スポンサードリンク

2月の「平昌五輪」にて、66年ぶりとなる
2大会連続の金メダルを獲得した「羽生」選手。

ケガに苦しみ、本番では2か所ほど危ういシーンもありましたが、

その後は、見事に持ち直して、
ガッツポーズまでされていましたよね。

これぞ絶対王者の実力、といったところでしょうか?

もはや、レジェントと呼べるほどに
異次元の強さをお持ちな「羽生」選手、

その強さは、一体どこからきているのでしょうか?

気になっている、という方も多いようです。

そこで今回は、平昌五輪でも金メダルを獲得された「羽生結弦」選手について
強さの理由をまとめてみました!

メンタルの強さが常人離れしている
とも言われている「羽生」選手なので、
そのあたりについても調べてみました

羽生結弦(選手)が異次元の強さを発揮できる驚きの理由とは?

今回五輪では、2週間ほど前から練習をスタートさせたという「羽生」選手。

意外なことに、1週間の練習時間は12〜14時間と、
通常の選手の半分以下なのだそう。

量よりは質なのだそうで、
極力、無駄な練習は省いているみたいですね。

常に自分に厳しく、ストイックだという「羽生」選手ですが、
ケガにつながるリスクもあるので
普段から練習しすぎない、ということも重要なのでしょう。

羽生選手からみなぎる自信は、
練習の量や質に
裏打ちされたものだったのですね。

日々の練習での反省点などは、オリジナルの日記に書いているそうで、
この習慣が、技術力の向上や
メンタルの強化にも一役買っているとのこと。

ビジネスにおいても、高いレベルの結果を出す人や
短時間で成長する人は、
日記(日誌)をつけている、などとも言われますが、、、

私も、さっそく明日から日記を始めたいと思います(笑)

スポンサードリンク

演技中のアクシデントにも耐えるメンタルのワケとは?

メンタルの強さは霊長類の中で
最強クラスだとも言われている「羽生」選手。

大きなケガで五輪出場すら危ぶまれ、試合からも遠ざかっていましたが、

羽生選手いわく、決してメンタルが強いタイプではなく、
本番でのコンディションも良くは無かったそうで、

不安を抱える中での五輪だったようですが、

「失敗しても、落ち込まない、
完璧でなくて良いんだ」
という気持ちを持っていたことが、立ち直りの早さにつながっていたようです。

今回銀メダルを獲得した「宇野」選手の方が、メンタルが強いみたいですが(笑)

羽生選手は、ケガなどのアクシデントに見舞われても、気持ちの切り替えが早く、
次にするべきことを考えて、すぐに行動に移している。

だからこそ、本番で実力を最大限に発揮できるんだろうな

当然、失敗すれば誰しも落ち込むかと思いますが、
「羽生」選手は、落ち込みから
回復するのが非常に早いのでしょう。

当日も、リラックスして試合に臨まれていたように見えますよね。

選手同士が技術的に互角だとすれば、
メンタルの部分で差がつきますからね。

特に五輪レベルの大会では、
そのあたりが勝敗を分けるのかもしれません。

ちなみに、「羽生」選手の心の支えとなった曲の
1位は、「和田光司」さんの「風」 だったとのこと。

前向きな歌詞が好きで、試合の前にはしょっちゅ聴いていたみたいです。

私のようなデジモン世代の人間からすれば
なんだか嬉しくなってしまいますが、

また、演技の前には、合唱などをして心を落ち着かせていたようです。

今回は他の選手が、ベストのパフォーマンスを
出し切れていなかったことも
金メダルの獲得につながったとのことです。

右足のケガは、現在もそこまで良い状態ではないそうですが、

「羽生」選手には、今後も無理をせずに、
納得のいく演技を
目指していただきたいですね。

というわけで今回は、五輪で2大会連続の金メダルを獲得された
「羽生結弦」選手の強さの秘密をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

関連記事

ウィリアムソン師円選手は父や兄弟もスゴかった

CLという韓国の人気女性ラッパーが五輪の閉会式に