箕輪厚介さんをご存知ですか?

「今売れてる本はだいたい僕が作っている。」

箕輪さんは、不況が叫ばれる出版業界で

数々のベストセラー本を
手がけてきた編集者です。

最もヒットを生み出す
カリスマ編集者
などと評される箕輪さんですが

現在は、会員数1000人ほどの、
オンラインサロン※「箕輪編集室」も
運営しているそう。

オンラインサロンとは※・・・ウェブ上で展開される
月額会員制のクローズドなコミュニティのこと。

専門知識やスキル、経験を持つ個人
もしくは、複数のメンバーが運営している。

一部では「大学より価値がある」とも言われているオンラインサロン。

今回の記事では、今ホットな編集者である
箕輪厚介さんのプロフィール情報などに加えて
気になる奥さんについてまとめてみました!!

箕輪厚介の経歴やプロフィール情報まとめ

名前:箕輪 厚介(みのわ こうすけ)
生年月日:1985年8月25日(2019年3月時点で33歳)
出身:東京都

「箕輪」さんの出身は東京都。

港区にある「芝高校」を卒業後、

早稲田大学の第一文学部に進学していました。

やや破天荒な学生だったそうですが

就職活動は、ほかの学生と同様に
行っていたようです。

沖縄にあるリゾートホテルに
内定した「箕輪」さんですが

入社前に会社が
倒産してしまいます。

1年間、就職浪人として
自分と向き合った箕輪さんは

「週刊大衆」、「漫画アクション」などでおなじみの
「双葉社」に入社されました。

同社が発売していた
女性向けファッション雑誌
「エッジ・スタイル」の広告営業として

4年ほど、商品開発やイベントの企画運営を
行っていた箕輪さんですが

2013年に、

年収1000万円超えを目指す
若きビジネスマン必読マガジン
「ネオヒルズジャパン」を
創刊していました。

ネオヒルズ(族)といえば、秒速で1億を稼ぐ
与沢翼さんをはじめとする
成り上がりのイメージが強い集団。

当時、編集経験ゼロで
「双葉社」の広告部にいた箕輪さんですが

与沢さんを責任編集長に起用し
3000万円もの資金を
出させたそう。

「ネオヒルズジャパン」は即完売し
Amazon総合ランキングで1位をとっていました。

「双葉社」から「幻冬舎」に
移ってからの箕輪さんは

株式会社ニューズピックスと協業で
「News Picks Book」という
書籍レーベルを創刊。

1年で、出版した書籍
(電子書籍含む)が
100万部を突破したそう。

2020年6月追記)「NewsPicks Book」は終了となりました。

編集者として

これまでに多くの有名人の著書を
手がけていた箕輪さん。

⇣SHOWROOM株式会社代表「前田裕二」さんの「人生の勝算」⇣

⇣「落合陽一」さんの「日本再興戦略」⇣


「堀江貴文」さんの「多動力」は、
ほとんどを箕輪さん一人で書いたそうです。

「ホリエモン」がSNSなどで
しゃべった言葉を
1個のタイトルで整理し直す、
ということですね。(By箕輪さん)

出版までには

苦労や困難も
あったかと思いますが、

著者と二人三脚で、
乗り越えてきたのでしょう。

箕輪厚介の嫁は元CA?奥さん美人で羨ましい!

既婚者であり、愛妻家だと言われている箕輪さんですが、

お子さんは二人います。

ハーフであり元CAだという奥さん。

「僕は奥さんで旦那の価値を決める」
などと話す
有名経営者もいるくらいなので、

箕輪さんの凄さが
うかがい知れますね!

苦しい時代から、箕輪さんを支えていたという奥さん。

こんなに素敵な女性が
パートナーだなんて、

箕輪さんが仕事を頑張れる理由が
分かる気がします。笑

ですが、

箕輪さんは、家事や育児に
参加できず

家では、怒られてばかりだったそう。

まとめ

2018年1月には、

株式会社「CAMPFIRE」と
「幻冬舎」の共同出資会社である

株式会社「エクソダス」の取締役に
就任した箕輪さん。

初の自伝本「死ぬこと以外かすり傷」
飛ぶように売れており

2019年3月現在

「幻冬舎」の社員でありながら
普通の社員の50倍もの
月給を稼いでいるみたいですね。

追記)「エクソダス」は、2019年5月から
出版クラウドファンディング「EXODUS(エクソダス)」の
サービスをスタートしていました。

「EXODUS」は、一般ユーザーから個人事業主、
さらに出版社や編集プロダクションなどの出版を営む会社まで、
あらゆる人々への提供を目指す出版プログラムです。

「1万部売れる見込みが無いと出版できない」と言われる出版界ですが、
1000部と少数の読み手がいれば
出版できるようになります。

人並み外れた実績を上げてきた箕輪さんの
今後の活動に
注目したいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。