人気のすしチェーンを一代で
築き上げた名物社長であり

最近、何かと話題のすしざんまい
「木村清」(きむらきよし)社長

本格的なお寿司をリーズナブルな価格で
お客にふるまうことで
有名な「すしざんまい」は

毎年行われる

築地の初競りにおいて
マグロを最高値で落札することでも知られています。

今年(2019年)1月には、
豊洲市場への移転後、初となる

大間産クロマグロの落札価格が
話題になりましたね!

すしチェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」が
初マグロを、史上最高額となる
3億3360万円で落札

初競り後の解体ショーにも参加していた木村社長。

「すしざんまい」のお店では、一貫2万4700円のマグロが
普段と同じ値段で
ふるまわれていたようです。

いつも笑顔をふりまいており

「マグロ大王」の異名を持つ
「木村」社長ですが、

最近は、その愛くるしすぎる体型を
心配する声も。

彦摩呂太りをしているな!

今回は、人気寿司チェーン「すしざんまい」の
「木村清」社長について
現在の体型などをまとめてみました!

すしざんまい社長ポーズがかわいいけど太りすぎて心配!?

両腕を前方または左右に伸ばし、手のひらを広げ、
人差し指~小指を閉じた
「すしざんまいポーズ」が若者に人気の木村社長ですが、

このような声も

最近は、手を広げている人が
全員すしざんまいの社長に見えるわ

そんな木村社長も、2019年5月現在は66歳。

150㎝前後と思われる小柄な見た目と、
ぽっちゃりな体型が
愛くるしいと人気である反面

最近は、ますます太ってきたためか

「健康的ではない」
などと心配する声も。

木村社長の若い頃の写真

決めポーズ中の木村社長

このような声も

儲かっていそうな太り方だな
すしざんまいの社長に肩タックルされたら
全身の骨が
バキバキに砕け散るわ!

66歳という年齢を考えると、

加齢によって筋肉量もおちているので、

ある程度、脂肪がついてしまうのは
仕方がないことだとは
思いますが、

年齢が年齢なだけに
心配になってしまいますよね。

まとめ

1974年に、築地に本社を構える
喜代村(きよむら)を創業し、

2001年には、日本初となる
24時間・年中無休のすし店「すしざんまい」の1号店を

築地の場外に
オープンしていた木村社長。

「すしざんまい」は今や関東を中心に、
全国に57店舗を構える
大人気のすしチェーンとなっています。

これまでに90以上もの事業を経験、

過去には、ソマリア沖の
海賊と交渉し、
更生させた伝説を持つ「木村」社長。

「木村」社長は、海賊をやっていた漁師にビジネスを教え、新たな雇用創出と
海賊問題の解決の
両方を成し遂げた

テレビに出演することも増えており、

TBSの有田とマツコと男と女「社長vs定職つかない若者」では、
「井戸実」社長などと共演し、
若者にアドバイスしていました。

何のために生きているかといったら
人に喜んでもらうため
自分が喜びたいなら、先に人に喜びを与えないとダメなの

5分考えて分からなかったら人に聞く
それでも分からなかったら
そのことを一生懸命やる

(「木村」社長の名言)

「すしざんまい」は今後
海外進出を目指すそうですが

木村社長には、日頃から規則正しい生活を
心がけるとともに

定期的に運動などを
行ってきただきたいもの!

万が一のときのために、
後継者なども
考えておかれた方が良さそうですね。

というわけで今回は、
すしざんまいの「木村清」社長についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。