ワンピース トコ

2018年も、もうすぐ終わりますが、
今年は一段と
ワンピースが盛り上がった年でしたね!

レヴェリー編や、ワノ国編もスタートし、
ラスボス級の敵も登場。

映画のタイトルも判明しています

キッドやホーキンスなど
人気のキャラも再登場し、

来年は、ますますの盛り上がりが
期待できるワンピース。

今回は、来年(2019年)にワンピースの
原作でで再登場しそうな
キャラクターを予想してみました!

※最新話のネタバレを含んでいるので
コミックス派の方は

画面を閉じていただければ、と思います。

2019年に再登場しそうなワンピースのキャラクターランキング

来年(2019年)の原作で再登場しそうな
ONE PIECEの
人気キャラクターを

登場しそうな順に
ランキング形式でまとめてみました!

いずれのキャラも読者人気が高く
一癖も二癖もある
猛者ばかりですが、

いち早く再登場するのは
どのキャラクターなのでしょうか?

登場しそうなキャラクター1位 イゾウ

白ひげ海賊団の16番隊の
隊長であったイゾウ。

頂上戦争では、エースを助けに来た
ルフィを援護するなど、
活躍していましたが

その見た目は、まさに
ワノ国の住人そのもの。

元1番隊の隊長であるマルコがネコマムシに託した
ルフィたちへの伝言というのは
イゾウのことだったのでは?

と予想されています。

2位 ボア・ハンコック

七武海であり、アマゾンリリーの現皇帝。

絶世の美女であり、相手を石化させる
メロメロの実の能力者です。

頂上戦争では、ルフィを
サポートし続けていた
女帝ハンコックですが

レイリーとの修行を終えた
ルフィを見送ったきり

作品に登場していません。

今回のレヴェリー次第では、
七武海の立場が変わる=海軍に追われる
ため

再登場が近いのでは?
と言われています。

ワノ国編の最新927話では、ハンコックと並ぶほどの美女である
小紫が登場し、
話題になっていましたね。

3位 サー・クロコダイル

元七武海でスナスナの実の能力者。

頂上戦争以来、影を潜めている
クロコダイルですが、

Mr.1(ダズボーネス)とともに
新世界で活動しており、

ルフィの活躍がニュースになるたびに
小さく登場しています。

アラバスタでは、主人公補正のおかげで
ルフィに負けてしまいましたが

覚醒・悪魔の実のことも知っており、
本来の実力は、
ドフラミンゴと肩を並べるほどだとも。

来年公開される映画での
再登場も
あり得そうです。

4位 コウシロウ

ゾロの剣の師匠であり、
「くいな」の父親でもあるコウシロウ

きんえもん達とともに
カイドウ討伐を目指す
赤ざや9人男のメンバーであった、といった噂も。

5位 武人キラー

キッドの相棒であり、
最悪の世代の一人にも数えられている
キラーですが、

同盟を組んだホーキンス達と同じく
カイドウの奇襲を受けており、

その後の行方が
分からなくなっています。

キラーの正体はギンだという説もあり、

ドン・クリークとともに
再登場が期待されています。

ちなみに、グランドラインに入った、と思われる
ギンの行方は
未だに明らかにされておりません。

6位 怪僧ウルージ様

シャボンディ諸島編において初登場した
最悪の世代の
超新星11人の一人(47歳)。

スカイピアの出身であり、
破戒僧(はかいそう)海賊団の船長

モデルは、バルバロッサ・ウルージ
(キリストを裏切った海賊)

通称:赤ひげ

ラスプーチン説もあり、

レジェンドとして
ワンピースの世界に
君臨し続けるウルージ様ですが、

シャボンディで黄猿から逃げ出した後、

新世界で四皇の幹部を倒し、
新世界で負った
傷を癒している最中にカイドウに遭遇。

しかし、カイドウだと気づかず
運よく
その場をやり過ごしています。

見た目はルーキーに
見えないウルージ様ですが、

黒ひげと同様に、頭角をあらわさなかっただけで
相当な実力である可能性も

7位 ゴッドエネル

空島編でルフィに敗れていたエネル。

ロギア系・ゴロゴロの実の
能力者であり
無敵とも呼ばれていましたね。

能力の相性が悪かっため、
ルフィに敗れてしまった
ゴッド・エネルですが

可能性は低いものの、
今後の再登場が
期待されています

ロギア系が無敵ではない
とされている昨今においても

最強クラスだと言えそうです。

というわけで今回は、2019年のONE PIECEの
作中で登場しそうな
キャラクターをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。