風を読むことができるハコガクの天才クライマー真波山岳(まなみさんがく)。

弱虫ペダルで人気のキャラです。

もちろん私は、真波山岳推し〜HEART

そんな真波ですが、幼馴染(おさななじみ)の「宮原」委員長とは付き合うことになるのでしょうか??

真波と委員長の関係にヤキモキしてしまうファンも多いようです。

そこで今回は、ハコガクの公式天使である真波山岳について
委員長(宮原)との関係などをまとめてみました!

真波山岳は本当に性格が悪いのか?プロフィール情報も

名前:真波 山岳(まなみ さんがく)
誕生日:5月29日
身長;176㎝(61kg)

1年生ながら、ハコガク2年の黒田をしのぎ、
レギュラーの座を勝ち取っていた真波。

坂道や、山道に目がない天性のクライマーです。

176㎝の長身。

イケメンであり、無造作に伸びた長髪や遅刻魔で放っておけないところが真波の魅力。

山登りの際に出てしまう自然な笑顔もチャームポイントですよね。

そんな真波は、掴みどころがない性格で一言で言えば不思議キャラ。

普段はのんびりしている真波ですが、自転車で坂を登るときには生きがいだからなのか、

本能が呼び覚まされて常人離れした集中力を発揮します。

表情も変わりますよね!

個人的には、ファンがダントツで多いキャラだと思っていたのですが、

過去に行われた人気投票では、10位前後だったそう。

弱ペダは魅力的なキャラが多いので、真波ですら順位が低くなってしまうのでしょうね。

しかしながら、最近(2018年頃)の人気投票では3位にランクインしており

真波の魅力に気づいた読者が増えたみたいです。

真波に対しては、このような声も↓

人の話を聞かないけど、何をしても憎めないし、

天然で思わせぶりなところが本当に可愛い!

レースの前に居眠りしたり、とマイペースな真波。

困っている人を見るとほおっておけない優しさも持ち合わせています。

あまりにも天然すぎる真波に対しては、「無神経、鈍感すぎ!」

「せっかくインターハイに委員長が差し入れしたおにぎりを食べないなんて、ヒドい。」

など批判の声も。(汗

インターハイでは、食べなかったというより、

レースに夢中になるあまり委員長に気づいていないだけでしたが。

委員長と付き合う可能性はゼロ?

弱虫ペダル 最新 524話

好意を寄せている委員長に対して、思わせぶりな態度を
取ることが多い真波ですが

委員長の気持ちには全く気づいていないようで

天然というか、鈍感すぎますよね。笑

このまま弱ペダがラストを迎えれば、委員長との恋は終わってしまいそうですが、

二人のゴールインを強く望むファンもの声も。

最後の最後で、まさかの二人のレース対決。→
委員長が真波に気持ちを伝える。→「高校卒業したら、俺
委員長がいないと
何もできない。」とか言ってカップルに。→そして結婚の流れワンチャンあるで!

作者の渡辺先生は、「二人は付き合わない。」

などと公言していましたが、

どうなることやら。

今後の展開から目が離せませんね。

というわけで今回は、ハコガクのエース真波山岳について
委員長との関係などをまとめてみました!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。