週刊少年チャンピオンの人気作品である「弱虫ペダル」の主人公「小野田坂道」についての記事です。

超高回転(ハイケイデンス)クライマー※の小野田坂道。

クライマーとは※・・・自転車ロードレースにおいて登坂(のぼりざか)を得意とする選手のこと。

ケイデンスとは、クランクの回転数(ペダルを回す速さ)のことで

1分間で、何回転するか数値で表します。
(通常は70〜90、小野田坂道は180以上)

超ハイケイデンスクライマーの坂道は、総北(そうほく)高校の自転車部に所属するアニメ好きな2年生。

これといった取り柄もない普通の高校生が

1年足らずでインターハイを制するほどに成長できたのはどうしてなのでしょうか?

今回は、そのあたりについてまとめてみました!

小野田坂道が自転車にのる姿が可愛いw

アニメのフィギュアやDVD集めが大好きな坂道は普通のオタク少年でしたが、

小学校の頃から、千葉→秋葉原まで(往復90km以上)毎週欠かさず自転車で通ったことで

自分でも気づかないうちに脚力を鍛えていたようです。

そんな坂道は今泉との出会ったことでロードバイクの選手に。

冴えない坂道ですが、インターハイを制したことで一躍スターになりましたね。

「自転車に乗る姿がかわいい。」などと

黄色い声援を浴びることも。

高身長イケメンな今泉の方が人気がありそうですが

インターハイ王者という肩書きに女子たちは、
ときめいてしまうのかも。

小野田坂道の両親は?

名前:小野田坂道(おのださかみち)
身長:165㎝(54kg)
血液型:O型
誕生日:3月7日

身長は165㎝と、クライマーとしての体格に恵まれてはいないものの

持ち前の脚力で困難を乗り越えてきた坂道。

壁にぶつかったり不安になったときには、

総北の先輩である巻島に肩を押してもらい自信を取リ戻したことも。

レースの応援にかけつけた坂道のお母さんは

「大切な人達のために、強くなりなさい。」と坂道にアドバイスしていたようです。

天然な性格で、坂道が遠くに行けないよう、

ペダルを多く回せない細工を自転車に仕掛けていたお母さん。

結果的には、坂道の脚力をさらに鍛えることに。

坂道の父親については、作中で描かれておりませんが、
今後、登場するかもしれません。

坂道はえげつないほどの天才なのか?

自転車の競技をスタートして1年足らずでインターハイ100人抜きを達成し

総合順位1位になってしまった坂道。

ライバルの真波などと比べると、明らかに地味。
(真波の方が主人公っぽいです)

そんな平凡な高校生が、短い期間でとてつもない結果を出してしまったワケですが、

好きなものに対する情熱や仲間を思う気持ちを大事にすれば

努力次第で誰もが坂道のようになれるのかも。

レースの最中には自信を失いながらも根性で逆境をはねのける素質。

ある意味では、天才とも言える坂道ですが真面目で、言ったことをちゃんとやる性格ですし

当たり前のことをコツコツ続けてこれたからこそ

とんでもない結果が出たのでしょう。

笑っているときのほうがスピードが出る坂道。

大好きなヒメヒメソング※を歌うと体にリズムができ、集中力と回転数がアップします。

※ヒメヒメソングとは・・・坂道の大好きなアニメ「ラブヒメ」のオープニング曲で、極限状態になると
思わずくちずさんでしまう。

ヒメヒメソングの効果は、確かにスゴいですが、

笑顔や楽しいという気持ちは、勝負運をも味方につけるのかもしれません。

主人公のわりには地味な坂道ですが、

レースを通して仲間の存在やあきらめないことの大切さ、

逆境の中でも、笑顔を見せること楽しむことの
重要性などを教えてくれましたね。

というわけで今回は、「弱虫ペダル」の主人公である
小野田坂道についてまとめてみました!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。