今回の記事は、弱虫ペダルの隠れヒロインと言われている
宮原(委員長)についてです。

「総北」のライバル校の一つである「私立箱根学園高校」に通う
真波山岳の幼馴染(おさななじみ)であり、世話焼きな委員長ですが、

二人が結ばれる可能性はあるのでしょうか?

今回は箱根学園の宮原委員長について、真波山岳との関係などをまとめてみました!

宮原(委員長)は弱虫ペダルの隠れヒロイン?

天真爛漫(てんしんらんまん)な真波が心配で影から応援する
影のヒロイン?的な存在である宮原(委員長)。

真波が自転車に乗るきっかけをつくったのが委員長でした。

たくましくなった現在の真波を見て嬉しそうにする委員長ですが、

はたして真波への恋は実るのでしょうか?

自由奔放(ほんぽう)な真波とは対照的に真面目な委員長は、

学校の課題を代わりにやってあげたりと、世話を焼いていましたね。

真波と委員長は付き合うのか?

1年生のときのインターハイでは、二日目の、富士周辺の芦ノ湖コースを走る真波の応援に駆けつけていた委員長。

たまたま出会った坂道のお母さんと一緒に
レースを見守っていましたね。

沿道で応援していた委員長は、レース中の真波に差し入れのおにぎりを渡そうとしますが、

真波はその前をあっと言う間に走り去ってしまいました。

後になって、真波は委員長の存在に気づいたみたいですが。

視聴者をヤキモキさせる二人の

恋の結末に注目していきたいですね!

というわけで今回は、箱根学園の宮原委員長について、まとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。