南アフリカ代表が3度目の優勝を果たした
ラグビーワールドカップ
日本大会ですが、

決勝の対戦相手であった
イングランド代表の
背番号23番・ジョナサンジョセフ選手に注目が集まっています。

試合が終わるまで、世間的には
話題になっていなかった
と思われるジョセフ選手ですが

「名前だけでクソ強い」「解説はスピードワゴン」

「来年は波紋習得してそう」

などと、

現在かなりの話題を呼んでいるみたいです。

「ジョナサンジョセフ」選手とは、いったい何者なのでしょうか?

今回は、イングランド代表「ジョナサンジョセフ」選手の
波紋使いの噂について
まとめてみました!

ジョナサンジョセフがラグビーワールドカップに?

イングランド代表のCTB(センター)の
ポジションをつとめる
ジョナサン・ジョセフ選手。

センターとは・・・攻撃の際に
パスやキックでチャンスを広げ
縦に切り込む選手のこと

スピード性能が高く、ディフェンスも
手堅い選手であり

ハイボールの処理も上手で

WTBの才能もある、と言われているジョセフ選手。

そんなジョナサン・ジョセフ選手ですが、

「ジョジョの奇妙な冒険」との
関わりが指摘されているとのこと。

名前:ジョナサン・ジョセフ
出身:イングランド
所属チーム:バース(イングランド)
生年月日:1991年5月21日
身長:183cm(90kg)
代表キャップ数:40以上

週刊少年ジャンプでなど連載された
「荒木飛呂彦」先生による人気漫画
「ジョジョの奇妙な冒険」

ジョジョの略称で親しまれており、

シリーズの単行本は100巻越え、

累計発行部数は、1億部を突破し
2006年の文化庁による
アンケート企画、

「日本のメディア芸術100選」では
マンガ部門で2位に
選ばれていた国民的人気マンガです。

仲間との絆や強敵との決闘など
基本的な要素はおさえつつも

個性的な表現方法と
ホラーサスペンス的な不気味さを持つ
ジョジョの漫画は

独自の世界観で
熱狂的なファンを抱えているとのこと。

私の学校にも「ジョニィ」というアダ名の
ジョジョ好きがいましたね。。。

そんなジョジョの奇妙な冒険
第一部(Part1)「ファントムブラッド」の主人公
ジョナサン・ジョースター

第二部(Part2)「戦闘潮流」の主人公
ジョセフ・ジョースター

両者の名前を併せ持つのが、

イングランド代表の
ジョナサン・ジョセフ選手なのです。

ジョナサン・ジョースターと宿敵DIO(ディオ)

第二部で登場し、その後の作品にも出続けたジョセフ・ジョースター

ジョースター家は、もともとイギリスの貴族であり
血を引く者は
ジョジョの愛称で呼ばれます。

ジョナサン・ジョセフ選手は波紋使いなのか?

Part1およびPart2は、波紋(はもん)と呼ばれる特殊能力を持つ主人公たちが
「吸血鬼」や「柱の男」という
強力な生物に立ち向かう作品だったため

主人公の名前を受け継ぐ
ジョナサン・ジョセフ選手に対しても

「波紋使いなのでは?」
とった声が寄せられています。

メッシーナ師範代似とも言われているジョセフ選手

2部の主人公ジョセフジョースターの波紋の師匠であるメッシーナ

↑※ジョナサン・ジョセフ選手の出身地に書かれているダービーとは
ジョジョ第三部「スターダストクルセイダース」に登場する
敵キャラクターのこと。

ちなみに、ジョジョ第7部「スティール・ボール・ラン」にも

ケンタッキー・ダービーで優勝した
ジョニィ・ジョースターが
主人公として登場します。

ジョナサン・ジョセフ選手は、
何かの一族の末裔
なのかもしれませんね。

南アフリカと戦っている場合じゃないだろ
肩に星型のアザがありそう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。