ロシアのたい焼き美女であるアナスタシアさんが

2019年5月29日の「世界ニッポン行きたい人応援団
ご招待したら人生変わっちゃったSP」に
出演されます。

どこかの国で待っているであろう
ニッポンが大好きな外国人の方の
熱い思いを叶える、

という趣旨のこの番組ですが、

念願のたい焼きカフェをオープンし、

番組内で日本を訪れるという夢を叶えていた
アナスタシアさんの
近況が気になっている方が多いようです。

クラウドファンディングも行われていたアナスタシアさん。

今回は、ロシアの美女「アナスタシア」さんについて
たい焼きカフェビジネスの
その後をまとめてみました!!

アナスタシア(たい焼きカフェ)のその後がスゴい?2019現在のニッポン行きたい人

2016年に放送された「ニッポン行きたい人」で
初登場していた
ロシア人のアナスタシアさん。

10歳で父親を亡くしたアナスタシアさんは、

ロシア第二の都市であり、美しい水の都と呼ばれる
サンクトペテルブルクに在住。

番組に出演した当時は26歳で、
たい焼きカフェを
経営されていました。

日本がほこる和菓子「たい焼き」に
NY旅行中に出会い

その美味しさから、ロシアに広めたいと
考えるようになったそうです。

2015年10月に、銀行から
100万円を借りてオープンした
アナスタシアさんのたい焼きカフェですが

オープンしてしばらくが経つと
常連さんをかかえる人気店に。

番組に出演していた当時は
2DKのアパートにルームメイトと
暮らしていたアナスタシアさん。

日本に一度も行ったことがなかった彼女は

作り方を独学で習い
中国製のこしあんとプレートで、
たい焼きをつくっていたようです。

その後、番組の企画で日本に渡り、

名店の職人から、本物のたい焼きづくりの方法を学び
研究するなど

たい焼き修行を
行っていたアナスタシアさん。

型作りなど
職人さんのお仕事も
見学していましたね。

あれから3年が経ち、
29歳となったアナスタシアさんの
現在のお店は、

満員になるほどの人気店に成長し、
2号店を出すまでに。

日本のたい焼きを食べられるのは、

アナスタシアさんのお店だけだそうで、
常連客ができるほど。

お店では、豊富なたい焼きの
メニューを揃えており、

中でもつぶあんを使ったものが
人気だそうです。

師匠である「富山わかば」の店主
小澤さん直伝の
丁寧な製法を心がけていたアナスタシアさん。

東京のたい焼き御三家「四谷わかば」のたい焼き

富山県を代表するたい焼き屋の名店「老舗甘味処わかば」
(四谷わかばからのれん分けしたお店)

お店を運営する中で、
試行錯誤を続けていた
アナスタシアさんですが、

壁にぶつかった際には
師匠の小澤さんにLINEで相談するなど、

親子のような間柄に
なっていたみたいですね。

サンクトペテルブルクに出店した2号店では、日本風の店内で
日本食(天ぷらうどんなど)も
提供していたアナスタシアさん。

お店を増やすために、寄付を募っていたほか
家を売って、月2万のアパートで生活し
さらに借金も背負ったようですが、

人柄が素晴らしい
アナスタシアさんなので、
すぐに完済できることでしょう。

日本語も以前より
上手になっていたアナスタシアさんですが、

2019年の秋には、首都モスクワに
3号店もオープン予定だそう。

アナスタシアさんのような女性であれば、
ぜひ、日本にも長く
住んでいただきたいものですが、

これからもロシア中に
日本のたい焼きを
広めていっていただきたいですね。

というわけで今回は、ロシアの「アナスタシア」さんについて
たい焼きビジネスの
その後をまとめてみました!!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。