今、世間を騒がせている話題について
言いたい放題
モヤモヤを吹き飛ばす「ザワつく!金曜日」が2019年4月12日にスタートします。

進行役のサバンナ高橋さんと

長嶋一茂さん、石原良純さん、高嶋ちさ子さんの3名による
自由度の高い毒舌トーク番組が
ゴールデンタイムに進出!

テレ朝で毎週金曜21:00〜22:00に
放送予定のこの番組ですが、

初回の放送では、言葉を話す動物が特集されます。

過去には、「志村どうぶつ園」でも
いろんな言葉を話す犬が
紹介されており、

SNSでは、関西弁を話す「犬」が
話題になっていたようです。

いったい、どいうことなのでしょうか?

今回は、犬が言葉を話す理由について調べてみました!

犬が言葉をしゃべる理由は覚えるから?

巷では、人間の言葉をしゃべる「ペット動画」が流行っています。

なんでやねん
飼い主:エサはないよ!
犬:あるある
飼い主さんが「食べる」と言うと、
マネして「食べる」と発音。

その後「ハンバーグ」と言うと、
またも上手くマネして
「ハンバーグ」とお話してくれます。

飼い主:ただいま〜

猫:おかえり!

犬にお母さん、と言わせている動画

吠えているだけようにも聞こえますが、、、

飼い犬が、人間の言葉を話せる理由は
単にしつけで覚えさせられているから
などと言われています。

麻薬犬だったり、高度な能力を有する犬が存在するので、

頭が良い犬であれば、
そういったこともできそうですね!

通じるから話すことができるのか?

犬は、飼い主の言葉を話すだけでなく
理解している、
とも言われています。

大好物のチーズって言っただけで、飛んでくるよ
風呂って言えば、苦手だから隠れる
その部屋に入ったらダメだというと、素直に聞き入れるんだよな

学術誌「サイエンス」に掲載された研究では
犬は飼い主と似た方法で
情報を処理している、と発表されており、

人間に似た脳のつくりみたいですね。

情報処理の脳が発達している犬は、

飼い主が話したことを
単語として記憶しているだけではなく、
理解して、感情まで動かされるようです。

散歩って言うだけで、
嬉しそうにはしゃいでるな!
(単語に反応して喜ぶ犬)

このような意見も

言葉の発音、発声の仕方や
仕草などすべてを観察して
総合考慮して判断しているんじゃないか??

犬は飼い主の目の動きや仕草なども、
よく観察しているそう。

まとめ

一説による、犬は150語まで言葉を覚えられる、
などと言われていますが、

もし無限に覚えられたとしたら、

人間のように会話をすることも
できたのかもしれませんね。

というわけで今回は、
ペットの犬が言葉を
話す理由について調べてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。