マネーの虎出身の
音楽プロデューサーとして
ダンス・ミュージックシーンの先駆者となったDJ-UTO(ウト)さん。

本名は加藤和宏。

番組に出演していた当時は、25歳でした。

貞廣社長から400万、
川原社長から200万、岩井社長から210万

合計810万の投資を受け
CDを発売されていましたね。

その後は、個人レーベルを設立し
テレビ等にも出演していたウトさん。

現在は、どういった活動をされているのでしょうか?

今回は、マネージャーの虎となったDJ・UTOさんの
現在までの活動をまとめてみました!!

djuto(マネーのトランス)加藤和宏のその後まとめ

海外のクラブで活躍する有名なアーティストのCDを集めた
レコード会社を設立したい
などと、820万円を希望していたウトさん。

トランス・・・クラブで流れるミュージックで
聴くだけで気分が高揚するジャンルの曲

一作目のタイトルはマネーのトランスにしようと思います(ウトさん

その行動力や才能、人脈を買われて

岩井社長、川原社長を含めた
3人からの出資を受け

イギリスで、マネーのトランスのCD制作に取り掛かっています。

イギリス滞在中には、貞廣社長からの手紙に書いてあった通り、
ストリートパフォーマンスの名所で
路上ライブを行ったウトさん。

DJ出身の貞廣社長は、

パフォーマンスの原点は、
ストリートだった、ということを
ウトさんに、伝えたかったみたいですね。

帰国後のウトさんは、マネーのトランスを発売、

1週間で目標の8000枚以上(22位)を売り上げ
採算はとれていたようです。

その後は、合計で5万枚を売り上げ
獲得した収入は7500万円に。

その後のウトさんは、音楽レーベルを設立されています。

2005年に、獲得資金で
ダンス・ミュージックのレーベルとして
会社をスタートさせたウトさん。

国外のレーベルの楽曲ライセンスを数多く保有し、
2006年にはポニーキャニオンの出資で
メジャー流通(全国デビュー)を果たします。

2007年には、日テレのオーディション番組「歌スタ!!」で
審査員を任されるほどの
トップDJに。

洋楽が、伸び悩んでからは
アニメ曲のカバーアルバムを手がけ、

2009年、ポニーキャニオンが株式の
50%を取得し子会社化、

「初音ミク」(ボーカロイド)などを用いた楽曲や、
ニコニコなどで活躍する歌い手の曲を収録した
アルバムを数多くリリースされます。

2010年に発売した
「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク」は、
オリコン週間ランキング1位を獲得、

ウトさんが設立したクエイク株式会社(クエイクホールディングス)は
エグジットチューンズに社名変更しています。

エグジットチューンズ・・・「くろくも」、「いかさん」など
多くの歌い手が所属するレコード会社。
過去には、「ぐるたみん」「ろん」など著名な歌い手も所属していた。

ウトさん自身もアーティストとして会社に所属され、
2008年には「キャラメルダンセン -ウッウーウマウマ(゚∀゚)-」※の日本語版CDをリリースし、
日本ゴールドディスク大賞(洋楽シングル部門)を受賞しています。

「キャラメルダンセン -ウッウーウマウマ(゚∀゚)-」・・・スウェーデンの歌手「caramell」の曲であり
それを用いたMADのことで
世界中で人気になった

(いわゆる「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」)の事を指す。

2008年ニコニコ動画でブームになり、

当時、パラパラや恋のマイアヒに続く
ヒットソングになる
などとも言われていたこの曲は、

2009年3月には、ユーチューブ上に700本、
ニコニコに2000本以上の
関連動画がアップされていたようです。

2013年4月、さいたまスーパーアリーナでの
「EXIT TUNES 11th ANNIVERSARY SPECIAL-」
(歌い手の「ぐるたみん」さんなどが出演)は、

約1万8000人を動員。

2014年3月、ぐるたみんの1stアルバムが、
日本レコード協会による
ゴールドディスクに認定されています。

DJ・UTOの2019年現在の活動は??

2014年には、エグジットチューンズの
株を売却して
ポニーキャニオンの100%子会社にしていたウトさん。

その後は、クラブ「nagomix 渋谷」
オーナーとして活動。

2019年現在のウトさんは、
資格試験の勉強をされています。

今年は、中小企業診断士と行政書士と
第2種電気工事士は合格すると思うので、

足止め中のCFPと
新たに土地家屋調査士の
合格を目指します!

ここから5年くらいかかりそうな公認会計士は
選択課目対策から入って並行して
簿記1級を取得する変則コースで挑みます(ウトさん

マネーの虎では、自分1人でビジネス立ち上げる
などと話していたウトさん。

「経営の実務をやると、
アーティストの部分が削られていく
(一人で大丈夫だろうか??)」

などと加藤社長から
心配されていましたが

プロデューサーとしての
活躍を見る限り、

アーティスティックな部分を
ビジネスと結びつけられていたようなので

マネーの虎に出演して、
本当によかったですね!

というわけで今回は、DJ・UTOさんについて
現在までの活動をまとめてみました!!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。