マネーの虎出身の音楽プロデューサーであり

ダンスミュージックシーンの先駆者でもあるDJ-UTO(ウト)さん。

マネーの虎とは・・・※一般人などの志願者が、やりたいこと(プラン)をプレゼンし、

投資家である社長(虎)が気に入れば必要な資金を獲得できるリアリティ番組。

本名は加藤和宏。

番組に出演した当時は、25歳だったUTOさんですが、

レコード会社の設立資金を獲得した後はCDを発売し、その後個人レーベルを設立。

テレビ番組にも出演していました。

そんなUTOさんですが、現在はどういった活動をされているのでしょうか?

今回は、DJ-UTOさんの現在までの活動をまとめてみました!!

DJ-UTOのマネーの虎出演からその後まで

海外のクラブで活躍する有名なアーティストを集めたCDをリリースするレコード会社を設立したい

などと夢を語り、

出演したマネーの虎で820万円を希望していたUTOさん。

国内最大級のイベントで、ナンバーワンDJとしての人気と実力を誇り、

海外のDJと共演する機会が多かったUTOさんは、クラブで生産される音楽を自ら選曲してCDとしてリリースする会社をつくりたかったみたいです。

UTOさんの好きなジャンルはトランス※だそう。

トランスとは・・・※聴くだけで気分が高揚するという意味

一作目として発売するCDのタイトルは、
マネーのトランスに
しようと思います。(UTOさん)

出演当時すでに、自らコーディネートしたCDをメジャーレーベルで販売しており

初回で3000枚以上売れたそう。

その才能が高く評価されたのか

貞廣社長から410万円、
岩井社長から210万円、
川原社長から200万円の投資を受け

マネー成立となったウトさん。

その後はロンドンで、ELTなどを手がける一流プロデューサーとともに
マネーのトランスの売りになる曲を制作していました。

↓MIKE KOGLIN氏と生み出した「NO CHALLENGE,NO SUCCESS」を含む「マネーのトランス」↓

 


新品はこちらに↑

滞在中には、貞廣社長から手紙を受け取り、

ストリートパフォーマンスの名所(路上)で出来たばかりの曲を流していましたね。

帰国後のUTOさんは、約束通りマネーのトランスのCDを発売。

1週間で目標の8000枚以上を販売し採算がとれていたようです。

最終的には、5万枚売れたそうで獲得収入は7500万円に。

その後のUTOさんは、音楽レーベル※を設立していました。

レーベル※とは・・・アーティストを所属させ、CDを作る組織のこと

2005年に、ダンス・ミュージック系のレーベル会社を設立したUTOさん。

国外レーベルの楽曲ライセンスを数多く保有し、

2006年にはポニーキャニオンの出資でメジャー流通(全国デビュー)を果たしていました。

2007年には、日テレの「歌&歌い人発掘バラエティ歌スタ!!」で
審査員を任されたウトさんですが

洋楽が伸び悩んでからはアニメ曲のカバーアルバムを手がけ、

「初音ミク」(ボーカロイド)を用いた楽曲や、

ニコニコなどで活躍する歌い手の曲を収録したアルバムを、リリースしていたそう。

UTOさんが設立したクエイク株式会社(クエイクホールディングス)は
エグジットチューンズ(EXIT TUNES)に

社名変更していたようです。

エグジットチューンズとは※・・・「神田沙也加」、「いかさん」などの
人気歌手や歌い手が所属するレコード会社。
過去には、男性歌い手の「そらる」などが所属していた。

2010年に発売した「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク」は、
オリコン週間ランキングで1位を獲得。

UTOさん自身もアーティストとして会社に所属し

2008年には「キャラメルダンセン」※の日本語版CD「ウッウーウマウマ(゚∀゚)」をリリース。

日本ゴールドディスク大賞(洋楽シングル部門)を受賞していたようです。

「キャラメルダンセン -ウッウーウマウマ(゚∀゚)-」とは※・・・スウェーデンの歌手「caramell」の曲であり
それを用いたMADのこと。
世界中で人気になった。(いわゆる「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」)を指す。

当時、「パラパラ」や「恋のマイアヒ」の遺伝子を受け継ぐ
大ヒットソングと言われたこの曲ですが、

2009年3月には、ニコニコに2000本以上の関連動画がアップされていたそう。

2013年4月にさいたまスーパーアリーナで行われた音楽イベント
「EXIT TUNES 11th ANNIVERSARY SPECIAL」には、

歌い手の「ぐるたみん」さんなどが出演し、

約1万8000人を動員。

2014年3月には、「ぐるたみん」さんの1stアルバムが、日本レコード協会による
ゴールドディスクに認定されていました。

DJ-UTOの2019年現在の活動は??

2009年には、ポニーキャニオンがクエイクホールディングス(エグジットチューンズ)の
株式の50%を取得し子会社化していましたが、

UTOさんは2014年に、エグジットチューンズの残りの株を売却して

ポニーキャニオンの100%子会社にしたそう。

その後は、クラブ「nagomix渋谷」のオーナーとして活動し

2019年現在は、資格試験の勉強をされているようです。

マネーの虎出演時には、

自分1人でビジネス立ち上げると語っていたUTOさん。

「経営の実務をやるとアーティスティックな部分が削られていく
(一人で大丈夫だろうか??)」

などと加藤社長から心配されていましたが

その後、プロデューサーや作曲家としての活躍ぶりを見せていたので
問題無かったみたいですね。

というわけで今回は、マネーの虎に出演していたDJ-UTOさんについて
現在までの活動をまとめてみました!!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。