南アフリカ代表が3度目の優勝を果たしたラグビーワールドカップ日本大会ですが、

決勝で対戦したイングランド代表の背番号23番ジョナサン・ジョセフ選手に、注目が集まっています。

試合が終わるまで、世間的には話題になっていなかった

と、思われるジョセフ選手ですが

ネット上には、「名前だけでクソ強い。」「解説はスピードワゴン。」

「来年は波紋習得していそう。」などと、さまざまな声が寄せられました。

「ジョナサン・ジョセフ」選手とは、いったい何者なのでしょうか?

今回は、ラグビーイングランド代表「ジョナサン・ジョセフ」選手の
波紋使いの噂などについてまとめてみました!

ジョナサン・ジョセフがラグビーワールドカップに?

ラグビー・イングランド代表のCTB(センター)のポジションで活躍するジョナサン・ジョセフ選手。

センターとは、バックスの中央最前線に位置するポジションです。

SO(スタンドオフ)からWTB(ウイング)へのパスの中継ぎをするほか

意表を突いて自らラインを突破したり、敵陣の空いたスペースにボールを蹴り入れるなど、縦に切り込む役割も。

ディフェンス時には、スタンドオフの外を突く敵にタックルするなど役割が多いセンターですが、

スピード性能が高くディフェンスも手堅いジョセフ選手は、ハイボール(高く上がったボール)の処理も上手で

WTB(ウイング)の才能まである、と言われています。

そんなジョナサン・ジョセフ選手ですが、「ジョジョの奇妙な冒険」との関わりが指摘されているそう。

名前:ジョナサン・ジョセフ
出身:イングランド
所属チーム:バース(イングランド)
生年月日:1991年5月21日
身長:183cm(90kg)
代表キャップ数:40以上

週刊少年ジャンプなどで連載された「荒木飛呂彦」先生による国民的・人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」。

ジョジョの略称で親しまれており、シリーズの単行本は100巻越え。

累計発行部数は、1億部を突破し、

2006年の文化庁によるアンケート企画、
「日本のメディア芸術100選」では、マンガ部門で2位に選ばれていました。

仲間との絆や強敵との決闘など基本的な要素をおさえつつ

個性的な表現方法やホラーサスペンス的な不気味さが光る
ジョジョの漫画は独自の世界観で人気を博しています。

私が通った学校にも「ジョニィ」というアダ名をつけられたジョジョ信者がいましたね。

こちらの記事もオススメ!

そんなジョジョの奇妙な冒険の第1部(Part1)「ファントムブラッド」の主人公であるジョナサン・ジョースター

第2部(Part2)「戦闘潮流」の主人公ジョセフ・ジョースター

この両者の名前をあわせ持つのが、

ラグビー・イングランド代表のジョナサン・ジョセフ選手なのです。

第1部の主人公ジョナサン・ジョースターと宿敵DIO(ディオ)↓

第2部で登場し、その後の作品にも出ていたジョセフ・ジョースター↓

ジョースター家はもともとイギリスの貴族であり、その血を引く者はジョジョの愛称で呼ばれています。

ジョナサン・ジョセフ選手は波紋使いなのか?

ジョジョの第1部と第2部は、波紋(はもん)と呼ばれる特殊能力を持つ主人公達が「吸血鬼」や「柱の男」といった闇の生物に立ち向かう作品でした。

そのためか、それぞれの主人公と名前が同じジョナサン・ジョセフ選手も「波紋使いなのでは?」と言われています。

メッシーナ師範代似とも言われているジョセフ選手↓

第2部でジョセフ・ジョースターに波紋指導を行ったメッシーナ↓

↑※ジョナサン・ジョセフ選手の出身地に書かれているダービーとは、ジョジョ第3部「スターダストクルセイダース」に登場する敵キャラクターの名前でもあります。

ちなみに、ジョジョ第7部「スティール・ボール・ラン」にも

ケンタッキー・ダービーで優勝したジョニィ・ジョースターという人物が
主人公として登場していました。

ジョナサン・ジョセフ選手は、ジョジョや波紋の一族の末裔なのかもしれませんね。

このような声も↓

南アフリカ代表と戦っている場合じゃないだろ!
肩に星型のアザがありそう!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。