後は、イングランドのU18(18歳以下)代表チームで
キャプテンをつとめた
サムアンダーヒル選手。

海外でプレーする選手の
チーム入りを認めない方針だった
イングランドですが

エディー・ジョーンズ監督が
協会に掛け合ったそうで

2017年には、アンダーヒル選手の
イングランドのバースへの移籍が決まり
代表選出が可能に。

国の代表として出場した2018年のシックス・ネーションズでは
ウェールズ代表に
タックルをおみまいし

勝利に貢献していました。

身体能力が高く、ボール争奪戦に長けている
アンダーヒル選手。

フランカー(背番号7番)として出場した
今回(2019年)のワールドカップ
ニュージーランド戦では

ハカに対抗するイングランド代表の一人として
顔のアップが
映像として流れていましたね。

「オールブラックスと戦う準備ができているぞ、
と示したかった」
(アンダーヒル選手)

アンダーヒル選手は筋肉も凄い

運動量の豊富さに加えて
岩のような筋肉が武器の
アンダーヒル選手ですが、

ニュージーランドとの試合中には、ボーデンバレット選手などへの
体を張ったタックルを
数回、成功させ

攻撃の流れを止めたことで
勝利に貢献、

試合の最優秀選手に
選ばれていました。

2018年のテストマッチでも、オールブラックス相手に
トライを決めかけるなど
大活躍していたアンダーヒル選手。

同じFLのトム・カリー選手(21)とともに

エディー・ジョーンズ監督からは
「カミカゼ・キッズ」と呼ばれていたみたいですね。

トムカリー選手はニュージーランド戦で
ジャッカル(ターンオーバー)を決め、

アンダーヒル選手は、
タックルでの強みを
発揮していたようです。

これまでのW杯の試合でも
タックルを連発していたアンダーヒル選手。

将来のイングランド代表を
背負う存在とも言われていますが

南アフリカ戦での活躍が楽しみですね!

というわけで今回は、イングランド代表の
サムアンダーヒル選手について
その強さなどをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。